今までにない、上質な旅を。

一休.com

guntûについて

それは、せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿。
目の前には小さな島影がぼんやりと浮かび、その合間をゆっくりと船で航跡を描く旅。
幻想的でのんびりとした風景をのぞむ、船旅だからこそ味わうことの出来る愉しみ。
「ガンツウ」は“ただ、過ぎゆく時を愉しむ”という旅をご提供いたします。

五感で愉しむ秋の旅のご案内

朝夕日毎に涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりました。ガンツウの秋本番はまもなくです。
心地よい風を浴びながら、せとうちの優美な風景を縁側から望む。鯖や鰈といった旬の味覚を心ゆくまで堪能する。
秋は五感で愉しめるガンツウの魅力が溢れています。
日々感染症対策を実施しながら、皆さまのお越しをお待ちしております。

せとうちの秋の美味

和食の旬食材
赤白アマダイ、マナガツオ、サバ、イワシ、サワラ、カワハギ、ヒラメ、松茸、茄子、南瓜、里芋
洋食の献立
(一例)
キジと栗のスープ、タチウオムニエル、伊勢海老ソテーアメリケーヌソース、ムール貝のスープ
和菓子
栗きんとん(9~11月)

移ろいゆく多島美の景色

船内のあらゆる窓は、映画のスクリーンのようにさまざまなせとうちの風景を見せてくれます。月夜のきらきらとした海面。海を覆うような幻想的な海霧。秋から冬にかけては、よりゆっくりとした速度で航行し、海から見るせとうちの季節をお楽しみいただける航路をご用意しております。

秋のお楽しみ

涼しい風が吹く10月中頃までは、縁側でゆっくりとお過ごしいただきやすい天候が続きます。流れる景色を眺めながら、または月夜を楽しんでいただきながら。この時期一番の特等席で、地酒や料理長おすすめの肴をぜひご賞味ください。選りすぐりの旬のお酒をご用意してお待ちしております。

最もおすすめしたい4日間の旅

「ただ、過ぎゆく時を愉しむ」。ガンツウはそんな穏やかでのんびりとした旅を提供しています。初日の出港時刻は午後4時半頃、最終日の帰港時刻は11時頃。そのため、3日間航路の場合、丸一日という貴重な時間を過ごせるのは、2日目のわずか1日しかありません。そのため、ガンツウを満喫できる4日間航路は、ご乗船経験のあるお客さまに支持されています。

特別プラン

刻一刻と表情を変える、繊細な山並み、そして海の色。
せとうちの優美な自然と一体となって、穏やかな時間をお過ごしいただるよう、
心を尽くしておもてなしいたします。

ガンツウの衛生対策について

【5ノット西回り】
千年以上続く悠久のせとうち時間
大三島沖・宮島沖・伯方島沖錨泊 4日間

尾道から「大三島」沖を通過後、世界遺産のある「宮島」沖へ。牡蠣筏が浮かぶ海で、さざ波を感じながら朝を迎えます。宮島では、清々しい空気のなかで朝さんぽ。江戸時代に表参道として使われていた「町家通り」を歩み、朝のお勤めが始まった厳かな雰囲気の「厳島神社」にご参拝します。千年の歴史を繋ぐ、島に流れる悠久の時を感じながら、ゆったりとした時間をお過ごしください。

読み込み中

島の自然とアートで心洗われる旅を
東回り4日間航路
北木島沖・小豆島沖・鞆の浦沖錨泊

東へと香川県小豆島まで旅する東回り4日間航路。
2日目には、採石の歴史の残る笠岡諸島の北木島散策や、瀬戸大橋の下をくぐりぬけ、小豆島の霊場や醤油蔵訪問などを予定しています。3日目は現代アートの島や塩飽水軍の歴史の残る島などを訪れます。
心洗われるひと時をお過ごしください。

読み込み中

フォトギャラリー

縁側
オープンデッキ
SPA
ダイニング
オープンデッキ

アクセス

一休.com