FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

連泊したい温泉と食のエンターテインメントリゾート
クローズアップ

連泊したい温泉と食のエンターテインメントリゾート 緑の風リゾートきたゆざわ(北海道/北湯沢温泉)

全国各地に「ゆざわ」はありますが、今回ご紹介する「ゆざわ」は北海道! 驚くほど広い露天風呂やバラエティ豊かな香り風呂など、さまざまなスタイルで温泉を楽しめるホテルが、北海道の「北湯沢温泉」にあるんです。

札幌駅と新千歳空港から送迎バスあり

目指すのは「緑の風リゾートきたゆざわ」。宿のある北湯沢温泉はざっくり言って洞爺湖と支笏湖との間のやや洞爺湖寄りにあります。札幌からでも新千歳空港からでも、バスで2時間ほど。北海道のとんでもない広さを実感する距離ですが、実はこの宿ではJR札幌駅北口間と新千歳空港間の2コースで送迎バスを運行しているので、意外に手間はかかりません。料金も札幌駅間は無料、新千歳空港からは片道1000円と実にリーズナブル。事前予約が必要ですが、利用しない手はありませんね。

温泉エンターテインメントホテル

北湯沢温泉は長流川(おさるがわ)の渓谷沿いにある小さな温泉郷。川底が黄色い「白絹の床」などの珍しい観光名所もありますが、この宿にチェックインしてしまうともう外に出たくなくなるかも。それほど温泉施設が充実しているのです。

まず何と言っても150坪、日本最大級の広さを誇る名物の大露天風呂。その開放感たるや、なかなかほかでは味わえません。緑が眩しい昼も、満天の星に囲まれる夜も何度でも入りたくなりますよ。

そして森の中の回廊を渡った先には色も香りも異なる「香り風呂」が。緑茶、檜、よもぎ、りんごなど、その数男女合わせて20種類。朝と夜で男女が入れ替えられるので、全部試してみたくなります。

大浴場には立ち湯、肩湯、打たせ湯など、いろいろ。広さで、香りで、スタイルで、さまざまな角度から天然温泉を味わえるのは極楽、極楽。湯量が豊富だからこそ味わえる贅沢です。

アメニティーが充実した客室

客室は展望風呂を備えたエグゼクティブルーム、大きなソファを置いたリビングと琉球畳の和室があるプレミアムルーム、車椅子でも利用できるユニバーサルプレミアムルームなど、10タイプ。

アメニティーも充実していて、特にベビーベッドを備えた客室には、調乳ウオーマーやオムツバケツ、プレイマットや絵本まで備えてあって、至れり尽くせり。旅の荷物が減らせるのはパパママにとっては大助かりです。

温泉の合間には「タルゴ社」の製品を使った本格的なタラソテラピーをどうぞ。気軽なリラクゼーションメニューもあるので、いろいろ組み合わせて利用できます。

種類豊富なブッフェレストラン

食事は和洋中のブッフェレストランで好きなものを好きなだけ。とはいえ、こちらのブッフェ、「エンターテイメントブッフェレストラン」と名打つだけあって楽しい仕掛けがいっぱい。

できたての料理を楽しめるライブキッチン、自社農園で育てた新鮮野菜のガーデンステーション、焼肉・寿司・飲茶・スープの各ワゴンが席を回るサービスまで! 満腹でもついつい手が伸びてしまいます。

特に夏の焼肉ワゴンは珍しいエゾ鹿肉のジンギスカンとか。驚くほど甘いとうもろこしを使ったメニューも豊富で、北海道ならではの味を満喫できますよ。

ほかにフレンチ&イタリアンと郷土料理のレストランもあるので、連泊でも飽きることがありません。

家族や仲間とわいわい過ごすのにぴったりの「緑の風リゾートきたゆざわ」。わざわざ出掛ける価値あり! ですよ。

緑の風リゾートきたゆざわ

緑の風リゾートきたゆざわ

北海道/北湯沢温泉

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「北海道の厳選宿」の人気記事