セレクション

宮古島の“宮古ブルー”を望む南国リゾート 5選

みなさん、こんにちは!
青い海と青い空、暖かい場所が大好きな編集部のmisakiです。今回はそんな魅力がすべて詰まった沖縄本島の南西に位置する「宮古島」で、宮古ブルーの海を一望できるリゾートホテルをご紹介します。各ホテルのイチオシポイントも、ぜひ参考に!

贅沢な滞在が叶うオールインクルーシブ

THE SHIGIRA(沖縄県/宮古島)

宮古ブルーの海を望むシギラ岬に佇む「THE SHIGIRA」は、1年を通じて利用できる温水プライベートプールとジャグジーバスを備えた全10棟のヴィラ。窓辺にはデイベッドを設え、開放感抜群です。

宿泊は「オールインクルーシブ」スタイル。食事やエステ、クルーズやゴルフなどのアクティビティすべてが宿泊費に含まれているので、心置きなくリゾートステイを満喫できることでしょう。

空港ではバトラーがお客様をお出迎え。専任バトラーの細かいおもてなしに、滞在中は至れり尽くせりです!

THE SHIGIRA

沖縄県/宮古島

プライベートプールで大人だけの時間を堪能する

イムギャーパレス IMGYA PALACE(沖縄県/宮古島)

全10室、宿泊は16歳以上限定の「イムギャーパレス IMGYA PALACE」。全室に青い海へと繋がるプライベートプールを配し、誰にも邪魔されることなくプールにぷかぷかと浮かぶ優雅な時間を味わえます。

窓を開けるとリビングとプールがひと続きになり、非日常感たっぷり。総大理石造りのバススペースや天井に輝くシャンデリアが、エレガントでラグジュアリーな大人の時間を彩ります。

宿泊が大人限定なので、ゆっくり静かに過ごしたい方にはぴったり!大人のためのリゾートステイを楽しめます。

イムギャーパレス IMGYA PALACE

沖縄県/宮古島

花々に囲まれた全室スイートのリゾートステイ

シギラベイサイドスイート アラマンダ(沖縄県/宮古島)

1年中花々が咲き誇り、南国らしい多彩な植物が生い茂る「シギラベイサイドスイート アラマンダ」。エメラルドグリーンの海を望むお部屋は、南国リゾートテイストの全室スイートルームという贅沢な造りです。

利用できるレストランの数は、なんと20以上。新鮮な魚介類や島野菜などの食材をベースに、和琉創作料理、鉄板焼からイタリアンまで、その日の気分に合わせて選べる豊富なメニューがそろいます。

隔週土曜日には、ビーチ周辺で花火の打ち上げを開催。ホテルやレストランから望む大輪の花火の光に照らされて、幻想的な時間を過ごせるでしょう。(※開催日の詳細はホテルページをご確認ください。)

シギラベイサイドスイート アラマンダ

沖縄県/宮古島

広大な敷地内で豊富なアクティビティを満喫

宮古島東急ホテル&リゾーツ(沖縄県/宮古島)

「宮古島東急ホテル&リゾーツ」は、東洋一と称される与那覇前浜ビーチに隣接するリゾートホテル。各部屋にはゆったりサイズのバルコニーも備えており、潮風を感じながらサンセットを望めます。

約230万㎡(東京ドーム50個分)の広大な敷地内には、プールやテニスコート、パターゴルフやBBQハウスなどの楽しい施設がいっぱい。マリンスポーツも豊富なので、ホテル内で1日楽しめますよ。

ベビーベッドやベビーカーなどの貸し出しや、キッズスペースの用意もあり!お子様連れでも安心して楽しめる優しいポイント満載です。

宮古島東急ホテル&リゾーツ

沖縄県/宮古島

プライベートビーチを有する一棟貸切のヴィラ

クリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ(沖縄県/宮古島)

「クリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ」は、一棟貸切の別荘スタイルで楽しめる全8棟のバケーションレンタル施設。目の前のプライベートビーチへは、各棟のお庭から直接降り立つことができます。

すべては海が中心。お部屋のどこにいても海を眺められるフロア設計となっています。外にはプールまたはジャグジーを完備するので、青い海と白い砂浜のコントラストを眺めるのんびりとした滞在がおすすめです。

一棟貸切なので、その地に暮らしているかのような完全プライベート空間を体験できます。滞在スタイルも自由自在!

クリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ

沖縄県/宮古島

宮古島内には、飲酒運転根絶を目指し日夜不眠不休で働く「宮古島まもる君」と18人の兄弟たちがいます。宮古島の紫外線にも負けずなんとも美白の彼らはそれぞれ名前も決まっており、表情も微妙に異なります! 台風時の立番勤務に備え、足に約400kgの重りを装着しているため身動きはとれません。ぜひ宮古島へ行った際には、まもる君たちを探してみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア!