FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

雨音に癒される、大人の隠れ宿 5選 箱根編
セレクション

雨音に癒される、大人の隠れ宿 5選 箱根編

雨に出会うことが多くなる季節。天候が読めないため、旅に二の足を踏んでしまっている方もいるのでは。そんな方のために今回は、晴れの日はもちろん雨の日でも十二分に愉しめ癒されるお宿をご紹介します。愛する誰かと予期せぬ雨を愉しみつつ、お宿にしっぽりと癒してもらいませんか?

何ものにも煩わされることなく、ただ雨声を愉しむ

強羅花扇 円かの杜(神奈川県/箱根・強羅)

箱根の深い森の中に潜む隠れ家「強羅花扇 円かの杜」には、円窓や水車、土壁に浮かび上がる青海波の紋様など、館の内外に円のモチーフがちりばめられています。客室すべてに個室露天風呂があり、湯浴みをしながら箱根連山の山肌を眺めつつ、雨声との対話でやすらぎと寛ぎが感じられます。

「強羅花扇 円かの杜」では、特別にカップルで使用可能な2室の岩盤浴スペースも用意されています(有料・予約制)。貴重なふたりの時間、少しでも長く一緒にいられる演出がうれしいですね。汗をかいた後、喉を潤すなら「蔵バー こだま」へ。館内にある重厚な土蔵の扉の先、仄かな光と豊かな影が重なる美しさが印象的なバーです。館内全体が木の温かさに包み込まれ、やすらぎと寛ぎを感じさせる空間をぜひ味わってみませんか?

強羅花扇 円かの杜

強羅花扇 円かの杜

神奈川県/箱根・強羅

6種の湯浴みを愉しみながら、別邸で翠雨を愛でる

仙郷楼(神奈川県/箱根仙石原)

明治3年、湯治場として開業し大正2年に「仙郷楼」と改め、多くの財界人、文化人が訪れる、歴史も実績もある名旅館。お部屋の数は全39室。その中でもお勧めなのが、樹が香る木造平屋・数奇屋造りの別邸「奥の樹々」。自然の中に溶け込む広々とした空間が、ゆったりとした特別な時間を作ってくれます。縁側で聞く雨音は、癒しを運ぶメロディのように感じるはずです。

「仙郷楼」には、男女それぞれに大浴場と露天風呂があり、そして家族風呂ひとつに貸切露天風呂がふたつ。お部屋の露天風呂を加えれば、6種の湯浴みが愉しめます。なめらかな白濁の硫黄泉が、互いの身体を流れてゆく。雨に溶け込んだ樹々の香りと温かい湯に包まれる時間はまさに至福。そしてもうひとつのお勧めは、施設内にある「陶芸焼物教室」での陶芸体験。お部屋に飾られている花器などはすべて自家製。創作意欲をかきたてつつ、ふたりで心静かな時間を過ごせるのも「仙郷楼」ならではです。

仙郷楼

仙郷楼

神奈川県/箱根仙石原

和と洋が重なるスタイリッシュな隠れ家で雨音を纏う

箱根 時の雫(神奈川県/宮の下)

水と森に囲まれ、1日限定8組の隠れ家的お宿「箱根 時の雫」。和と洋が合わさり、白を基調としたスタイリッシュなインテリアは、やすらぎを増幅してくれます。「渓谷の山々を、何も考えずに眺めていただきたい」という想いから、大きな窓に向って置かれているバルセロナチェアーは、イタリア本国の特別注文品。そんなバルセロナチェアーに身をゆだねながら、新緑を叩く雨音を感じましょう。

施設内にあるアロマサロン「ココシェニック」は、女性専用サロンですが、ペアで施術を受ける場合のみ、男性もOK。いつもは女性を待つしかなかったマッサージの時間も、ここなら特別なふたりの時間に。大切な人と一緒に、身も心もリフレッシュできる貴重な体験ができるのは「箱根 時の雫」ならでは。バスローブと浴衣で過ごすひとときは、今までにない寛ぎを与えてくれるでしょう。

箱根 時の雫

箱根 時の雫

神奈川県/宮の下

雨雲で月が隠れているから大切な方とずっと傍に

金乃竹 塔ノ澤(神奈川県/箱根塔之沢)

箱根塔之澤の自然に溶け込むように佇む「金乃竹 塔ノ澤」。23室の客室すべてに露天風呂を備え、湯浴みで臨む景色は自然を身体全体で満喫できます。お部屋の外は幻想的にライトアップされた竹林。妖しく美しい光景が昔話の竹取物語をイメージさせ、かぐや姫気分に浸れます。雨の日であれば、かぐや姫を連れ去る月は顔を出しません。安心して二人の時間を愉しめます。

夕食のあとはラウンジバーへ。夜にはライトアップされた竹林を臨むバーへと変わります。ライチと洋ナシが香るフローズンカクテル「かぐや姫」を傾けながら、非日常空間に酔いしれましょう。
かぐや姫といえば、「金乃竹 塔ノ澤」にはチェックインが24時までの“かぐや姫プラン”があり、お仕事終わりに直行してそのまま宿泊も可能です。

金乃竹 塔ノ澤

金乃竹 塔ノ澤

神奈川県/箱根塔之沢

多彩さが予想外のいたずらな天気を甘雨にする

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖(神奈川県/芦ノ湖)

芦ノ湖を臨む富士箱根伊豆国立公園内に佇む「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」。お部屋の窓からは富士山や芦ノ湖、箱根の自然が見渡せます。雨の日を恵みの雨と感じさせるポイントのひとつは、多彩な施設があること。ホテル内にはレストランが3店。和洋中の垣根を越えた“FUSION (融合)”がテーマの「レイクサイドグリル」、リゾートの特色を活かしたフレンチが味わえる「レストラン ル・トリアノン」、180年以上の歴史を誇る老舗日本料理店「なだ万雅殿」が外出せずとも、朝昼夕で楽しめます。

また、目と鼻の先が「箱根園」ですので、水族館や動物園に行けるなど、雨を気にせず一日を満喫。もうひとつのポイントは、「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」が「ウェスティン都ホテル京都」を手掛けたあの村野藤吾氏の設計だということ。施設の外観だけではなく、ロビーのこだわりを見て触って感じてみてはいかがでしょう。ふたりで施設内を歩くだけでも、非日常空間へトリップさせてくれる素敵なホテルです。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

神奈川県/芦ノ湖

いかがでしたでしょうか。宿は、天候によって表情が変わり、様々な魅力を感じさせてくれます。今回ご紹介したように、施設が整っていたり、客室からの景色に自然があったりする宿であれば、雨の情緒を最大限に味わうことができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事