FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

大阪ホテルのバーで過ごす上質な夜 5選
セレクション

大阪ホテルのバーで過ごす上質な夜 5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

独自の文化が発達する街、大阪。国内外から様々な物や人が集まる西の玄関口でもあります。そんな大阪はご当地グルメもたくさん。夜は外に繰り出して、たこ焼きやお好み焼き、串カツなどのグルメに舌鼓みを打つのもよいですね。疲れて帰ってきたらすぐに客室へ…なんて方も多いと思いますが、せっかくのホテルステイをより豊かなものにしませんか。
思う存分バーの雰囲気に浸れるのは、宿泊者だけの特権です。今回は大阪ホテルのおすすめバーを5軒ご紹介します。

大阪らしいユーモア満載のオリジナルカクテル

「40スカイバー&ラウンジ」

コンラッド大阪(大阪府/中之島・梅田)

2017年6月、大阪府中之島にオープンした「コンラッド大阪」。“Your Address in the Sky”をコンセプトに大阪の街並みを一望する絶好のローションです。館内には389点ものアート作品が点在。チェックインの後はお気に入りの作品を探しに、館内を巡ってみましょう。

ロビーがある40階に位置する「40スカイバー&ラウンジ」の中にもアート作品が満載。入口では、松尾貴弘による作品“AURA”が私達を出迎えてくれます。昼には太陽光に照らされ虹を作り出し、夜には照明に照らされてまるで星屑のようにキラキラと輝きます。大阪の空を、バーで過ごす時間と共に彩ってくれます。

スタイリッシュかつ上品なバーにも関わらず、大阪らしいユーモアと笑いのセンスは忘れません。青空を舞うタコヤキをイメージして作られた「タコヤキ・イン・ザ・スカイ」は見た目のインパクトが大きい一杯。ジンベースのカクテルの香りに、ほのかに漂うソースの香りが加わり食欲までも掻き立てられます。思わず写真に収めたくなる名物メニューはぜひ挑戦したいもの。大阪らしい心意気が素敵ですね。

【営業時間】
10:00~深夜

日本らしさを追求したホテルの名物メニュー

「セントレジスバー」(12F)

セント レジス ホテル 大阪(大阪府/本町)

世界中のセレブリティを魅了し続けるセントレジス。待望の日本初進出として誕生した「セント レジス ホテル 大阪」は御堂筋の大通り沿いに佇み、代名詞のバトラーサービスを始めとするお客様一人ひとりに寄り添ったパーソナルなおもてなしが評判です。

桃山時代をコンセプトにした「セントレジスバー」は煌びやかな雰囲気が特徴的です。店内の中でもひと際目を引くのが洛外洛中図を彷彿とさせる大きな絵画。大阪夏の陣・冬の陣を連想させる合戦のシーンや、通天閣や大阪城、太陽の塔など現在の大阪を代表するシンボル、UFOなど未来を連想するモチーフなどが散りばめられています。中心にはセント レジス ホテル 大阪の姿も。お酒を嗜みながら探してみては。

セントレジスバーで必ずいただきたいのが「ブラッディーマリー」。全世界のセントレジスでふるまわれる、セントレジス生まれのカクテルです。各国の特徴を取り入れたオリジナルレシピのマリーは、ぜひ色々味わってみたいもの。こちらではまず大阪オリジナル「ショーグンマリー」をいただくのがおすすめ。ワサビや醤油、ゆずなど日本を代表する食材を使ったカクテルは驚くほどまろやかな口当たりです。他にもニューヨークのオリジナルレシピ「レッドスナッパー」やボラボラ島の「ボラマリー」など約40種類があり、カクテルで世界を旅する気分になれるのはセントレジスバーならではの愉しみ方です。

【営業時間】
ティータイム/14:30~17:30(毎日)
バータイム/17:30~24:00(月~木・日)/17:30~25:00(金・土)

重厚感漂うバーで英国紳士の気分を味わう

「ザ・バー」

ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪/梅田)

国際的ホテルグループ、リッツ・カールトンの日本第一号として誕生した「ザ・リッツ・カールトン大阪」。今年で創業20周年を迎える、大阪を代表するホテルの一つです。館内は「18世紀の英国貴族の邸宅」をイメージしたクラシカルな装い。都会の喧騒と一線を画す、ヨーロピアンな雰囲気に心落ち着くことでしょう。

ホテルのメインバーにふさわしく、重厚な雰囲気が漂う「ザ・バー」。150種類以上のシングルモルトウイスキーや110種類のマティーニなど、計500種類に及ぶ銘柄が揃います。中には希少価値が高いものや、ホテルオリジナルの銘柄も。きっとお気に入りの一杯が見つかるはず。

毎夜繰り広げられるピアニストとシンガーによる生演奏も醍醐味の一つ。
お酒と音楽に合わせていただきたいのが、シガーです。厳選された50種類もの中から、お好みを選びましょう。音楽に耳を傾けながらお気に入りの一本を頂けば、ホッとするひと時を過ごせるはず。上質な大阪の夜にふさわしい時が流れます。

【営業時間】
17:00~24:00(月~木)
17:00~25:00(金)
14:00~25:00(土)
14:00~24:00(日・祝)

最新技術で装飾された店内で夜を満喫

「バー adee(アディ)」

インターコンチネンタルホテル大阪(大阪府/梅田・グランフロント大阪)

大阪駅から徒歩5分。府外からの利便性も抜群な「インターコンチネンタルホテル大阪」は、大阪の新たなシンボルでもあるグランフロント大阪の上層階に位置します。平均50㎡以上あるゆったりとした客室は世界的に活躍するビルギー・リナス社がデザインしたコンテンポラリーな空間。老若男女問わずくつろげる居心地の良さです。

客室でゆっくりする前に立ち寄りたいのが「バー adee(アディ)」。現代的なデザインに、天井の豪華なシャンデリアが印象的なバーです。夕暮れ時には高さ4.8mの窓に面したスタンディングシートから淀川に沈む夕日が。一面がオレンジ色に染まる大阪の街を、お酒を嗜みながら堪能しましょう。

夜になると専属DJによるラウンジミュージックが店内を盛り上げます。壁面にはプロジェクションマッピングによる映像が投影され、より一層煌びやかな雰囲気に。音楽に合わせたスタイリッシュな映像と、20階からの美しい大阪の街を眺められるのは、このバーならではの魅力ですね。更け行く大阪の夜を満喫しましょう。

【営業時間】
16:00~24:00(月~木)
11:30~24:00(金~日、祝)
<DJラウンジミュージック開催日時>
20:30~23:30(月~木・日)
21:00~24:00(金・土)
※19:00以降は、18歳未満のお客様によるご利用はお断りします。

ライト館の雰囲気漂うバーで大阪を感じる

「オールド インペリアル バー」

帝国ホテル 大阪(大阪府/桜ノ宮)

かつて「水の都・大阪」と謳われていた通り、大都会にいながらにして周りに豊かな自然が溢れる大阪。そんな四季折々の美しさを近くで感じることが出来るのが「帝国ホテル 大阪」です。帝国ホテルならではの伝統とおもてなしの心は、大阪でも変わることなく、多くの人々を魅了しています。

帝国ホテル旧本館 ライト館を連想させるメインバー「オールド インぺリアル バー」。フランク・ロイド・ライトが設計した古き良き時代の雰囲気を、店内の至るところで感じられます。当時のそのままの姿を残す大谷石や壁のテラコッタ。クラシカルな店内で銘酒を味わいながら、ホテルの歴史に浸りましょう。

帝国ホテル大阪で味わいたいのはオリジナルカクテル「SAKURA」。1996年の開業時に記念として作られた、ここでしかいただけない逸品です。桃の風味がふんわりと香る少し甘めのローアルコールカクテルは、男性はもちろん女性も飲みやすい味。その他にもオリジナルカクテルをはじめ、「帝国ホテル」全体で愛されるオリジナルカクテルの用意もあるので、ぜひ注文してみては。

【営業時間】
17:00~24:00(ラストオーダー23:45)

大阪の夜の街を堪能した後は、客室に戻る前にホテルのバーに立ち寄ってみませんか。過行く時と共にグラスを交わせば、きっといつもより上質なホテルステイになることでしょう。それぞれのバーが持つ雰囲気とお酒に酔いしれながら、思い思いの夜をお過ごしください。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2017.09.27 17:00

あわせて読みたい

近畿の厳選宿の人気記事

編集部おすすめ記事

キーワードから探す

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア

北海道 北海道
東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 群馬県 茨城県 栃木県 東京都 神奈川県 千葉県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 岐阜県 愛知県 三重県 静岡県
近畿 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 兵庫県
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
沖縄 沖縄本島 宮古島 石垣島 沖縄離島