FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

白馬にある「スノーピーク」プロデュースのグランピングリゾート
クローズアップ

白馬にある「スノーピーク」プロデュースのグランピングリゾート Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(長野県/白馬村)

大自然のなかにいながら、優雅で快適な滞在ができる「グランピング」。近年では、さまざまな場所でグランピングを楽しめる宿泊施設が増えつつあります。
そこで今回は、初心者でも気軽にアウトドア体験ができる、白馬・北尾根高原にある「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」をご紹介します。

日本唯一の山岳フィールドラグジュアリーリゾートホテル

夏は避暑地、冬はスノーリゾートとして人気を誇る白馬・八方尾根は、雄大な北アルプスの景色を望む観光スポット。その中腹に位置する標高1,200メートルの北尾根高原は、最もダイナミックな眺望を楽しめるロケーションです。

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」は、日本で唯一の山岳フィールドラグジュアリーリゾートホテル。アウトドアメーカーのスノーピーク社がプロデュースを手掛けており、敷地内はテントをはじめ、同社製の家具・備品が使われています。

長野駅からは無料送迎車(事前予約制)で約70分。山麓に到着後、施設まではリフト、バギーに乗って移動します。高原の清々しい風を感じながら、旅の始まりに期待が高まるでしょう。

ホテル並みに寛げる、設備が充実した快適なお部屋

客室は「テントルーム」と「住箱スイート」の2タイプ。プライベートが確保された全8室のお部屋には、それぞれ広々としたウッドデッキが備わり、リビングルームとして自由に使うことができます。

50平米の「テントルーム」には、ベッドやテーブル、ナイトウェアなどホテル同様のアメニティーや設備をご用意。充電用コンセント、Wi-Fi、冷暖房も付いているので快適に過ごせます。

1室限定の「住箱スイート」は、建築家・隈研吾氏と創り上げたモバイルハウス。住箱をグランピング客室にアレンジしたスイートルームです。内装にもこだわり、トイレとシャワールームも完備。木の温もり溢れる落ち着いた室内となっています。

アウトドアスタイルで楽しむ贅沢な夕朝食

夕食は、テントで造られたスペシャルダイニングで。地元信州の食材をふんだんに使った創作コース料理が提供されます。同じ土地で育ったワインとのペアリングも楽しめるので、ここでしか味わえないマリアージュを堪能してはいかが?

朝食はルームサービススタイル。お部屋のデッキにテーブルが設置され、朝日に照らされた北アルプスを目の前に、プライベート空間でいただけます。爽やかな空気に包まれながら、ボリュームのある朝食で1日のエネルギーをたっぷりチャージしましょう。

白馬の大自然を満喫できるアウトドア体験

雄大な白馬三山を望む、“美肌の湯”とも呼ばれる白馬八方温泉を引いた露天風呂。大自然のなかでゆっくり温泉に浸かれば、心も身体も癒されるはず。足湯もあるので、併せて利用してみて。

こちらの施設は、ビールやワインなどのドリンクも宿泊代に含まれた、オールインクルーシブ。満天の星が広がる夜には、お酒を片手にのんびり星空観賞はいかがでしょうか。焚き火バーで、他のゲストやスタッフと交流を図るのもおすすめです。

トレッキングなど白馬ならではのアクティビティも多数ご用意。早朝にはご来光ツアーがあり、天気が良ければ雲海や、北アルプスが真っ赤に染まる「モルゲンロート」に出会えることも。いつもより早起きをして、美しい朝焼けを拝んでみませんか。

昼食には特製ランチボックスが提供されるのも嬉しいポイント。帰りの道中に旅の余韻に浸りながらいただきましょう。アクティビティのお供にピクニックを楽しむのもいいですね。

別世界にいるような、至福のひとときを過ごせる「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」。
オールシーズンで楽しめる白馬・北尾根高原で、大自然を満喫するアウトドアステイを体験しませんか?

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN

長野県/白馬村

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.07.27 11:30

あわせて読みたい

「オールインクルーシブ」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア