FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

まるで美術館?五感で楽しむアートな宿
クローズアップ

まるで美術館?五感で楽しむアートな宿 リバーリトリート雅樂倶(富山県/神通峡春日温泉)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

1158_01

富山インターから日本海を背に、神通峡へ向かって20分ほど車を走らせると、白を基調にしたシンプルな建物が現れます。それがリバーリトリート雅楽倶です。

美術館のように美しい空間

1158_22

エントランスを抜け、ロビーへ続く扉が開くと一気に別世界が広がります。空間を贅沢に使った吹き抜けのロビーフロアは、校倉に組まれたコンクリートの壁、天井まで届く三方ガラス張りの窓、重厚なインテリアと迫力満点。また壁に備え付けられた暖炉が、一見無機質な印象を与える空間を優しく温めます。

1158_03

どこに腰掛けようか迷うほどたくさんのソファの中からお気に入りを探し、窓の外に目を向けると、湖面に美しく映し出される神通峡が視界に飛び込んできます。

1158_04

ダム湖の向こう岸に見える車はまるでミニカーのように小さく、音が敷地に届くことはありません。目の前に広がる静かな景色は、心を穏やかにし、日ごろ気付かない自然からのメッセージに気付きを与えてくれます。

1158_17

館内にセンス良く展示されるアートを楽しむのに最適な環境、それがリバーリトリート雅楽倶の大きな魅力でしょう。お部屋の案内も待たずに、館内を散策したくなるほど館内のあちらこちらに絵や焼き物などのアートがならびます。新館の廊下には美しいアートやソファがあり、心をうごかされたオブジェの前で立ち尽くすこともあるでしょう。心を動かされるこの感動こそが、この宿で体験できる癒しのひとつなのです。

ひとつひとつデザインが異なる客室

1158_14

「同じデザインはない」とされる客室は、どの部屋に宿泊するか大変迷うところです。温泉付きのスイートルームは空間のモダンさに加え、客室の備品も高級なものが並べられています。上質のソファ、テーブル、オーディオシステム、そしてTV。客室で過ごす瞬間ひとつひとつにラグジュアリーさを感じられずにはいられません。オーディオはBOSEのスピーカーシステムで、浴室、脱衣所にも設置されています。そのため良質の音を入浴しながら楽しむことができます。木を使用した客室と、タイルや石を利用した客室など雰囲気が異なるので、お好みの部屋を探すのも楽しみです。

1158_06

専用の中庭には、部屋ごとに異なるアートがあります。この部屋でしか見られない特別なアートを見ていると、優越感にひたる自分に気付きます。特別な日に大切な人とこの贅沢な空間を楽しみたいものです。

お風呂三昧で過ごす

1158_15

温泉施設は、男女入れ替え制で深夜早朝も利用ができます。ダム湖に面したデザインが美しい大浴場は温泉旅館というよりもSPAと呼ぶのがふさわしい空間。露天風呂は屋根や塀がなく日差しと風を感じながら入浴できます。開放的な露天風呂は少々人の目も気になるため、湯浴み用のタオルが用意されているのも宿のさりげないサービスのひとつです。

1158_16

また、「SPRING DAY SPA」と呼ばれるエステルームの奥にはジャグジー、ドライサウナ、炭酸風呂を備えたヒーリングスペースがあり、こちらでも人目を気にせず、のんびりとした時を過ごすことができます。

目で楽しむアートなお食事

1158_09

食事はフレンチと和食から選ぶことができ、それぞれの魅力があります。フレンチは小さな宝石ともいえる美しくはかない品々。1品、1品大切に味わいたい内容です。丁寧に調理された北陸ならではの食材ズワイガニやのどぐろも美しい姿で現れます。地元の野菜に杉で香りづけをされたガスパチョは、いただく直前までガラスの蓋で覆われています。ガラスの蓋をあけると杉の香りが広がり、モッツァレラチーズやきゅうりの食感を楽しみながらいただきます。香りを楽しめるお食事は森林浴をイメージしているそう。

1158_19

和食は海の幸の鮮度がよく、素材そのものの美味しさを楽しめます。イカをいただくために用意された梅肉は、能登半島の形を表現しています。目にも美しい盛り付けであり、和食という領域を超えた上品なお食事でありフレンチまたは和食のどちらかを選ばなくてはいけないことが一番の悩み。

リバーリトリート雅楽倶の余韻に浸る

1158_13

お部屋に用意されているお茶菓子は施設のパティシエが作ったもの。他にもショップには美味しそうな焼き菓子と「雅楽倶のショートケーキ」などのケーキが並んでいます。お食事の感動が忘れられず、チェックアウト後もカフェでスイーツをいただきながら余韻を楽しみ、さらにランチを頂くこともできる、何時間でも滞在可能な飽きることのない空間です。スイーツをお土産にして、雅楽倶の感動を自宅でも味わうのもいいですね。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2017.11.20 19:00

あわせて読みたい

「デザイナーズホテル」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア