セレクション

絶景を目の前に至福の朝食時間を過ごす宿 5選

普段忙しい朝の時間をのんびりと過ごすことは、宿泊の醍醐味の一つ。今回は絶景と共に朝食を満喫できる宿を5軒ご紹介します。心に残る1日の始まりを過ごしませんか。

雄大な絶景と共に、選べる朝食をいただく

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ (北海道/洞爺)

洞爺湖と内浦湾を見下ろす山の上に佇む「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ」。お待ちかねの朝食は、洋か和のどちらかを選べます。洋食は“ギリガンズアイランド”にてアメリカン・ブレックファーストを。窓一面の外に広がる青々とした大自然を眺めながら、お目覚めのスパークリングワインをいただけば、優雅な朝のひとときの始まりです。

和食を選んだ方は割烹“杜氏賛歌”にて和定食。札幌市場から届く新鮮な魚を中心に、北海道産の食材のうま味が、身体中に染みわたります。運が良ければ道内随一の発生率を誇る場所だからこそ叶う、雲海を見下ろす幻想的な光景に出会える可能性もありますよ。

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ

北海道/洞爺

心地よいプライベートテラス席で朝の時間を

葉山ホテル音羽ノ森 (神奈川県/湘南・葉山)

どこまでも続く砂浜を一望する「葉山ホテル音羽ノ森 」は、その雰囲気にまるで海外リゾートに赴いた様な心地に。朝食は客室に備わるテラスか、レストラン“潮幸”でいただけます。晴れた日は客室のテラスがおすすめ。真っ青な空と海を間近に感じる絶景を独り占めできます。

オテル・ドゥ・ミクニで修業を積んだ料理長が手掛ける朝食はどれも美味。全国から取り寄せた旬の食材を用いた料理が、朝の目覚めを促進してくれます。波音に包まれながら、紅茶やコーヒーを片手に無心になるひとときは、日常ではなかなか取れないもの。そんな貴重な時間をゆったりと過ごしましょう。

葉山ホテル音羽ノ森

神奈川県/湘南・葉山

海と同じ目線でいただく田舎料理にほっこり

里海邸 -金波楼本邸- (茨城県/大洗)

都心から約90分で行けるアクセスの良さが嬉しい「里海邸 -金波楼本邸-」。オーシャンフロントのお宿ならでは、波音が目覚まし時計の替わりです。日本の渚百選にも選ばれた大洗海岸の最前列にある食卓は、このお宿の自慢。間近に広がるダイナミックな景色と、心地よい潮風を感じる特等席です。

お食事は“あたらしい田舎料理”がコンセプト。身体に優しい味付けに、心落ち着く朝食です。作り立ての料理は、ひとつひとつ選び抜いた食材を、時間に合わせて丁寧に下拵えするこだわり様。開放的な空間で滋味深い味をいただけば、素敵な一日のスタートを迎えられそうですね。

里海邸 -金波楼本邸-

茨城県/大洗

日本三景を朝食と共に堪能する贅沢を

松庵(宮城県/松島)

日本三景の一つとして、観光客の絶えない宮城県・松島。その岬に立つ「松庵」は、細やかで温かいおもてなしが人気の秘訣です。朝食は目の前に広がる絶景をダイニングで。松島を飽きるまで眺めることができる、至福の時間に浸りましょう。

やさしい味の献立が並ぶ朝食は、目覚めたばかりの身体にぴったり。お宿の手作りが嬉しい笹かまぼこや、おせんべいのような風合いが特徴の地元名物“松島こうれん”を、七輪で香ばしく焼いて召し上がれ。その他にも仙台や松島産の旬な野菜や魚をふんだんに用いた料理の数々で、松島を食べ尽くしましょう。

松庵

宮城県/松島

富士山を眺めながら、こだわりの朝食を食す

ラビスタ富士河口湖(山梨県/河口湖)

南仏プロヴァンスをモチーフとする「ラビスタ富士河口湖」は、知る人ぞ知る絶景スポットに佇むリゾートホテル。レストラン会場“プチポッシュ”では、大きな窓の外に堂々とそびえる名峰“富士山”を一望する壮大な景色が広がります。

朝食は60種類以上の和洋バイキングを召し上がれ。数種類のソースから選べる作り立てのパスタやシェフが目の前で調理する焼き立てのフレンチトーストは、お宿のおすすめです。その他にも山梨県の名物料理“ほうとう”や、とろろときゅうりがのった“かっぱめし”など、ワクワクするメニューが盛りだくさん。自身で盛り付ける楽しみも含め、ワクワクする時間を過ごせます。

ラビスタ富士河口湖

山梨県/河口湖

宿泊者の特権でもある朝食。大切な人と迎える朝の時間にここでしか味わえない景色が加われば、忘れえぬ思い出になること間違いなし。とっておきの1日を絶景と共に迎えましょう。

この記事が気に入ったらシェア!