FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

世界遺産と併せて行きたい宿5選 西日本編
セレクション

世界遺産と併せて行きたい宿5選 西日本編

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

“人類全体のための世界の遺産”を守ることを目的に制定された、世界遺産。後世に残したい地球の美しさや、先人の技術力の高さが評価されたものにだけ与えられる、国際的な名誉です。
今回は、日本国内にある世界遺産見学と併せて宿泊したい宿 西日本編をご紹介します。

1.紀伊山地の霊場と参詣道(熊野古道など)

「熊野古道」は、2004年に世界文化遺産として登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部で、神々がいる聖地として崇められてきた熊野三山への参詣道です。奈良・和歌山・三重の3県にまたがり、美しい風景や文化財を見ながら散策することができます。

【併せていきたい宿】

世界遺産リゾート 熊野倶楽部(三重県/東紀州・熊野)

「世界遺産リゾート 熊野倶楽部」は、神々が息づく三重県・熊野に位置し、美食・宿泊・体験を通じて人と自然に出会える宿です。
「露天風呂付スイート<朱雀>」のお部屋の外には、遠くまで広がる田園風景が。日常の喧騒から離れて、穏やかなくつろぎの時間を堪能できることでしょう。

季節や天候、時間によって移り変わる景色を眺め、ゆるやかに流れる自然本来のリズムを肌で感じたら、壮大な山々の懐に包まれている感覚に。どこか懐かしい故郷のような“里の空間”がここにあります。

◆熊野本宮大社(熊野古道)
宿からのアクセス:車で約60分
※宿泊者限定のツアーあり。詳しくはHPを。

世界遺産リゾート 熊野倶楽部

世界遺産リゾート 熊野倶楽部

三重県/東紀州・熊野

2.古都奈良の文化財(興福寺)

奈良市に点在する8つの資産「古都奈良の文化財」の一部として、1998年に世界文化遺産に登録された「興福寺」。中国・朝鮮半島との文化的交流が垣間見える点、高い建築技術などが評価されました。当時の建築技術は、今なお日本建築の発展に繋がっていると言えるでしょう。

【併せていきたい宿】

登大路ホテル奈良(奈良県/奈良市)

「登大路ホテル奈良」は、世界文化遺産「興福寺」に隣接するように佇む宿。『ミシュランガイド奈良2017』では、四つ星に選ばれた全14室のスモールラグジュアリーホテルです。モダンで落ち着いたお部屋には光が差し込み、豊かな緑と木々の温もりに抱かれる心休まるひとときを過ごすことができます。

三つ星レストランで研鑽を重ねたシェフが、総料理長を務めるレストラン「Le Bois -ル・ボワ-」。優雅な雰囲気の中、選び抜かれた季節の食材を贅沢に仕上げたフランス料理をゆっくりと堪能しましょう。

【興福寺】
●宿からのアクセス:徒歩で約5分

登大路ホテル奈良

登大路ホテル奈良

奈良県/奈良市 近鉄奈良駅より徒歩3分

3.厳島神社

日本独自の文化を伝える優れた建築であり、島全体が文化的景観を成している点を高く評価され、1996年に世界文化遺産に登録された「厳島神社」。海上に立地し、山々と一体となった景観は他に比類がなく、建造物の多くが国宝・重要文化財に指定されています。

【併せていきたい宿】

みやじまの宿 岩惣(広島県/宮島)

江戸末期より約160年、宮島の歴史を見つめてきた宿「みやじまの宿 岩惣」。道行く人々の憩いの場として茶屋を設けたことが始まりで、明治になってまもなく旅館として開業しました。玄関母屋は明治25年の創業当時から、ロビーは昭和56年の改築時からの造り。細部の意匠に目をやれば、当時の工人の想いが蘇るようです。

日本の伝統建築でもある平屋建ての「はなれ」、昭和初期の木造建築の美しさが残る「本館」、もみじ谷の自然を望む「新館」と、どのお部屋も情緒あふれる和の設え。個々に趣の異なる客室から、好みのお部屋を選ぶのも楽しいですね。秋には赤や黄色に染まった紅葉が窓の外を彩ります。

◆厳島神社
宿からのアクセス:徒歩で約3分

みやじまの宿 岩惣

みやじまの宿 岩惣

広島県/宮島

4.明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業(松下村塾など)

幕末期に吉田松陰が主宰した私塾「松下村塾」。身分や階級にとらわれず塾生を受け入れ、明治維新の原動力となり明治新政府で活躍した多くの逸材を輩出。2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」のひとつとして世界文化遺産に登録されました。

【併せていきたい宿】

萩本陣(山口県/萩・萩本陣温泉)

かつて城下町として栄えた萩の風情が残る宿、「萩本陣」。特別室「栞」では、窓の外に悠久の時を刻んだ絵画のような萩の街並みを望むことができます。お部屋に備わる半露天風呂は檜製の浴槽。豊かな自然と歴史が調和した風景と檜の香りに癒されたら、心も身体も開放されて心地よい時間を過ごせることでしょう。

約15種類もの数を誇るお風呂には自家源泉を利用。氷河期にあたる2万年前から少しずつ地底に蓄えられた地下水で、毎分200リットルの湯量を誇ります。手入れが行き届いた庭園や萩城の城壁をイメージした設えを眺めながら、古代の湯の長い歴史に思いを馳せてみては。

◆松下村塾
宿からのアクセス:徒歩で約10分

萩本陣

萩本陣

山口県/萩・萩本陣温泉

5.屋久島

1993年、白神山地とともに日本で初めて世界自然遺産に登録された「屋久島」。高く評価されているのは、樹齢数千年の屋久杉をはじめとする豊かな自然と、貴重な生態系が残っていること。さらに、こうした自然環境と人々の暮らしが共存していることも注目されています。

【併せていきたい宿】

sankara hotel&spa 屋久島(鹿児島県/屋久島)

サンスクリット語で、“天からの恵”という意味のSANKARA。その意味通り「sankara hotel&spa 屋久島」は自然の恵み、食の恵み、居住空間の全てが揃うオーベルジュリゾート。海を望む高台に建ち、豊潤な緑の香りと爽やかな風を感じる絶好のロケーションで、屋久島の持つエネルギーを全身に感じることができるでしょう。

お部屋は贅を尽くしたスイートや、海外を思わせるヴィラまで5つのタイプから選べます。「サンカラスイート」のお部屋には、室内でトリートメントを受けられるインスパルームと、自然を楽しめる半露天風呂を完備。アクティビティの疲れも、誰にも邪魔されずお部屋の中で癒すことができますね。滞在の仕方に合わせてお好みのお部屋を選んでみてはいかがでしょう。

◆屋久島
宿からのアクセス:屋久島内に立地

sankara hotel&spa 屋久島

sankara hotel&spa 屋久島

鹿児島県/屋久島

自然と歴史が詰まった世界遺産を肌で感じる非日常への旅に、あなたも出かけてみませんか。

※他にも、東日本エリアで世界遺産に近い宿をこちらの記事でご紹介しています。
世界遺産と併せて行きたい宿5選 東日本編

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.03.02 18:55

あわせて読みたい

「九州の厳選宿」の人気記事

編集部おすすめ記事

キーワードから探す

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア

北海道 北海道
東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 群馬県 茨城県 栃木県 東京都 神奈川県 千葉県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 岐阜県 愛知県 三重県 静岡県
近畿 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 兵庫県
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
沖縄 沖縄本島 宮古島 石垣島 沖縄離島