FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

1日3組限定。夫婦で営むくつろぎの隠れ家
クローズアップ

1日3組限定。夫婦で営むくつろぎの隠れ家 広丞庵 かのか(千葉県/夷隅郡)

千葉県は大多喜町に位置する「広丞庵 かのか」は閑静な木々の中に佇む、1日3組限定の隠れ宿。全室が離れとなっており、都会の喧騒を離れてプライベートな時間を味わえると評判です。

のどかな空気が流れる大多喜町までは、東京からは高速バスで約1時間半。事前に予約すればバス停からの送迎も利用可能なので、移動に疲れる心配もありません。
ご主人と女将が目の届く範囲でのおもてなしにこだわり、3000坪の広大な敷地に建つのはわずかに3棟の離れと母屋のみ。落ち着いた色調の佇まいは周りの木々と調和し、とても美しく静かな雰囲気を醸し出しています。

チェックインを行うのは、母屋にある囲炉裏を中心にしたロビー。寒い時期は炭火のぬくもりが体を芯から温めてくれます。囲炉裏端に腰掛けながら、お茶と女将さん手作りのお菓子をいただけば、不思議と懐かしい気持ちに。大きな窓からは、宿の周りに広がる自然を望むことができます。

のどかな時間が流れるプライベートな離れ

チェックインを終えたら、離れへと向かいましょう。森の風を感じながら小径を少し歩くと、漆喰が素敵な外観の離れに到着。

シックで落ち着いたトーンのお部屋は、和室と洋間が一続きになったワンルームタイプ。畳の上にローベッドが置かれており、落ち着いて眠りにつけそうです。

客室のテラスへ出ると、目の前には里山の自然を一望できます。デッキチェアに腰掛けながら鳥のさえずりに耳をすましてみましょう。夜になれば満点の星が。都会では味わえない贅沢のひとつです。

テラス横にある露天風呂では、自分の好きな時間に好きなだけ入浴を楽しめます。見渡す限りの自然を前に、時間を忘れついつい長湯をしてしまいそうです。

お風呂から上がったら作務衣に着替えのんびりと寛ぎたいですね。母屋の食事処も作務衣で利用することが可能です。

炭火焼きでいただくのは地元の美味

夕食は、母屋に設けられた半個室の食事処でいただきます。テーブルには本格的な囲炉裏が設けられており、地元千葉県から産地直送の牛肉や海鮮、野菜など、旬の食材が目の前の炭火で調理されます。地元の素材をよく知るご主人が、おいしさの一番引き出される頃合いで提供してくれます。

まずは伊勢海老や鮎、季節の野菜を網へと並べ、他の料理を楽しんでいる間にじっくりと焼き上げます。香りをたてながら徐々に赤くなっていく伊勢海老はどんどん食欲を駆り立てます。

房総半島の新鮮な海の幸は、焼き物だけでなくお刺身でもいただけます。近くの漁港で水揚げされたサザエのお造りは絶品。お造りを食べている間に焼き物が食べ頃に。炭火の遠火でじっくりと火が入れられた鮎は、ふっくらとしてた上品な味わいです。そこへ炭火の香ばしさが加わり、何とも言えないおいしさを引き出します。

朝食も同じ囲炉裏でいただきます。こちらも地元の食材がふんだんに用いられており、近くの田んぼで穫れたコシヒカリはふっくらとした絶妙な焚き加減で提供されます。囲炉裏の炭火で香ばしく焼きあがった干物に、ご飯もついつい進んでしまうことでしょう。朝からこんなに贅沢な食事ができるのは、この宿の大きな魅力のひとつです。

居心地のよさにリピーターも数多く、週末は予約がなかなか取れないと評判の「広丞庵 かのか」。自然に包まれたくつろぎのプライベート空間と絶品の炭火焼きも評判ですが、絶えずリピーターを生み出している秘密は宿を営むご夫婦の温かいおもてなしなのかもしれません。季節を変えてまた訪れたくなる、そんな温かい宿へ是非赴いてみてはいかがでしょう。

広丞庵 かのか

広丞庵 かのか

千葉県/夷隅郡

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事