セレクション

客室露天風呂で金泉に入れる有馬の温泉宿

関西の奥座敷と呼ばれ、日本三古湯の一つでもある有馬温泉。鉄分や塩分、美肌効果が期待できるメタケイ酸などを多く含む赤褐色の「金泉」、炭酸泉やラジウム泉の「銀泉」、2種類の温泉を有しています。
旅館や温泉施設が数多く並ぶこの地で外湯めぐりも良いですが、せっかく素敵な旅館に泊まるならお部屋で過ごす時間を大事にしたいもの。有馬の名湯をお部屋でも楽しめる、金泉の露天風呂付客室がある温泉宿をご紹介いたします。

2017年11月新設の貴賓室で金泉と銀泉をひとりじめ

中の坊瑞苑(兵庫県/有馬温泉)

有馬温泉の中心地にありながら、宿に入ると静かで落ち着いた時間が流れる「中の坊瑞苑」。それもそのはず。施設の利用は13歳以上、大人がゆっくりと過ごすための雰囲気を大切にした宿なのです。そんな大人の宿が、「心地よさ」をキーコンセプトに2017年11月にリニューアルオープン。新たに誕生した貴賓室「和光」は、庭園を望むリビングと和室、ツインベッドルームを備えた120平米のゆとりある空間です。テラスには贅沢に、金泉と銀泉の2つの露天風呂を完備しています。

眺望が魅力の貴賓室「瑞雲」には、銀泉がなみなみと注がれる客室露天風呂を新設。その露天風呂やリビングからは、有馬川のせせらぎや丹波山地を一望できます。理容美容効果もあると言われる有馬の名湯をお部屋で存分に堪能した後は、寝心地にこだわった、中の坊瑞苑完全オリジナルの寝具に包まれて、ぐっすりと眠りましょう。

金泉と銀泉を好きなだけ堪能する湯ごもりステイ

銀水荘 兆楽(兵庫県/有馬温泉)

有馬の温泉街と六甲山連峰を見晴らす高台に位置する「銀水荘 兆楽」。広々とした大浴場や林の中の露天風呂で、金泉と銀泉2種の自家源泉の温泉を楽しめるのが自慢です。数寄屋造りの別邸「紫貴」は、金泉の露天風呂と銀泉の半露天風呂を完備した、宿で最上級の客室。3室それぞれに趣向を凝らした離れは、大切な人と特別な時間を過ごす「湯ごもり」にぴったりの、大人の隠れ家と言えるでしょう。

客室のテラスに備えられた足湯も温泉で、銀泉を使用しているのは源泉を有するこの宿ならでは。ラジウム泉の銀泉は、呼吸器からのガスの吸入により、自然治癒力を高める効果があるのだとか。冬場は暖かい温度に、夏場は冷泉になっているのは宿の嬉しい配慮です。お部屋に居ながら様々なスタイルで名湯を楽しむ、贅沢な滞在が叶います。

有馬の山々を眺めながら自分だけの金泉に浸かる

天地の宿 奥の細道(兵庫県/有馬温泉)

「天地の宿 奥の細道」は、有馬の奥座敷に佇む全17室の小さなお宿。2017年5月に全館リニューアルが完了した館内は、和を基調に開放的でモダンな空間デザインです。宿は有馬の名湯「金泉」の他に炭酸泉の自家源泉の温泉を有し、露天風呂付和室「紅」「蘇芳」と露天風呂付特別室「牡丹」では、客室露天風呂で24時間いつでも金泉に浸かることができます。

体の芯まで温まった後は、テラスで湯涼みも良いですね。有馬の山々を望みながら、ゆっくりと寛ぎましょう。特別室には、景色を眺めながらリラックスするのに丁度良いソファールームも設置されています。温泉と景色、有馬の大自然の恵みをお部屋で存分に堪能してみてはいかがでしょうか。

客室と貸し切り風呂で金泉・銀泉を湯めぐり

竹取亭円山(兵庫県/有馬温泉)

竹取物語をモチーフにしたお宿「竹取亭円山」。その名には、かぐや姫に深い愛情を注ぐ翁のように、心尽くしのおもてなしでお客様をお迎えしたいという思いが込められています。全29室の客室のうち、銀泉付客室が6室と金泉付客室が1室。宿で唯一の金泉露天風呂付客室「月見の間スイート」へは直通の専用エレベーターで。誰にも邪魔されないプライベートな時間が約束された、特別な空間です。

この宿に泊まるなら、ぜひ大浴場と貸し切り風呂も利用してみましょう。無料で利用できる貸し切り風呂は全部で4つ。すべて異なる趣で、それぞれに金泉・銀泉を完備しています。2つ並んだ湯殿に交互に入れば、泉質の違いをはっきりと感じられることでしょう。せっかくなら、全種類のお風呂を制覇してみたいですね。

我が家のように寛げる心遣いと金泉に癒される

有馬温泉 御幸荘 花結び(兵庫県/有馬温泉)

「有馬温泉 御幸荘 花結び」は、有馬温泉の温泉街から少し離れた高台に立つお宿。ゆったりと我が家のように寛げるよう、全31室の客室にはマッサージチェアを完備しています。他にも、羽毛・低反発・綿などから選べる枕や、お部屋のアメニティ、週替わりのお花など、こぢんまりした宿だからこそできる細やかな心遣いが魅力です。

5室の金泉付き露天風呂客室の他、金泉の内風呂を備えた客室も。旅のシーンや好みによって選びましょう。いつでも好きなときに入浴できる金泉と、お部屋のマッサージチェアで癒しの効果は抜群です。温泉街の賑わいから離れ、ゆっくりとした時間の流れを感じながら心も体もリフレッシュしてみては。

外湯めぐりのイメージが強い有馬温泉ですが、客室露天風呂でも金泉・銀泉に入れるお宿なら、外に出なくても存分に名湯を楽しめます。有馬であえて宿にお部屋に籠るという、贅沢な滞在をしてみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!