FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

能舞台を配した熱海の純和風宿
クローズアップ

能舞台を配した熱海の純和風宿 あたみ石亭別邸 桜岡茶寮(静岡県/熱海)

熱海駅から車で10分。街の喧騒を後にして坂道を少し登ったその先、閑静な高台に佇むのが「あたみ石亭別邸 桜岡茶寮」。ここは開業50年の歴史を持つ「あたみ石亭」に隣接する和風旅館。全10室すべてが数寄屋造りの離れです。

由緒ある銘石や石灯篭を集めた「あたみ石亭」の別邸だけあって、「桜岡茶寮」も、離れをつなぐ小径や庭園など、そこここに見事な石や竹、天然木を使ったインテリア。どこに目をやっても落ち着いた和の風情が感じられる空間です。

なかでもその風情を決定的にしているのが、池に張り出すように設けられた「能舞台」の存在。ここは時には能が、時には熱海の芸妓の舞が披露される庭園舞台。夜、ライトアップされた舞台が浮かび上がる様は幻想的で、訪れた人達をしばし幽玄の世界へ誘います。熱海芸妓の艶やかな舞は毎週金曜日と土曜日に披露されているので、興味のある人はスケジュールに組み込んでおきましょう。

数寄屋造りの離れは全10室

チェックインは部屋で抹茶とお菓子をいただきながら行います。部屋は1階に7室、2階に3室の計10室。そのうち6室に露天風呂が備えられています。

いずれの離れもよく手入れされた日本庭園を中心に配置されていて、どこからも池のある庭の様子が眺められます。数寄屋造りだけあって雅な雰囲気を漂わせており、二間続きでゆったり。かなり落ち着く空間であることは間違いありません。

月見台のある「浮橋」、能舞台の正面に位置する「夕霧」など、部屋によって調度品も設えも異なるので、希望の部屋に泊まりたい人はあらかじめチェックしておくのもいいでしょう。

さて熱海といえばその字の通り、熱い湯で知られた温泉天国。街を歩くと、坂道の所々から吹き出す湯気を目にします。なかでもこの宿のある熱海温泉は、メタケイ酸をたっぷり含んだ美肌の湯。もし大きな露天風呂でその美肌の湯を満喫したいなら、庭続きの石畳を渡って隣接の「あたみ石亭」へ。スパ「椿」も利用可能。本館と別邸、それぞれの施設を利用できるのはなんだか得した気分です。

創作の懐石料理で季節を味わう

料理は夕食、朝食共に、お部屋でどうぞ。海・山に恵まれた熱海という地の利を生かした創作の懐石料理が楽しめます。

先付け、吸い物、造り…と食べ進めるうちに、熱いものは熱く、冷たいものは冷たいままで出されることに気づくはず。頃合いを見計らって絶妙なタイミングでサーブされる料理はしみじみと美味しさを実感できるものばかり。「もてなしとは何か」を知り尽くしている日本旅館ならではの心が感じられます。とりたてて派手なメニューが並んだり、演出があったりするわけではありませんが、宿泊者の満足度が高いのは、案外そんなところが影響しているのでしょう。

そういえば泊まった人たちが口を揃えるのが、知らないうちに使ったタオルが新しいものに交換されていた…ということ。さりげなく、けれどきめ細やかに。もてなしとは本来そういうものなのかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事