FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

分散型ホテルって何?西日本エリアへの旅におすすめな個性派宿5選
セレクション

分散型ホテルって何?西日本エリアへの旅におすすめな個性派宿5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

関西・中国・四国・九州エリアといった西日本地域を中心に増加している“分散型ホテル”。これからの時代に適した旅のスタイルでありながら、地元住民から愛されるお店や知る人ぞ知る穴場スポットに訪れることができると、再び注目されています。そこで今回は、新時代の旅のスタイルで新たな地域の魅力を発見できる、西日本エリアの旅行におすすめしたい分散型ホテルをご紹介します。

“分散型ホテル”とは?

街に点在する歴史的建造物をリノベーションし、宿泊施設として利用する新たな旅のスタイル 「分散型ホテル」。イタリアで生まれた地域活性化の取り組み「アルベルゴ・ディフーゾ(分散型宿泊施設)」が発祥とされています。

分散型ホテルの特徴は、それぞれの客室や宿泊棟が独立した構造である点。そのため、他のお客様との接触を避けることができ、感染症対策としても有効です。また、観光地の中心に位置している場合には、日中の混雑を回避し、朝や夕方の時間帯に観光ができるのも魅力の一つです。
ここからは、西日本エリアへの旅行におすすめの分散型ホテルを厳選してご紹介します。

1.京都に誕生したラグジュアリーな分散型ホテル

HOTEL VMG RESORT KYOTO(京都府/東山)

「HOTEL VMG RESORT KYOTO」は、2020年8月に京都・東山にオープンした全3室の分散型ホテル。老舗旅館を改装した客室棟や平安神宮境内にある朝食ラウンジなど、京都の魅力に溶け込むような旅を満喫しましょう。夕食は、行きたいお店を自由に探すことができるほか、宿が提携するグループレストランでいただくこともできます(別途要事前予約)。

格天井や欄間など、純和風建築の意匠が残る「スイート」は高台寺に面したお部屋。すべてのお部屋に備わるセミダブルサイズのベッドはシモンズ社製。檜の香りに包まれる開放的なバスルームなど、随所で現代的な印象も感じられます。フリードリンクラウンジやコンシェルジュサービスなど、贅沢な滞在が叶う充実したサービス も魅力。

HOTEL VMG RESORT KYOTO

HOTEL VMG RESORT KYOTO

京都府/東山

2.城下町で地元ブランド食材と幻想的な風景に触れる

竹田城 城下町 ホテル EN(えん)(兵庫県/朝来和田山)

“日本のマチュピチュ”として知られる竹田城跡の麓に位置する「竹田城 城下町 ホテル EN(えん)」。400年以上前から使われていた酒蔵を、建物の持つ歴史を活かしながら 、リノベーションして誕生しました。城跡が雲海に浮かぶような幻想的な光景は早朝に見られることが多く、散歩を兼ねて登山コースを歩くのもおすすめです。

全13室のお部屋は、江戸時代の面影を残す街並みに調和する6棟の建物に点在。まるで時が止まったかのような空間で、自然や文化を感じながら滞在できます。但馬牛や香住蟹など、地元ブランドの食材を味わえるフレンチレストランやマルシェ、ワークショップも備える複合商業施設としての側面もあり、城下町の魅力を思う存分体感できるでしょう。

竹田城 城下町 ホテル EN(えん)

竹田城 城下町 ホテル EN(えん)

兵庫県/朝来和田山

3.歴史と自然の魅力を再発見する“伊予の小京都”

NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町(愛媛県/大洲市)

2020年7月にオープンした「NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町」は、“伊予の小京都”とも呼ばれる愛媛県・大洲に佇む分散型ホテル。豪商の邸宅や料亭など、古民家の味わいや歴史的価値を活かしながらリノベーションすることで、非日常を感じつつリラックスして寛げる上質な宿に生まれ変わりました。

街に点在する8棟11室の客室は、十分なプライバシーが保たれ広々とした空間。どのお部屋もストーリーを感じられる和のデザインが特徴です。宿泊者限定のアクティビティを体験したり、夕食をいただくレストランに向かいながら星空と大洲城の共演を眺めたり、大洲の歴史と自然の魅力に触れる旅に出掛けませんか。

NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町

NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町

愛媛県/大洲市

4.江戸時代の街並みに囲まれて海の恵みを堪能する

NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町(広島県/竹原市)

「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」は、江戸時代から製塩業で栄えた広島県竹原市に佇む分散型ホテル。京都・下鴨神社の荘園とされた当時の面影のある街並みは、重要伝統的建造物群保存地区として残されています。こだわりの塩や瀬戸内の海の幸を使用した料理は、ここでしか味わえない逸品ばかり。

料亭や銀行などをリノベーションして誕生した3つの棟に備わる客室は全10室。名産の竹を使用し、白と碧 で竹原の風土を表現しています。建物本来の美しさと歴史を感じられる木の温もりのある空間が広がるでしょう。すべてのお部屋にこだわりの檜風呂を完備するなど、身も心もリラックスして寛ぐことができそうです。

NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町

NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町

広島県/竹原市

5.とことんお茶を味わうことができる“TEA HOTEL”

NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町(福岡県/八女市)

玉露の産地として有名な福岡県・八女にある分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町」。旨味の凝縮された玉露を味わえるほか、茶の香りを引き立てたコースメニューやオリジナルの八女茶カクテルも楽しめます。少し足を伸ばして、八女中央大茶園に向かうのもおすすめ。澄み切った空気と広大で美しい茶畑の景色に癒されてみませんか。

老舗茶舗や土蔵、酒蔵など幅広い歴史的建造物をリノベーション。日本茶の本質に触れられる「JAPANESE TEA HOTEL」をコンセプトに生まれ変わりました。日本建築の美しさを感じられるお部屋から、かつて製茶に使われていた器具が残るお部屋まで用意。ユニークな客室やお茶を核としたアクティビティで、新たな日本の魅力を発見できるでしょう。

NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町

NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町

福岡県/八女市

旅の在り方が大きく変わろうとしている現在。分散型ホテルならば、他のお客様との接触を避けながら、地域の新たな魅力を発見することができます。西日本エリアを訪れる旅行の際には、新たな旅のトレンドである分散型ホテルを利用してみてはいかが。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.03.19 15:30

あわせて読みたい

「九州の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア