FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

天橋立の絶景とワイン5万本の甘美に酔う
クローズアップ

天橋立の絶景とワイン5万本の甘美に酔う ワインとお宿 千歳(京都府/天橋立)

類い稀な絶景で日本三景の1つに数えられる、京都・天橋立。寺社仏閣が建ち並ぶ京都市内とは違う、海と緑の織りなす自然美で今も国内外の旅人の目を楽しませています。

丹後が培った美酒と旬の奇跡的な出逢いに感嘆

世界的景勝地の袂に立つ「ワインとお宿 千歳」は、その名の通り豊富な所蔵ワインと、丹後の食材を活かした料理で旅慣れたゲストを魅了しています。最寄りの天橋立駅からわずか徒歩3分という立地の良さも嬉しいですね。歴史ある蔵を彷彿とさせるエントランスに入るとき、ワイン好きは今にもワイナリーツアーが始まるかのようなワクワク感を覚えるかも。

建物を奥へと進むと、宿泊者専用サロンが見えてきます。そこは大きく開放的なガラス窓越しに、エメラルドグリーンに輝く天橋立運河と朱色が眩しい回旋橋を間近に望める特等席。チェックイン後は、サロンのウェルカムドリンクで、滞在最初のワインの芳醇な香りと深い味わいを愉しんで。

ディナーは本館1階のダイニングでいただきます。冬場のカニや脂ののったブリをはじめ、丹後地方が育んだ四季折々の山海の幸を厳選。周辺には、但馬牛や京野菜などブランド食材も豊富。地元食材を用いた滋味深い味わいで、舌の肥えたゲストを悦ばせること請け合いです。

地元で育ったブドウで造った「天橋立ワイン」も隠れた名品。宿では地元産ワインや世界からセレクトした5万本ものワインを所蔵。食事とワインの奇跡のような出逢い=マリアージュを探求するのも、この宿ならではの楽しみ方。美食に一過言あるグルメなゲストも、旬の料理と美酒が織りなす刹那なアートに心を震わせることでしょう。

肩の凝らない客室は大人の寛ぎに“丁度いい”

客室は本館と別館にそれぞれあり、各部屋ともに趣向を凝らした造りが自慢です。なかでも、本館3階にある和モダンスイート「黎明」「朱雀」は、海側に面した人気の客室です。和と洋が調和したシックな客室は、きちんとしているのに肩が凝らない上質のオーダーメイドシャツのよう。旅慣れた大人が心から寛ぐのに“丁度いい”お部屋です。

漆喰の壁や重厚さを漂わせる太い梁などの伝統的な和の設えは、どんなときもホッとさせてくれるもの。田舎めいた素朴さに包まれ、懐かしくあったかい気持ちになれるでしょう。

一方、レトロ&モダンな照明やリッチなチェアーなどは、クラシカルな欧風ホテルを彷彿とさせます。ふかふかとしたベッドは寝心地も抜群です。西洋的な設備は、ストレスのない滞在を約束してくれるに違いありません。

窓から日本三景の絶景を堪能したら、館内を探検してみるのも愉しいもの。本館2階は、「美人の湯」として知られる天橋立温泉を堪能できるフロア。広々とした湯船の「露天檜風呂」や「高野槙桶風呂」、野趣あふれる「鬼の岩風呂」、個性的な「露店五右衛門風呂」と、趣の違う4種の湯巡りを楽しんで。

別館2階、宿泊者専用の専用サロン(ワインセラー)は5万本のワインがゲストの訪れを静かに待っています。実は「ワインとお宿 千歳」は、地元の名品「天橋立ワイン」のオーナーが手がける隠れ宿。愛情込めて育てたブドウを最新の醸造法でワインに仕立てた「天橋立ワイン」はもちろん、欧州を軸に世界各国で味わいを確かめ収集されたワインが眠っているスペシャルな場所なのです。
専用サロンのソファーやチェアーから、ずらりと並ぶ収蔵ワインを眺める……。ワイン好きにとっては、それだけで至福のときかもしれませんね。普段とは違う非日常的な空間に身を置き、まったりとしたひとときを過ごすのもまた、旅先ならではの素敵な体験です。

世界に誇る絶景を観るだけでも十分に心躍りますが、せっかくならその地ならではの味覚やもてなしにも触れたいもの。風光明媚な天橋立を口実に、ご自身に似合う美食とワインに出逢う旅を計画してみてはいかがですか。

ワインとお宿 千歳

ワインとお宿 千歳

京都府/天橋立

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「京都の厳選宿」の人気記事