FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

出雲の歴史ある漁師町で、暮らしの息吹に触れられる再生古民家 
クローズアップ

出雲の歴史ある漁師町で、暮らしの息吹に触れられる再生古民家  NIPPONIA出雲鷺浦漁師町(島根県/出雲市)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

出雲大社の北側にある日本海沿いの小さな漁師町に「NIPPONIA」の新しい宿「NIPPONIA出雲鷺浦漁師町」が開業しました。ただ休息するだけでなく、その土地の文化や歴史にも触れて過ごす。そんな新感覚のホテルステイは五感のあちこちを刺激すること、請け合い。新たな旅のスタイルとして注目されています。

風待ち港として栄えた鷺浦に開業

「NIPPONIA」といえば、各地に点在している趣き深い古民家をできるだけその風情を活かしてリノベーションし、町の歴史や文化にまで触れて楽しもうという宿。
2020年6月にオープンした「NIPPONIA出雲鷺浦漁師町」があるのは、島根県の出雲市。宿は出雲大社から車を20分ほど走らせた日本海に面しています。

目の前には穏やかな鷺浦湾。背後には緑濃い山々。わずかばかりの平地に続く石州瓦の波。どこからともなく潮の香りも漂って風情たっぷり。聞けばこの鷺浦、江戸時代中期から明治時代にかけて北前船の風待ち港として栄えた港町とか。最盛期には20軒を超える廻船問屋があったと言います。

北前船の元船宿に3室

宿は3棟の古民家を再生し、全5室を設けました。
北前船の船宿だった「濱古屋」は漆喰となまこ壁。往時の繁栄を思い起こさせる風格ある古民家です。

お部屋は掘り炬燵のある居間と寝室、ミニキッチンをフラットに並べた「濱古屋 右舷」と、細長い土間キッチンと2階の寝室を箱階段でつないだ「濱古屋 左舷」の2室。

別邸となる離れは一棟貸しの客室「濱古屋離れ 船宿」に。吹き抜けの土間キッチンと中2階のフリースペース、2つの寝室があって家族や友達同士でゆったり過ごせます。

元塩作り商家には2室

かつて塩作りをしていた商家「釜屋」には客室が2つ。「釜屋 潮花」は太い梁や美しい建具に目を奪われる1階の和室と2階の寝室で構成。

「釜屋 潮風」には、キッチン付の土間ダイニングと寝室が。海を眺められる屋外スペースもあって潮風に吹かれて読書したり、お酒を楽しんだり。BBQもOK。いろいろな楽しみ方が可能です。いずれのお部屋も往時の繁栄が偲ばれる、堂々とした佇まいです。

島根の美味しいものを集めた大皿料理

夕食は自炊が基本スタイル。調理器具と食器、調味料の用意はあるので食材は近隣で調達を。まさに暮らすように旅できるでしょう。
「自炊はちょっと……」という方もご安心を。実は島根の恵みを盛り込んだ大皿料理が夕食として提供されています。新鮮なお刺身、からりと揚がった天ぷら、サザエの壺焼きに焼き魚……。たくさんのご馳走が色絵や染付の大皿に盛られ、どれから箸をつけようか迷ってしまうほど。〆の漬け丼は熱々のお出汁をかけていただくそうで、地元では「柳かけ」と呼ばれています。

鷺浦の魅力に触れる体験アクティビティ

もっと鷺浦の魅力に触れたい人は宿が提供する体験ツアーに参加してみては。メニューは、ガイドさんと行く「歴史探訪まち歩き」や「夕凪 サンセットクルージング」、「神秘・洞窟クルージング」、藻塩の手作り体験などの4種類。豊かな海がもたらした知恵や文化に触れられる絶好の機会となりますよ。

ありきたりでは満足しない方におすすめの「NIPPONIA出雲鷺浦漁師町」。その土地に暮らすように溶け込んでみる旅ならば、何か違ったものが見えてくるかもしれません。

NIPPONIA出雲鷺浦漁師町

NIPPONIA出雲鷺浦漁師町

島根県/出雲市

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.09.28 23:07

あわせて読みたい

「10室以下の宿」の人気記事

編集部おすすめ記事

キーワードから探す

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア

北海道 北海道
東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 群馬県 茨城県 栃木県 東京都 神奈川県 千葉県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 岐阜県 愛知県 三重県 静岡県
近畿 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 兵庫県
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
沖縄 沖縄本島 宮古島 石垣島 沖縄離島