FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

極上の宿に泊まって愛でる桜の美しさに酔いしれる春(西日本)
セレクション

極上の宿に泊まって愛でる桜の美しさに酔いしれる春(西日本)

“冬来りなば、春遠からじ” 昔から私たち日本人は、春を待ちわびてきました。焦がれる春を象徴する1つが、桜でしょう。桜の便りを耳にするだけでそわそわワクワク。待ちに待った花見ですから、桜と縁が深い極上宿に滞在して、いつもよりワンランク上の花見を楽しんでみませんか。

世界の人が憧れる”京の桜”を心ゆくまで味わい尽くせる宿

京小宿 室町 ゆとね(京都府/京都市下京区)

桜の名所と聞いて、京都を真っ先に浮かべる人も多いはず。昨年12月に開業したばかりの「京小宿 室町 ゆとね」は、京都駅からタクシーで10分ほどの交通至便な場所にありながら、町屋風の造りも美しく、しっとりとした風情の漂うスモールラグジュアリーな和風宿です。京都の中心部に位置するため、清水寺や二条城、京都御所などの花見の名所へのアクセスも良好です。歴史を重ねた建築物と薄紅色の花びらの共演は、京都ならではの美景。絶景を瞳と胸に焼き付けたら、清潔感あふれるお部屋に備わる薫り高い檜風呂で、その日巡った桜の美しさを思い返すのもいいものですね。

明治の歴史を肌で感じる宿で大人だけのモダンな春を愉しむ

長楽館(京都府/祇園・円山公園)

明治時代の実業家が私財を投じて作らせた、豪奢な欧州様式の迎賓館が元となる「長楽館」は、100年余の歴史を数える重厚さが来賓を魅了し続けています。「ミシュランガイド京都・大阪2017」に2年連続で選出されたことからも、ホテルとしていかに格式があるかが伝わりますね。通年魅力に溢れたホテルですが、特にお薦めしたいのが桜の季節です。

実は、京都屈指の桜の名所として知られる円山公園に隣接しており、まるでホテルの庭のように公園を散策しながら、雅やかなしだれ桜をいつでも鑑賞できるのです。ホテルでは、歴史を感じるクラシカルな雰囲気にゲストがとっぷりと浸れるよう、小さなお子様の宿泊を制限するなどの配慮も。大人がゆったりと静かに花を愛でるのに、これ以上の贅沢な時間は望めないのではないでしょうか。

名城に手が届きそうな場所から桜を眺めて、一国一城の主になる

彦根キャッスル リゾート&スパ(滋賀県/彦根)

大河ドラマでも話題の井伊家の居城であり、国宝に指定されている名城・彦根城。その中堀という絶好のロケーションに恵まれた「彦根キャッスル リゾート&スパ」は、勇壮な天守を望める宿として国内外の旅人から人気を集めています。堀側のツインルームに滞在すれば大きな窓から城郭を見渡せ、夜ともなれば白く浮きたつような桜の花が城を彩る絶景を独り占めできます。リゾート内の施設「城見のテラス」やお酒が楽しめるラウンジからも桜と城を眺められますし、何と言っても贅沢なのは「城見の湯」から、湯船に浸かりながらのんびりと花見ができることでしょう。快適なホテルのサーヴィスを受けながら、絶景を眺められるなんて、殿や姫様さえ羨むかもしれませんね。

自然のランドスケープを活かした森と湖のホテルで桜と静かに対話する

TOBEオーベルジュリゾート(愛媛県/砥部)

愛媛県・道後温泉から一足伸ばした先、湖のほとりに静かに佇む「TOBEオーベルジュリゾート」は、自然の造形を活かしたナチュラルさがゲストを優しく迎える美食の館です。全10室全てが湖に面した客室には、広々としたウッドデッキが備わっていて、指先に触れそうなほど自然が間近。豊かな自然に囲まれるようなリゾートの敷地内には、奥ゆかしく桜の樹々も点在しているので、普段の賑やかな花見の宴とは違って心静かに桜と対話できるでしょう。

プライベードな空間で”私だけの花見”を楽しんだら、地元の食材をふんだんに使った料理”TOBEキュイジーヌ”が人気のダイニングへ。カウンター越しの大きなガラス張りの窓からの桜も是非、楽しんで欲しいものです。美食に舌鼓を打ちながら、桜の花を飽きるまで眺める…。春の宵にこれ以上望むものは果たしてあるでしょうか。

“楽園”をそぞろ歩き、名湯に浸かるという極楽は自分へのご褒美にぴったり

 御宿 竹林亭(佐賀県/武雄温泉)

1300年も前の書物にも記される歴史ある佐賀の名湯・武雄温泉。そこには佐賀鍋島藩の領主が”極楽”を夢見て、当代きってのアート集団・狩野派に造らせたという大庭園「御船山楽園」があり、春ともなれば桜を求めて多くの人が訪れます。東京ドームが10個も収まる広大な日本庭園の敷地内という絶好の”楽園”の中に、数寄屋造も美しい和風建築の宿「御宿 竹林亭」は静かに堂々と建っています。建坪450坪を誇る棟には、桜をはじめ松や檜など40種もの樹々が配され、四季折々の自然の美しさを間近に見ることができます。昔から人々を惹きつけてきたであろう桜を愛で、夜は名湯で旅の疲れを癒し、朝ともなれば花や樹に集う野鳥の声で目覚める…。この世の”楽園”で心の疲れを癒してみませんか。

何処で見ても桜は綺麗ですが、歴史を重ねてきた建造物や、自然が長い時間をかけて作り上げた造形美とともに眺めると、その美しさはひときわです。年に1度きりの花との出逢いをよりスペシャルなものにしてくれる極上の宿に滞在すれば、その体験はきっと生涯忘れ得ぬ特別な時間になるはず。この春は桜に逢いに、さあ、旅に出かけましょう!

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「九州の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア