FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

北海道・ニセコの名宿で総支配人に聞いたお土産&ランチ情報
コラム

北海道・ニセコの名宿で総支配人に聞いたお土産&ランチ情報 坐忘林(北海道/ニセコ)

羊蹄山やニセコ連峰など、雄大な山々に囲まれた北海道・ニセコ。パウダースノーに包まれる冬をはじめ、季節によって全く異なる美しい景色に出会える自然豊かな北のリゾートエリアです。
今回は、ニセコを知り尽くした「坐忘林」の総支配人・関根氏に、ニセコでおすすめのお土産やランチ・カフェの情報を伺いしました。滞在中やチェックインの前後に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
関根総支配人の推薦コメントと共にご紹介します。

【宿限定のお土産情報】

「坐忘林オリジナルケーキセット」

坐忘林の料理長のレシピを元にしたオリジナルケーキセットは、木の箱に入っていてお土産にもおすすめです。地元・北海道の食材を使用したパウンドケーキは、仁木町特産のプルーンとラム酒のケーキ、十勝産小豆と京都宇治抹茶のケーキ、余市産赤ワインとりんごのケーキの3種類。ここでしか買えない逸品です。

「坐忘林オリジナル干菓子」

「茶の坐」の席でお抹茶と一緒にお出ししている干菓子は、高級和三盆を使用していて優しい口溶けです。一粒一粒が雪の結晶をモチーフにしているのですが、坐忘林の客室にも雪の結晶にちなんだ名が付けられているので、旅の思い出になると自分へのお土産に喜ばれています。

【ニセコでおすすめのお土産情報】

「地粉パン まる麦工房」のパン

宿から空港への道中に、羊蹄山を真正面に望むロケーションに「まる麦工房」というパン屋さんがあります。オーガニックの材料だけを使用していて、滋味あふれるお味です。

「坐忘林」に宿泊されたお客様にもおすすめしていますが、特に欧米のお客様の評判が高いです。どのパンもおすすめですが、もしバゲットが残っていたらラッキー!是非買うべし。

◆地粉パン まる麦工房
【住所】北海道虻田郡倶知安町字富士見449番地
【TEL】0136-22-5366
【営業時間】10:00~16:00(冬期間は15:30迄)
【定休日】毎週火曜日・水曜日

「アンジュ・ド・フロマージュ」のチーズ

黒松内にあるチーズ工房「アンジュ・ド・フロマージュ」のチーズは、おつまみにおすすめ。
白いフレッシュチーズ「ブランブラン」は、坐忘林のバーでも提供していて、軽い酸味と塩味を抑えたフレッシュ感があり、食前のシャンパンとよく合います。赤ワインに合わせるなら、「ねっぷ」というセミハードタイプや、熟成させたハードタイプのチーズもおすすめです。

工房でも購入できますが、車で10分ほどの所にある「道の駅 くろまつない toit vertⅡ」でも購入可能。こちらには本格的なピザや手作りパンのお店、レストランもあるので、ドライブの途中に立ち寄るのも良いと思います。

◆アンジュ・ド・フロマージュ
【住所】北海道寿都郡黒松内町字赤井川114番地
【TEL】0136-75-7400
【営業時間】夏 10:00〜17:30ころ(ゴールデンウィークから根雪まで)
冬 11:00~17:00ころ
【定休日】毎週水曜日 ※水曜日が祝日及び振替休日に当たるときは翌日

「マタリヤベーカリー」の焼き菓子

倶知安の街中にある「マタリヤベーカリー」は、こぢんまりとした店構えですが、地元の女性たちに愛されている焼き菓子中心のケーキ屋さんです。地元食材を使ったメニューや季節限定メニューもありますし、様々な種類のマフィンやクッキーは、お土産にも良いと思います。

焼き菓子やパイなどどれも秀逸ですが、個人的にはレモンメレンゲパイがお気に入りです。

◆マタリヤベーカリー
【住所】北海道 虻田郡倶知安町北1条西1丁目13
【TEL】080-6091-0445
【営業時間】12:00~19:00
【定休日】火曜日(不定休)

【ニセコでおすすめのランチ・カフェ情報】

「レストラン&デリ ヴィラ ルピシア」(ヴィラ ルピシア内)

世界のお茶専門店ルピシアがプロデュースする「ヴィラ ルピシア」は、レストランやデリ、パティスリーなどが集まった複合施設。

レストランもありますが、自然がいっぱいのニセコなので、気候が良ければデリ&ベーカリーでお惣菜やパン、ルピシアのアイスティーをテイクアウトして外で食べるのがおすすめ。デリメニューはどれも美味しく、個人的には、クミンの香りのパンがお気に入りです。

◆レストラン&デリ ヴィラ ルピシア
【住所】北海道虻田郡倶知安(くっちゃん)町字樺山58-5(樺山北バス停前)
【TEL】0136-21-7880
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日定休(その他不定休あり)

「鮨 花吉」

ニセコ町にある寿司屋「鮨 花吉」は、昼から夜まで営業している人気のお店です。ニセコ出身の大将が、浅草に本店を構える鮨屋で15年間修業後、ニセコに戻り2006年にお店を開店しました。

近隣漁港の魚介はもちろん、東京や全国から仕入れた旬の素材を、丁寧な仕事を施した江戸前の仕上げでいただけます。

◆鮨 花吉
【住所】北海道虻田郡ニセコ町富士見65
【TEL】0136-44-3444
【営業時間】
・夏季(6/1~10/31)
ランチ  11:30~14:00(L.O.13:30)
ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)
・冬季(11/1~5/31)
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)
【定休日】月曜日

「SPROUT」

JR倶知安駅から歩いて数分の所にある「SPROUT」は、自家製ローストの豆でいれるコーヒーはなかなかのものです。お店に入った瞬間に、香ばしい豆の薫りが漂います。

お洒落な店内にテーブル席もありますが、テイクアウトも可能なので、コーヒーを片手に町を散歩するのも良いと思います。

◆SPROUT
【住所】北海道虻田郡倶知安町北一条西3-10
【TEL】0136-55-5161
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】火曜日

気になるお店やお土産は見つかりましたか?
地元を知り尽くした支配人おすすめのランチやお土産。旅ナカのひとときや旅の思い出に、ぜひ訪れてみてください。

ニセコの名宿「坐忘林」の春夏秋冬の魅力を、こちらの記事でご紹介しています。
【秋】ニセコの名宿「坐忘林」で、日本で一番早い秋を愉しむ
【冬】一面の銀世界に囲まれた冬の「坐忘林」で過ごす大人旅
【春】北海道ならではの絶景と美食を求めて春の「坐忘林」へ
【夏】避暑を求めて、ニセコの名宿「坐忘林」で大人の夏休み

坐忘林

坐忘林

北海道/ニセコ

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「北海道の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア