FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

大阪から2時間、露天風呂客室がある宿4選
セレクション

大阪から2時間、露天風呂客室がある宿4選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

季節が変わり夏の疲れを感じ始める体に、そろそろご褒美をあげたい時期。大阪から2時間以内でアクセス良好、露天風呂付き客室のある贅沢な宿で、日頃の疲れを癒しませんか。

ワイン大使厳選の美酒と和食の甘美な誘惑

すみや亀峰菴(京都府/亀岡)

素朴な自然が残る京都府亀岡、湯の花温泉郷に佇む「すみや亀峰菴」。茅葺の門を一歩くぐれば野の花や鳥のさえずりがゲストを優しく迎えてくれ、どこか懐かしさが漂います。大阪駅から電車で京都駅を経由し、1時間ほどで亀岡駅に。駅からは宿の送迎があります。車でも大阪からわずか1時間ととても交通至便です。

畳敷きの由緒正しき日本旅館の佇まいに心和む「亀峰菴」や、ウッディなインテリアで揃えられた和モダンな設えが快適な「穂波 ほなみ」など、露天風呂付き客室は特に寛げると好評です。湯船を満たすのは、湯の花温泉。かけ流しの贅沢を客室にいながらにして堪能できます。
2015年には「山のテラス」という名の露天風呂付き客室も新たに仲間入り。明るい白木でまとめられた和室と、シックなファブリックで統一された洋室の2タイプがあり、どちらも素敵で迷ってしまいます。

100平米の広さを誇る「瀬音 せおと」は、木々に手が届きそうな野趣あふれる露天風呂が自慢。

「すみや亀峰菴」では、オーストリアワイン大使がセレクトするワインと、地元の素材を生かした和食との新しい出会いを提案。世界的にも評価が高まるオーストリア産ワインと日本ならではの四季折々の旬とのマリアージュに、身も心も酔いしれてみてはいかがですか。

最澄由来の名湯とさりげないおもてなしに癒される

おごと温泉 湯元館 (滋賀県/おごと温泉)

京都の奥座敷として古くから親しまれる雄琴温泉は、約1200年前に最澄が開いた湯として知られます。大阪からJR湖西線で比叡山坂本駅まで約50分、駅からは送迎バスと好アクセスの「おごと温泉 湯元館」。
琵琶湖畔に堂々と建つ宿に、2013年にオープンした全10室の「はなれ 葭蘆葦 KAROI」は、旅慣れた大人たちから特に人気の特別フロアー。

宿の5階以上に位置し、朝は大きな窓ガラスから差し込む朝陽に心洗われ、夜は琵琶湖を望む夜景にまどろむ…。そんな優雅でロマンチックなひと時が叶います。
モダンなツインベッドの客室や、落ち着きの漂う和室。手足を伸ばせる和風リビングとゆとりあるベッドルームと、開放的なウッドデッキの温泉露天風呂が備わるスイートまで。様々なタイプの客室から好みや目的に合わせてチョイスできます。

「はなれ 葭蘆葦 KAROI」宿泊者だけに許されるサービスも充実。専用のフロントでゆっくりとチェックインできるほか、暖炉の炎が揺らめくラウンジではいつでもドリンクがいただけます。夜はソフトドリンクに加え、ビールがいただけるのも嬉しいですね。

ラウンジの前には足湯があり、飲み物を飲みながら足湯を楽しめます。マッサージ機も備わっており、体の凝りを存分に解せそうです。ライブラリーでは滋賀にまつわる書籍のほか、雑誌や新聞も揃えています。
ゆっくりと飲み物を楽しみ、書に親しむ。そんな何気なくもかけがえのない幸せな時間をくれる宿です。

奈良の町家で暮らすような感覚が楽しい料理自慢の宿

奈良町家 和鹿彩 別邸(奈良県/奈良市)

悠久の歴史が息づく奈良の町。大阪から近鉄の快速急行で40分弱、近鉄奈良駅東口から徒歩約10分の場所に建つ「奈良町家 和鹿彩 別邸」。周辺には東大寺や興福寺、春日大社などの名所が立ち並びます。
全13室のこじんまりとした町家風の日本旅館で、奈良格子が当地らしい情緒を醸しています。すべての間取りが異なる趣で、ご自身が好きなタイプの部屋を選べるのもこの宿の魅力です。

特に人気が高いのは、露天風呂付きの客室。「別邸303号室」は、明るくすっきりとしたモダン和室+テラスに陶器製の露天風呂が備わるお部屋です。
一方、和室に踏み込み、4畳の竹の間による「別邸301」は、落ち着いた色彩の露天風呂がスタイリッシュです。

古木を再利用した高い天井が印象的な特別客室は、広々とした畳の部屋が開放感いっぱい。4階にあり、窓からは若草山や東大寺の大仏殿、南大門も望めます。趣の違う露天風呂が2つ備わっていますので、ファミリーや友人同士での滞在にもとても便利ですね。

「奈良町家 和鹿彩 別邸」に足繁く通うリピーターのお目当ての1つが、真心のこもった「大和懐石料理」。手間を惜しまず、旬の素材を生かした料理は心に染み入る美味しさです。陶器や漆器など色とりどりの食器に盛られた季節感溢れるお食事は、目にも鮮やかで心躍るひとときになるでしょう。
美食に満たされながら、町家に住まうような感覚で落ち着ける「奈良町家 和鹿彩 別邸」は、その名の通りもう1つの我が家と呼びたくなる宿です。

有馬の名泉“金泉”“銀泉”を好みで選べる贅沢なスイート

竹取亭円山(兵庫県/有馬温泉)

かの「枕草子」にも登場し、日本三大古泉に数えられる有馬温泉。湧き出す場所によって異なる「金泉」と「銀泉」を求める旅人が今も昔も耐えることはありません。
JR大阪駅などから直行の高速バスに乗って約1時間で着く有馬温泉駅。風情ある温泉街を15分ほどそぞろ歩いた先に竹林に囲まれた宿「竹取亭円山」は佇んでいます。
有馬でも、鉄分を含む茶褐色の「金泉」と透明のラジウム泉「銀泉」の両方を引く宿は希少。「竹取亭円山」は、それぞれを引く露天風呂が付いたスイートルームがあり、温泉好きの羨望を集めています。

銀泉をたたえる「露天風呂付スイート#403」は、山の景観が間近に望めます。10畳の和室とベッドルームの和洋室で使い勝手の良い角部屋。ウッドテラスに備わる陶器のバスタブになみなみと注がれる銀泉に、誰に遠慮することなくどっぷりと浸れる喜びを味わってください。

同じく銀泉を引く「露天風呂付スイート#404」は、野趣あふれる庭を眺めながら重厚感ある御影石の浴槽に浸かれるのが魅力。こちらも使い勝手の良い角部屋の和洋室で、滞在中ストレスなく快適にすごせます。

「月見の間スイート#411」は、宿唯一の金泉を引く露天風呂がある客室です。専用フロアのため、専用エレベータで移動するのも旅先のワクワク感を誘います。プライベートな時間と空間が約束されているお部屋で、思う存分名泉三昧したいですね。
「竹取物語」で竹取翁がかぐや姫に注いだ愛情のように、ゲストに真心を注ぎたいと名付けられた「竹取亭円山」。あふれる名泉ともてなしの心にたっぷり癒されること請け合いです。

突然ぽっかり休みが取れたときでもすぐに行けるのが、アクセスの良い近場宿の良さ。しかもそこに別天地のような空間が広がっていたらなお嬉しいもの。今度のお休みに、気負わず気軽にリフレッシュしに出かけてみませんか。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.11.24 16:11

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア