FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

奈良の厳選食材を味わう、全9室「ひらまつ」のオーベルジュ
クローズアップ

奈良の厳選食材を味わう、全9室「ひらまつ」のオーベルジュ L'AUBERGE DE PLAISANCE 桜井(奈良県/奈良)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

万葉集の世界観を今なお受け継ぐ古都・奈良。日本の原風景が広がる緑豊かな場所に佇む「L’AUBERGE DE PLAISANCE 桜井」は、全国にレストランやホテルを展開する「ひらまつ」が初めて手掛けたオーベルジュです。

心のふるさと奈良の田園風景に癒される

古代「ヤマト」の中心地とされる奈良・桜井に佇む「L’AUBERGE DE PLAISANCE 桜井」。近鉄・JR桜井駅から車を約10分走らせると、あたり一面はのどかな田園地帯。心安らかに過ごしたいと願う、大人の休日にぴったりな場所です。

「おいしく、快適な、遠い過去への静かな旅」をコンセプトにした施設は、あえて豪奢な装飾を施さず、居心地の良い空間造りに徹しています。
エントランスロビーは、白を基調としたシンプルでスタイリッシュな設え。大きなガラス越しに望める景色 は、日々の疲れた心を慰めてくれるでしょう。

客室は「エグゼクティブスイート」と「ツインルーム」の2タイプ。9室全てにテラスが備わります。小高い場所に建つため、眼下に田園風景が広がります。日本人の心のふるさとのような眺めに、思わずほっとするのではないでしょうか。

約87平米の広さを誇る「エグゼクティブスイート」は、厳選されたファニチャーがゆったりと配置されたゆとりの空間。座り心地の良いソファから、目の前に広がる景色を眺めるもよし。

広々としたテラスに備わるデッキチェアに身を委ねながら、ご自分が美しい景色の一部に溶け込むもよし。
時がゆったりと流れる客室で、何をするわけでもなく風や小鳥のさえずりに耳を傾ける……。そんな何気ない時間こそが、旅先で許される何よりの贅沢なのかもしれません。

土地の宝「大和野菜」を本格フランス料理で堪能

オーベルジュ最大の魅力と言えば、やはり料理。この施設は、奈良県が運営する「なら食と農の魅力創造国際大学校」を併設。そのことからも、「ひらまつ」というブランドがいかに信頼されているかが分かります。

その「ひらまつ」によるオーベルジュなので、ディナーへの期待はますます膨らむばかり。
清潔感と開放感が心地良いレストランは、そんな期待を決して裏切ることはないでしょう。

奈良の古称、大和の名を冠したブランド野菜「大和野菜」をはじめ、大和牛や大和ポーク、大和肉鶏といったご当地のブランド食材をふんだんに用いたフランス料理は、その土地に足を運んだからこそ賞味できる特別な味覚。

正月の縁起物として珍重される宇陀金ごぼうや、シャキシャキ感が特別な千筋みずな、辛味の少ない紫とうがらしなど。季節ごとに巡り合える大和野菜が 、その土地の歴史や豊かさをそっと教えてくれるようです。

海のない奈良ですが、近隣は和歌山や伊勢湾など、水産資源の宝庫。周辺地域の恵みも織り交ぜ、仏料理の正統派技法を駆使したフランス料理は、エレガントかつ滋味深いものばかり。
料理のお供 には、「ひらまつ」がフランス醸造家から直接仕入れるフランス産ワインを選んでみては。料理がさらにおいしくなる魅惑的なマリアージュを堪能してみたいものです。

心身満ち足りてぐっすり休んだ翌朝。テラスに出て、フレッシュな空気を胸いっぱいに吸い込めば、良い1日が始まる予感に胸がときめくはず。
施設では、宿泊者だけがいただけるヨーロッパスタイルのブレックファストも大人気。美味しい朝食で、その日の元気をチャージしたいですね。

歴史の息吹が漂う奈良は食の中にも、深い歴史が透けて見えるようです。食べることは生きること。健やかに育まれた食材を用いた美食で、心身ともヘルシーになれる旅に、今こそ出かけてみませんか。

L'AUBERGE DE PLAISANCE 桜井

L'AUBERGE DE PLAISANCE 桜井

奈良県/奈良

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.02.01 11:30

あわせて読みたい

「美食の宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア