Go To トラベル キャンペーンについて
・11月24日、国土交通省より「札幌市」及び「大阪市」を目的地とした旅行へのGo To トラベル キャンペーン適用を一時停止とする旨の発表がございました。詳しくはこちら
・11月28日、観光庁より「札幌市」及び「大阪市」に居住する方は、12月15日までの間Go To トラベル キャンペーンを利用した旅行を控えていただくよう呼びかけがありました。
最大 55% お得
Go To Travel × 一休.comキャンペーン開催中 地域共通クーポンの使い方はこちら
古民家宿るうふ 澤之家 こみんかやどるうふさわのいえ 山梨県/芦川町
 [全1室]
規定の件数に達していない為、施設総合点数を非表示としています
新着順ですべてのクチコミを見る この施設へのクチコミが多いユーザー
4.50
投稿日:2020/10/15 チェ・デバラ さん
この施設へのクチコミ件数: 1件
静かな落ち着いた佇まいと歴史を感じる古民家特有の空間の広がりがあり、当方の望み通りの宿でした。
テレビもラジオも無く、あるのはレコードのみ。囲炉裏の火と庭の焚火だけでゆったりと過ごせました。
庭の焚火では想像以上に薪が必要な事に驚きましたが、薪置き場に置かれた大量の薪をいいことに夕方から夜遅くまで焚火の火を楽しみました。
古民家は改装すれば、この様に使えるのだということにも感心しました。同時に基礎がコンクリートでしたから、恐らく想定以上の工事費がかかったのだろうなとも感じました。古民家の改装には予期せぬ手間があるのだろうと感じさせる様々な納まりが勉強になりました。
ありがとうございました。
4.17
投稿日:2020/08/16 ねひつじいち さん
この施設へのクチコミ件数: 1件
素敵な古民家!!

とても趣のある古民家で、広々としたリビング・ダイニング(囲炉裏)・キッチンの一階と、隠れ家の様なベッドのある二階がありました!そしで、お風呂もお庭も素敵でした!

子供たちはあまり見たことない作りの家と虫(ハエが多い)に最初はおっかなびっくりでしたが、慣れてくると階段を登ったり降りたり走り回ったり、古民家を大いに楽しみました。

食事はスタッフさんが用意してくれた食材を自分たちで料理するスタイルでした。一言で言うととても豪華!夜は囲炉裏を囲み、肉、魚、野菜、締め、デザートと、本当に盛り沢山(正直言うと食べ切れなかった!)でした。

とても良い宿でしたが、もう少し…と言う気もしました。もう少し掃除が行き届いていたら、もう少し引き出しなどの立て付けが良ければ、もう少し虫対策が出来ていれば(息子の願いです)、など、より良い宿にする方法がある様に思って、上の評価にさせてもらいました!

ちなみにちょっとアクセスには注意が必要です!最後の最後にナビ通りに行くとものすごく細い道に迷い込みます…
2.00
投稿日:2019/11/14 Pcc630 さん
この施設へのクチコミ件数: 1件
至る所に古い蜘蛛の巣が張っている。立て付けは古民家であることを差し引いてもリフォームやその後の調整が不十分で各種扉の開け閉めは難儀する。四国の某古民家宿に宿泊したことがあるだけに全ての点でその差に驚く。衛生管理問題(最低限錆びた包丁や古過ぎるコーヒー豆などは捨てるべき)、清掃の未徹底や備品等の不備。各種使用マニュアルがないことなどかなり低いレベルの民宿と割り切って大人数で騒ぐには良いかもしれないが少人数でゆっくりくつろぐ場所ではない。囲炉裏や薪ストーブは現代人はほとんど火おこし、火の維持管理ができないので最低限の指導やマニュアルがないと意味をなさない。又、せっかくの元かやぶきと思われる屋根を金属で完全に覆っているので煙は逃げずに特に2階寝室にたまる。換気対策は全く不十分。当然2泊もすれば煙の臭いが自分を含めて全ての衣服と持ちものにしっかりとつく。又、全ての窓に外からの視線を遮るものがないので注意。1階も真横の道路を人が通るとちょうど下から室内が見える。入り口は正面が民家の勝手口であり、2階の寝室は同じ高さが近隣農家の玄関でありカーテンすらない。田舎に来てここまでプライバシーがないのはびっくり。むしろ地元の人感覚ではこれが普通のなのかもしれない。街灯や月明かりが直接、2階寝室に入るので安眠は出来ない。当然夜明けと同時に起床するしかない。食事も地元産などの食材説明がなく単調で自分で素材を焼くだけである。朝食はサービスだから最低限のものを勝手に自分で調理して食べろというレベル。ちなみに衣服を収納する場所は縁側の隅に簡易ハンガーでそのままつるすだけでロッカーなどは全くなし、一応ビニールカバーが一部用意されているが当然煙の臭いはつく。一休でバケーションレンタルで紹介するというよりも民宿や合宿施設として紹介するなら問題なし。今まで気づくことなく指摘されたことがなかったのか不思議である。若い地元の経営者なので今後の改善努力に期待して、あえて事実のみをそのまま投稿。過疎化する地元の復興に頑張って欲しい。