FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

まるで秘境!わざわざ訪れたくなる隠れ宿 東日本編
セレクション

まるで秘境!わざわざ訪れたくなる隠れ宿 東日本編

“東京から2時間”や“最寄り駅から数分”など、アクセス便利なお宿がある一方で、お世辞にもアクセスが良いとは言えない宿も。けれど、それを乗り越えてでも訪れたいと多くの人が想う人気宿が数多くあります。今回は、そんな“秘境”“隠れ宿”という言葉が似合う人気のお宿をご紹介します!

数キロの砂利道の先にある秘境すぎる湖畔のオーベルジュ

チミケップホテル(北海道/津別)

羽田空港から女満別空港へ。空港から約1時間10分の地、北海道網走郡の湖畔に佇むオーベルジュ「チミケップホテル」。この美しいホテルにたどり着くには、数キロ以上に渡り舗装されていない砂利道を進まなければなりません。

正直、アクセスが良いとは言えないこの宿にゲストが多く訪れるわけは、“オーベルジュ”
だからこその美味しい料理が食べられるから。フランスをはじめ海外の多くの有名店で学んだシェフが提供する、フレンチをベースにしたジャンルにとらわれない一皿がゲストたちを魅了しています。

“秘境”の地ということもあり、お部屋にはテレビもラジオもありません。観光開発もされないそのままの姿の自然とともに、ゆっくりとした時間を過ごしませんか。

チミケップホテル

チミケップホテル

北海道/津別

一本道をひた走って出会う隠れ宿で絶景の湯浴みを愉しむ

扉温泉 明神館(長野県/松本・扉温泉)

長野県松本市の都心から大きく離れた、標高1,050mの山の中。途中から一本道が続き橋を渡り、行き止まりに現れる木の温もりを感じさせるモダンな外観の宿「扉温泉 明神館」。“隠れ宿”という言葉がぴったりなほど、ひっそりと佇んでいます。

多くのゲストが求めている宿の魅力のひとつが、温泉。露天風呂が備わっている客室もありますが、お宿の大浴場の湯浴みは格別。立ち湯「雪月花」、寝湯「空山」からの美しい自然の絶景をぜひ体験してみて。

お部屋は全44室。中でも、2019年に新しくできた5室の「然ZEN」の客室はいかがでしょう。木の温もりが感じられるスタイリッシュな設え。床と一体化したようなソファに横になりながら、美しい森を眺めるのもおすすめです。美味しい食事もいただきながら、癒しのひとときはいかがでしょう。

扉温泉 明神館

扉温泉 明神館

長野県/松本・扉温泉

美しい渓流と並行するように進むと出会える秘湯の宿

夏瀬温泉 都わすれ(秋田県/夏瀬温泉)

「夏瀬温泉 都わすれ」の周りには民家も旅館もなく、あるのは豊かな自然のみ。「角館駅」を出発し、抱返り渓谷に入ってから続く人の気配のない道。神代調整池を周り、青く美しい渓流と並行するように進んだ先に佇みます。そのまま道を進むと現れるのは夏瀬ダム。

この秘境の宿は、わずか10室。その全てに抱返り渓谷の景色を見ながら湯浴みが愉しめる、源泉掛け流しの露天風呂が付いています。開湯が明治37年という100年の歴史を持つ名湯を堪能して。

山の中に立つとは思えない宿の設え。四季の移ろいを五感で感じられそう。人気の理由は、この非日常を存分に味わえる空間と夏瀬温泉、そして秋田の郷土料理。一時でも都のことを忘れさせてくれる、秋田の山奥の素敵なお宿です。

夏瀬温泉 都わすれ

夏瀬温泉 都わすれ

秋田県/夏瀬温泉

南アルプスを眺めながら着くのは約1300年佇む世界最古の旅館

全館源泉掛け流しの宿 西山温泉 慶雲館(山梨県/西山)

南アルプスの山々を眺めながら、車を走らせると現れるお宿。山奥にあるとは思えないほどの門構え。それもそのはず。「全館源泉掛け流しの宿 西山温泉 慶雲館」は、創業が慶雲2年(西暦705年)と約1300年の歴史を持ち、ギネス認定も受けているという「世界最古の宿泊施設」。

開湯1300年を記念して堀った温泉は、毎分1,630リットル以上の湧出量。従来からの湧出量と合わせると2,000リットルを超えるため、大浴場や客室のお風呂はもちろん、給湯やシャワーに至るまで、全て源泉掛け流し。渓谷の絶景を眺めながら、武田信玄や徳川家康も浸かったという湯を堪能しましょう。

純和風の客室は、木と畳の香りが漂う落ち着く空間。山の中であることを忘れてしまいます。お食事では山河の味覚を、存分にご堪能あれ。

全館源泉掛け流しの宿 西山温泉 慶雲館

全館源泉掛け流しの宿 西山温泉 慶雲館

山梨県/西山

1日4便しかないバスを降りると明治の面影を残す宿に会う

法師温泉長寿館(群馬県/法師温泉)

上越新幹線「上毛高原駅」からバスで「猿ヶ京」まで、そこから午前2便、午後2便しかない町営バスで「法師温泉」へという、旅のしがいがある場所に佇むのが「法師温泉長寿館」。もちろん山道を車で向かうアクセス方法もあり。創業140年、明治の面影を残す登録有形文化財の宿です。

多くのゲストが愛してやまないのが、宿の大浴場。貫禄のある鹿鳴館様式の建物の「法師乃湯」は、1世紀以上経つ空間が、時代の凄みを感じさせてくれます。ほかにも総檜造りの「玉城乃湯(内湯・露天風呂)」。「長寿乃湯」は足下から温泉が湧き出し、新鮮な湯を味わえます。「法師乃湯」は混浴(女性専用時間は20時から22時まで)ですが、他は男女入れ替え制。

登録有形文化財に指定されて、最も古いのが本館。同じく指定されている別館のほかに、写真の昭和53年に建てられた薫山荘の3棟。昔ながらのお宿の雰囲気を存分に味わってみてはいかがでしょう。

法師温泉長寿館

法師温泉長寿館

群馬県/法師温泉

アクセス難の地だからこそ感じられる非日常感。“ゆっくりと流れる時間”に身を任せて、何もしない贅沢を愉しみ、心をほぐしてみませんか。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア