FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

プライベート重視の滞在が叶う「お忍びの宿」
セレクション

プライベート重視の滞在が叶う「お忍びの宿」

10室以下でお子様はNG。しかも部屋には露天風呂あり!そんなプライベート感たっぷりの滞在が叶う、大人の宿を厳選しました。

全8室。ジャパニーズ・スイートの贅沢

奥伊香保 旅邸 諧暢楼(群馬県/伊香保)

1420_01

伊香保温泉の奥座敷に位置する「旅邸 諧暢楼(かいちょうろう)」は、創業400年を誇る老舗旅館「福一」が「旅館in旅館」というコンセプトで造った宿。わずか8室だけのプライベート感を重視した大人限定の旅館です。

1420_13

なかでも広さ100㎡を誇るジャパニーズ・スイートの心地良さといったら!格天井と琉球畳で設えた木の香漂う部屋は、まるで「和紙の箱」に包まれているよう。部屋の半露天風呂は名湯・伊香保の白銀の湯。こんなシチュエーションなら、だれでも部屋から出たくなくなるでしょう。食事は専用の個室で。ソムリエが選んでくれるお酒と料理とのマリアージュも楽しめます。

最高の「おこもり感」が味わえる 離れ「秀邑」

奥湯河原 結唯–YUI–(神奈川/湯河原)

1700_11 - コピー

万葉集にも謳われた古湯、湯河原温泉。「奥湯河原 結唯–YUI–」は、今なお多くの宿が立ち並ぶ湯河原で大きな存在感を放つ宿。本館「結唯」に5室、離れ「秀邑(ほむら)」に2室の小さな宿ですが、どこに目を向けても落ち着いた和の風情が漂います。

1700_14 - コピー

藤木川を眼下に望む本館も素敵ですが、より「おこもり感」が高いのが、離れ「秀邑(ほむら)」の「淙(そう)」。なんと広いウッドテラスには寝湯のある露天風呂が! なめらかな湯に浸かりながら紅葉を眺めるひと時は、最高の贅沢時間です。しかも離れなら、食事はすべてお部屋でOK。他のゲストに気遣うことなく大人時間を過ごせます。

オールインクルーシブの、天空のホテル

ホテルふたり木もれ陽(静岡県/伊東)

2295

熱海駅から車で20分。2016年7月にオープンしたばかりの「ホテルふたり木もれ陽」は、相模湾を見下ろす高台に佇む宿。この宿はオールインクルーシブスタイル。フレンチの夕食時も、ラウンジでのバータイムも、部屋のミニバーも、ドリンク代が宿泊費に含まれています。

2295_02

部屋は10室。すべての部屋に源泉掛け流しの露天風呂と海を見下ろすインガーデンを備えているほか、岩盤浴ルームが付いている部屋やエステもあり!3人部屋もあるので女子旅にもぴったり。「あったらいいな」が満載で、頑張った自分にたっぷりのご褒美が叶います。

伊勢神宮にほど近い6部屋限定の和モダン宿

千年のしじま 月夜見の座(三重県/伊勢)

2278_01

伊勢神宮のお膝元、三重県伊勢市に今年3月にオープンした「千年のしじま 月夜見の座」。

旅館「千の杜」の敷地内にわずか6室のみ設けられた、プレミアムな別邸です。「新月」「望月」など、月に由来する名前が付けられた部屋は、格子や御簾、組子の技など、日本の伝統技術とモダンな感性が融合した和モダンスタイル。6室すべてに設けられた露天風呂には、お清めの湯として知られる「榊原温泉」から運ばれてきた湯が満たされます。

2278_02

食事は、アワビや伊勢エビなど、伊勢志摩の新鮮な海の幸を、「海栄RYOKANS」15館の料理人が交代で腕を振るうユニークなスタイル。月光が淡く照らす静かな夜を大人スタイルで楽しんで。

どこか懐かしい古民家の風情が漂うふたり宿

鳥遊ぶ森の宿 ふたり静(鹿児島県/霧島温泉)

1185_03

霧島連山の麓。鳥のさえずりを聞きながら静かな時を過ごせる「鳥遊ぶ森の宿 ふたり静」。古民家風の母屋と5棟の離れがあふれるような緑の中に点在していて、それぞれに設えの異なる露天風呂と内湯を備えています。小高い丘の上には雄大な霧島連山を一望できる貸切の展望風呂もあって、霧島の湯を思う存分満喫できますよ。離れのタイプによってはサウナや岩盤浴まで可能で、リラックス派にはたまら ない宿でしょう。

1185_01

食事は部屋か、完全個室の食事処で。全国から取り寄せた食材を今までにない発想で仕上げたモダン懐石が自慢で、ソースへのこだわりも深く、フレンチの香りも漂います。

ひと山に7つの離れだけ。大人2人専用の宿

風の森 (佐賀県/奥武雄温泉)

2001

5500坪の敷地のほとんどが山。その山の斜面に、わずか7つの離れを設けただけの宿「風の森」。母屋で受付をすませたら、スタッフが運転するカートに乗って離れへ。プライベートな休日を楽しむ舞台としては完璧な導入です。離れにはそれぞれ趣向を凝らした露天風呂があり、湯に浸かって耳を澄ませば、すぐそこから鳥の声が聞こえることに驚くでしょう。そして、予想を超える星の輝きに出合えることにも…。

2001_06

デザイン好きなら名作チェアが無造作に置かれたラウンジへ。お気に入りの椅子で過ごす時間も、また格別ですよ。食事は母屋の専用個室でいただく創作会席。チェックアウトが12時とゆっくりなのも魅力。朝寝も朝風呂も思いのままです。

親しい人と過ごすプライベートタイムだからこそ、宿のセレクトは念入りに。心を解放して充実ステイを満喫してくださいね。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事