FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

奥琵琶湖で絶景と美食を満喫するオーベルジュ
クローズアップ

奥琵琶湖で絶景と美食を満喫するオーベルジュ ロテル・デュ・ラク ~奥琵琶湖のエルミタージュ&オーベルジュ~(滋賀県/琵琶湖)

滋賀県の面積の約6分の1を占める、日本最大の湖・琵琶湖。北側エリアの奥琵琶湖は、手つかずの大自然がたくさん残された地域です。
今回は奥琵琶湖に佇む、湖畔のオーベルジュ型リゾートホテル「ロテル・デュ・ラク」をご紹介します。

琵琶湖に臨む豊かな自然に囲まれたホテル

奥琵琶湖に位置する「ロテル・デュ・ラク」は、琵琶湖やパワースポットとして有名な竹生島を目の前に臨む、オーベルジュ型のリゾートホテルです。4万坪の広大な敷地に客室数はわずか15室。ホテル好きはもちろん、美食家からも注目されています。

ラウンジスペースは、白と黒のモノトーン調で統一されたモダンな空間。チェックインから夜まではワインや地酒、ソフトドリンクなどが飲み放題。館内にはライブラリーが備わっているので、グラスを傾けながら読書をするのも良いですね。

本館客室と異なるデザインコンセプトのヴィラ

本館とヴィラに分かれた客室は全部で15室。80平米の「ラグジュアリースイートルーム」
のリビングには白壁や大理石を使用しており、エレガントな空間を演出。ベッドルームは独立しているので、ゆったりと寛げます。

琵琶湖を一望できる「レイクビューシアタールーム」では、刻々と変化する景色を眺めているだけで非日常を味わえるはず。満月の夜には月光で輝く神秘的な琵琶湖、早朝には葛籠尾半島付近から昇る朝日など、ここならではの景色を堪能しましょう。

プライベート感を重視するなら、独立タイプのヴィラがおすすめ。各棟60平米のヴィラは、「イタリア」「北欧」「アジア」「ジャパニーズ」と異なるテーマで設えられており、愛犬と一緒に泊まれる1日1組限定の「ドッグ・ヴィラ」もあります。

発酵食文化を取り入れた自慢のフレンチ

全面ガラスの開放的なレストラン「ル・ペイザージュ」。シンプルで清潔感のある造りで、ホテルガーデンや琵琶湖を眺めながら料理をいただけます。オープンキッチンが設置されているので、シェフの華麗な調理風景を見ることも。

美食の宿としても名高い「ロテル・デュ・ラク」のディナーは、地域食材の“旨味”を引き出す近江伝統の発酵食文化とフレンチを融合させた「テロワール発酵フレンチ」を提供。ワインの種類も豊富に取り揃えているので、近江牛とのマリアージュも楽しめます。

朝食は、約40種類のメニューから好きなだけ選べるオーダービュッフェ。近江牛のミニステーキに卵料理、和食テイストまで目を見張るラインナップです。好きなものを組み合わせて、自分だけの贅沢な朝食をいただきましょう。

自然を満喫するアクティビティプログラム

さまざまなアクティビティを体験できる「ロテル・デュ・ラク」。敷地内には、テニスコートやプール(夏季限定)を完備しています。いつもとは違った景色のなかで体を動かすのも、旅の思い出になりそう。

自然を肌で感じたい方は、レンタサイクルを利用して湖畔を走ってみてはいかがでしょうか。春は桜並木が美しい海津大崎をサイクリングするのもおすすめです。琵琶湖の自然を満喫しながら、ホテルの周辺散策を楽しんで。

ひと汗かいたあとは、スパ施設「然拿(ZEN-NA)」で疲れた体を癒しましょう。専属セラピストが施すトリートメントに身を委ねれば、心身ともにリフレッシュできるはず。館内には貸切温泉風呂(要予約)も備わっているので、ぜひ足を運んでみては。

見晴らしの丘や琵琶湖のほとりも、滞在中はプライベート空間として楽しめる「ロテル・デュ・ラク」。
美食と開放的なロケーションでエナジーチャージをしませんか?

ロテル・デュ・ラク ~奥琵琶湖のエルミタージュ&オーベルジュ~

ロテル・デュ・ラク ~奥琵琶湖のエルミタージュ&オーベルジュ~

滋賀県/琵琶湖

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.03.26 11:30

一休コンシェルジュ アンケート

あわせて読みたい

「オーベルジュ」の人気記事

一休コンシェルジュ アンケート

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア