一休.com

STORY
京の温所 西陣別邸 京都府/京都

【取材】ミナペルホネン 皆川明×中村好文ディレクションのハイグレードな京町家

京の温所 西陣別邸

古き良き京都の街並みが今も残る西陣に、ゆとりある大人にふさわしいラグジュアリーな一棟貸切の宿が誕生しました。ミナペルホネン 皆川明氏と建築家 中村好文氏が手がける京の別邸を、一休コンシェルジュ編集部がくまなく取材!こんなお家で暮らしてみたい…そう思うこと請け合いの、優雅な京暮らしの魅力に迫ります。

皆川明×中村好文が再構築した「明治後期、商家のお屋敷」


株式会社ワコールが展開している「京の温所(おんどころ)」シリーズは、伝統家屋と現代的なエッセンスが融合し、暮らすような旅ができると、女性を中心に人気の施設。

5軒目となる「京の温所 西陣別邸」は、明治後期に西陣織の商家がお客様をおもてなしする屋敷として建てた、築約95年の京町家です。



今出川通りを曲がり、浄福寺通りを進むと「京の温所」のシンボルの暖簾がかかった存在感のある格子戸が見つかりました。



駐車スペースが2台分あり、マイカー利用も可能です。



引き戸を開けると2階建ての堂々とした佇まい。

一般的に、商家の京町家は戸を抜けて「店の間(商売を営む場所)」があり、その奥に「玄関」が造られます。玄関から裏庭までつながる土間の「通り庭」が「おくどさん(台所)」に続き、途中に「坪庭(前栽)」や「続き間」があり、細長い構造になっています。客をもてなす座敷は、建物の奥側に位置することもあるそうです。

こちらは、正面向かって左側がかつての「店の間」、正面の奥が「玄関」となっています。一棟貸切ならではのプライベート感と、196平米の広さを誇るゆったりとしたお家へ入ってみましょう。

機能美が光る!伝統の趣に現代のエッセンスを感じる1階エリア


玄関を入ると、「通り庭」をリノベーションしたダイニング&リビングが。足裏に気持ちいい炭モルタルの床はスタイリッシュで現代的な印象。夏はひんやり、冬は床暖房で足元もぽかぽか。

訪問時は2月の底冷えする時期でしたが、それが気にならない温度でした。



町家の構造を活かした吹き抜けは心地よい風が通り、天窓から光が降り注ぐ設計となっています。



存在感のあるダイニング。壁に設置された、皆川氏セレクトのアートピースが印象的です。