FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

東京から2時間で行ける東北・北関東の穴場宿6選
セレクション

東京から2時間で行ける東北・北関東の穴場宿6選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

普段の週末や3連休、リフレッシュしようと休みを取ったとき、プレミアムフライデーに、旅行を計画する人は少なくないでしょう。例え急に思い立った旅行でも気軽に行けるのが、アクセスの便利な“東京から2時間で行ける宿”。熱海・伊豆・箱根エリアが定番ですが、今回は東北・北関東エリアでおすすめの宿をご紹介いたします。意外なラインナップに“東京から2時間の旅”の幅が広がるかもしれません。

飲泉可能な温泉と美食で体の内外からリフレッシュ

おとぎの宿 米屋(福島県/須賀川)

東京駅から約2時間でJR須賀川駅へ。そこから宿の送迎バスで約15分、「おとぎの宿 米屋」は里山を望むのどかな田園風景の真ん中に佇みます。宿一番の自慢は、豊富な源泉がこんこんと湧き出る温泉。大浴場はもちろん全客室のお風呂で、化粧水をまとうように滑らかな源泉掛け流しのお湯を実感できます。飲泉も可能なので、体の内側からも温泉の恩恵にあずかりましょう。

またこの宿では、自社農園や契約農家で栽培した無農薬・無肥料野菜を選ぶなど食事はもちろん、施設の建材も可能な限り自然素材の使用。そんなオーガニックな食材がふんだんに使われた夕食の「おとぎ会席」は、日本の昔話をモチーフとした目にも楽しい品々が並びます。

季節を変えて訪れたい、自然に囲まれた美食自慢の宿

御宿 かわせみ(福島県/翡翠の里)

奥州3名湯にも数えられる東北地方有数の古湯、飯坂温泉。東京駅から電車で約2時間、飯坂温泉駅から宿の送迎車で約10分のところに「御宿 かわせみ」は位置します。楓や山桜、つつじ、紫陽花、竹林などの緑溢れる3,000坪の自然林庭園に囲まれた、全12室の静かなお宿です。庭園や竹林に面した1階の客室は露天風呂からも日本の四季の移ろいを感じられ、2階の客室からは宿周囲を流れる川をはじめ開放感抜群の景色を望みます。

創業当初より「料理とおもてなし」に強くこだわり続けてきたこのお宿。御宿かわせみ流日本料理は、伝統と創意工夫を融合した月毎のスペシャリテ「吟味特選」を中心に、デザートに至るまで季節感あふれるメニューでお腹と心を満たしてくれます。この料理を目的に、時期を変えて訪れるリピーターも多いそう。他にはないこの宿ならではの“口福”を存分に堪能しましょう。

とことん海辺を体感できる田舎の別荘でひとやすみ

里海邸 -金波楼本邸-(茨城県/大洗)

上野駅から約70分。JR水戸駅で電車を乗り換えローカル線の車窓から田園風景を眺めること約15分、「里海邸 -金波楼本邸-」の最寄り駅、大洗駅に到着します。波打ち際に立つこの宿は、邸内を潮風が通り抜け、現代人がゆっくり「ひとやすみ」するのに相応しい“田舎別荘”のよう。素朴で気負いのない心地よい質感に努め、素足で過ごせる館内には、地元の家具作家による木製のインテリアを各所に設えています。

8室ある客室は全てオーシャンフロント。「海辺の風呂」「海辺の食卓」の名の通り、大浴場や食事処もまた迫力のある日本海を感じられる絶好のロケーションです。食卓は掘りごたつ式の桟敷席。打ち寄せる波を目線の高さに見れば、海の近さを改めて感じることができるはず。夜は月明りの下で、朝は水平線から上る日の光の中で、素材を活かした田舎料理をいただきましょう。

自然の中で素の自分に返る静寂の隠れ家

那須別邸 回(栃木県/那須)

東京駅から電車で約70分、那須高原駅から無料シャトルバスで約40分。周囲の自然と一体化するようにひっそりと佇む「那須別邸 回」。那須の自然の中で素の自分に返るような、静かな時間を過ごすに相応しい隠れ家とも言えるお宿です。全9室の客室には広々とした露天風呂、もしくは半露天風呂を完備。源泉掛け流しの温泉は、美肌や疲労回復効果があると言われ、体だけでなく心まで解きほぐしてくれます。

食事は夕食・朝食ともにお部屋で。米・味噌・肉・魚・卵に有機栽培の野菜や果物、料理の土台となる素材にこだわった創作懐石です。素材の旨みを最大限に活かす為、手を加えすぎないようシンプルに調理された一皿一皿は、日本人にとって普遍のスタンダードである和食の美味しさを再認識させてくれます。滞在を通じて原点回帰を体感できる場所と言っても過言ではないでしょう。

ジョンカナヤの世界観と四季を感じる渓谷の別荘

鬼怒川金谷ホテル(栃木県/鬼怒川温泉)

国内有数の渓谷美を誇る栃木県・鬼怒川温泉に開業以来、約40年間多くのお客様に愛されている「鬼怒川金谷ホテル」。JR新宿駅から特急電車で約2時間、鬼怒川温泉駅から徒歩約3分のところに門を構えています。西洋と東洋、伝統とモダンを融合し、創業者「ジョン金谷鮮治」が描いた“もてなしの心”と“美学に溢れたダンディズム”の世界観を感じられる、洗練された「渓谷の別荘」です。

創業者の名前が付いたダイニング「ジョンカナヤ」では、吟味された地場の食材を仕立てた季節替わりの金谷流会席をいただけます。懐石料理をベースに洋のテイストを取り入れた“和敬洋讃”と、旬の野菜をふんだんに盛り込んだヘルシーな“渓流水明”。大きな窓から美しい庭を眺めながら、日光鬼怒川の春夏秋冬を目と舌で愉しみましょう。

現代と伝統の技術が融合したデザインと絶景温泉を堪能

別邸 仙寿庵(群馬県/谷川)

東京駅から約2時間。JR水上駅から宿の送迎バスで約8分の谷川のせせらぎに沿った静かな山間、上信越国立公園内に「別邸 仙寿庵」は位置します。館内は現代建築と伝統技術が融合したデザインを取り入れ、中でも高さ8mのガラス張りの曲面廊下は夜になるとライトアップされ、庭園とともに幻想的な世界を生み出します。

全18室の客室には露天風呂を完備し、室内やお風呂から四季折々に表情を変える中庭や谷川岳の景観を楽しめるのも魅力。この宿が、自然に囲まれているということを改めて感じさせてくれます。2つの大浴場・露天風呂もまた谷川の清流と緑に囲まれ、ゆったりとした空間で源泉掛け流しの温泉に浸かる寛ぎのひとときを過ごせます。客室露天風呂に石の湯、木の湯、趣向の異なる湯船は、どれも味わい深いものばかりです。

定番の熱海・伊豆・箱根エリアも良いですが、行き先の選択肢が広がれば、東京近郊の旅をより満喫することができるはず。同じ“東京から2時間”ならば、たまには気分を変えて東北や北関東まで足を伸ばしてみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.12.23 09:20

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア