FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

都心から2時間足らずで南国リゾート気分
クローズアップ

都心から2時間足らずで南国リゾート気分 鴨川館別邸 ラ・松廬(千葉県/鴨川)

1283_15

鴨川シーワールドから徒歩3分ほどの距離にある鴨川館。その鴨川館が別邸として2006年、敷地内にオープンしたのが、「別邸ラ・松蘆」です。そこに在るのはわずか5邸だけの南国を思わせる異空間、限られたゲストのための贅沢な隠れ家です。

鍵を持つゲストだけに開かれるドア

1283_09

美しい壁面にそっと手をかざすと、隠し扉のように開く入口。その先には南国を思わせる明るい光が広がります。これがラ・松廬への入口です。この秘密の扉は客室の鍵がないと開きません。

1283_02

その入口をくぐると、まず上質なソファと本が並ぶ落ち着いた専用のラウンジが広がります。木のシェルフには本がセンスよく並び、触るのもためらうほどです。
滞在中はここで好きな本を手に取るのもよし、お気に入りのDVDを部屋で鑑賞するのもよし、深夜もコーヒーや紅茶を頂きながら、この贅沢な空間でのんびりと過ごすこともできます。

全邸110平米を超えるプライベートプール付きの豪華なヴィラ

1283_10

ラウンジからヴィラに向かうためひとつ下のフロアに降りると、スタイリッシュながらどこか日本の香りがする庭が目に入ります。瓦がアクセントに使われた庭は、和の雰囲気を出しつつも冬でも鮮やかな木々と花に囲まれた南国を思い起こさせます。10年経つ建物とは思えないほど美しく保たれた回廊に沿って、5棟のヴィラが点在しています。

1283_16

ヴィラは和モダン、アジアン、スタイリッシュ&エレガンスと3タイプと分かれています。どのヴィラも400平米の敷地に110平米を超える平屋一棟建てという贅沢なつくり。都心からわずか2時間足らずで、まるで南国の別荘に来たようなこの上なく豪華な気分を味わうことができるでしょう。

1283_19

和モダンタイプのヴィラでは、入口のドアを開けるとまず目の前にきらきらと輝くガーデンプールが飛び込んできます。水面に反射する光をみていると、本当に南国にいるかのような気分になります。

1283_11

平屋だからこそできる高い天井、十分な広さの空間、室内にはゆったりと座れる上質のソファが配されており、今日はこの空間を自分のものにできるという喜びを感じます。

1283_13

太陽を浴びながら、温水プールで泳いだり、ジャグジーで楽しんだりと他の人の目を気にすることなく、プライベートな時間を心ゆくまで楽しむことができます。泳ぎ疲れた後は、デッキチェアーでお気に入りのカクテルを楽しむのもよいでしょう。

1283_01

リビングにあるバーカウンターとミニキッチンは好きな時に好きな飲み物を頂けます。美しく並べられたグラスとボトルのそばにはアイスペールとたくさんの氷。バトラーが何度も客室を出入りし、現実に呼び戻されなくてもすむための心遣いでしょう。好きな時に好きなものを選ぶことができる。それがこの別邸の居心地の良さを作り出しているのです。

温泉かけ流しの露天風呂を独り占めする贅沢

1283_07

プライベートプールとは別に、床暖房が備わったパウダールームとシャワールームの奥には部屋専用の露天風呂があります。露天風呂は温度を自由に調整できるようになっており、深夜でも好きな時に入浴することができます。
石造りの露天風呂は、冬場は寒々しい印象もあり湯の温度が下がる宿が多くあります。しかしここでは湯の温度を調整し、床暖房を備え、どんな時も気にせず入浴できるように工夫がされているので、真冬でも快適に浸かることができます。

1283_18

開放的なガーデンプールとはまた異なる露天風呂から見える美しい庭。和と南国の融合、露天風呂にもガーデンデザイナーのセンスが光ります。

非日常的な空間を心ゆくまで満喫できる時間

1283_03

ヴィラの扉をあけたとたんに広がる非日常の世界。この雰囲気をそこなわないよう、滞在中はヴィラ毎に専用バトラーがつき、細やかなさりげない気配りでお世話をしてくれます。

1283_04

チェックインの際にはベットルームは寝る準備を整える点など、部屋に入ってからは誰にも邪魔されない時間を過ごせるようにという心遣いを感じます。泊・食分離が基本のため、夕食は、館内のダイニングを利用したり、鴨川市内のお店に出かけたりするなど自由に選べますが、おすすめはルームサービス。この贅沢な空間でゆっくりと食事を楽しむことができます。

1283_14

季節限定のサービスメニュー、かずさ和牛のしゃぶしゃぶは、とろける美味しさ。他にも海の幸を使った御膳や人気のお鮨などメニューも充実しています。

1283_20

プールで泳ぎ、ウッドデッキで庭を眺めながらお気に入りのカクテルをいただいていると夕暮れ時の空に気付き、空には星が輝くようになります。夜になるとライトアップされたプールも美しく、泳ぐだけではなく目を楽しませてくれる美しい庭になります。

1283_17

いつの間にか照明は消え、朝陽とともに空が白むころ、静寂の中からガーデンプールの美しいブルーが浮かび上がります。様々な表情を見せるガーデンプールはこの滞在が特別なものだと気付かせてくれます。陽が上がるころには、太陽の日差しがこれほどまぶしかったのかと気付かされます。この空の景色とともに移り変わる美しい景色を眺めながら、テラスで朝食をいただくのも良いでしょう。

好きなだけ泳ぎ、湯浴みを楽しみ、思いのままの時間を過ごす、極上のプライベート空間がここにあります。