暮らすような自由旅。沖縄のバケーションレンタル4選

こんにちは!編集部のmisakiです。
みなさんは「バケーションレンタル」をご存知ですか?
高級別荘やヴィラなどを借り、そこでのんびりと余暇を過ごす=「バケーションをレンタルする」という新しい旅の楽しみ方のひとつです。ライフスタイルに合わせて自分たちの時間を過ごし、暮らすように旅する自由さが魅力。ホテルや旅館とは異なる宿泊体験ができます。
今回は南国気分を味わえるリゾート地、沖縄のバケーションレンタル施設をご紹介します。
一緒にお気に入りの別荘を見つけにいきましょう!

海と一体になれるインフィニティプールで島時間を満喫

瀬底山水(沖縄県/本部町瀬底)

沖縄本島から車で行ける離島 瀬底島。沖縄の原風景や伝統を残す小さな島で、海の透明度は沖縄でもトップクラス。これからはじまる島時間に心躍らせながら橋を渡ると、そこには瀬底ブルーの海に抱かれた隠れ家ヴィラ「瀬底山水」があなたを待っています。

気の置けない家族や仲間と過ごすにはぴったりな1棟貸しヴィラで、碧く澄み渡る空も海もすべて独り占め!部屋から飛び出し目の前のインフィニティプールに飛び込めば、心も体もぷかぷかと心地いい浮遊感に包まれます。波の音に耳を傾けながら、自然のエネルギーを目一杯感じることができるでしょう。

ホテルや旅館のようなサービスはありませんが、周りの目を気にせず過ごすことは真の贅沢と言えるでしょう。朝・昼・夜と、表情が変わる景色を眺めながらオリオンビールで乾杯するのもよし。おしゃべりに花を咲かすのもよし。暮らすような滞在で、穏やかに過ぎていく島時間を満喫しましょう。

 

自然体に戻れる、海まで30秒のスイートヴィラ

villa kukuru(ヴィラ ククル)(沖縄県/宜野座村)

目の前に海を臨んだスイートルームの1棟貸切「villa kukuru(ヴィラ ククル)」。テラスからビーチまで、なんと徒歩30秒!お部屋で水着に着替えれば、そのまま海に入ることも可能です。まるでプライベートビーチのような贅沢感を味わうことができます。

木のぬくもりを感じられるリビングは、こだわりが光るインテリアが揃えられた落ち着いた空間です。時間を忘れて楽しんでほしいという思いから、時計もテレビもありません。せっかくならスマホの電源をオフにして自然の音や風景に目を向ければ、日常から解放されリラックスして過ごせることでしょう。

砂浜をお散歩したり、星空を見上げたり、少し早起きできたら朝日を眺めて・・・体を動かしたくなったら、波の音をBGMにヨガをするのも素敵!時間を気にせず気持ちの赴くままに行動できるのも、1棟貸切ならではの魅力かもしれません。
目の前に広がる海のエネルギーを全身で感じたら、自然と元気が湧いてきそうですね。

 

普段の日常が非日常に感じる、極上のプライベート空間

コルディオ プール&ヴィラズ 今泊(沖縄県/今帰仁村)

豊かな森を有する今帰仁村に佇む、コンドミニアムタイプのホテル「コルディオ プール&ヴィラズ」。全6室それぞれにプールやテラスを備え、完全プライベート空間でリゾート気分を満喫することができます。

宿は素泊まりのスタイルですが、お部屋には食器や調理器具などが取り揃えてあるので、食材を持ち込んでみんなで作るのがおすすめ。大勢でわいわいしながらお料理したら、毎日の食事作りもここでは非日常体験に!普段の旅行は宿や外で食べる食事が楽しみのひとつですが、こんなに素敵なお部屋だったら思わずお料理したくなってしまいますね。

食事を終えたら、また好きなことをして過ごしましょう。テラスでお酒でも飲みながらおしゃべりしたり、プールサイドでごろごろしたり。うっかりうたた寝してしまっても大丈夫。ここは自分たちだけのプライベート空間。気負わず、無理せず、流れに身をゆだねる。そんな自然体でいいのです。

 

専属シェフの朝食や屋上BBQができる憧れの豪邸

今帰仁五邸 Okinawa Condominium Resort(沖縄県/今帰仁)

1日1組限定の高級コンドミニアム「今帰仁五邸 Okinawa Condominium Resort」。約90平米のLDK、天井高5mの大空間では、1段下がったところに設置された大きなソファから海や山を眺めることができます。1段上がったところには、寝転がって海を眺めるのに丁度よい琉球畳。段差を利用し、どちらからでも美しい海を望むことができる工夫がなされています。

ここでのおすすめの過ごし方は、なんといっても150平米の広さを誇る屋上でのバーベキュー。誰にも邪魔されずに海を見渡しながらお肉を食べる開放感は、1棟貸しならではの特権と言えるでしょう。
ビーチまでは徒歩2分。白い砂浜と青い海の眺めは、いつ見てもテンションが上がります。目の前の海は遠浅になっているので、お子様も安心して遊ぶことができますよ。

こちらのお宿は、バケーションレンタルの施設では珍しいことになんと朝食付き。予約時に「洋朝食」か「琉球和朝食」のどちらかを選ぶスタイルです。1組限定だからこそできる、専属シェフによるプライベートブレックファーストを楽しみましょう。出来立ての豪華な朝食をいただけば、優雅な気持ちで1日のスタートを切ることができますね。

今年も残り半年、あっという間に2017年も折り返しです。ちょっと疲れたかなと思ったら、少し足を延ばして沖縄の綺麗な海と大自然に会いに行きましょう。なんくるないさ~と思わず言ってしまうような、自然体で過ごせる空間がそこにはあります。自由気ままに暮らすように過ごしたら、日常で忘れかけていた何かが見つかるかもしれません。
楽しみ方はあなた次第!ぜひ家族や仲間と自由な旅を楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったらシェア!