FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

星のやブランドの新たなる挑戦、大都会の別天地「塔の日本旅館」
クローズアップ

星のやブランドの新たなる挑戦、大都会の別天地「塔の日本旅館」 星のや東京(東京都/大手町)

近代的なビルが立ち並ぶ日本を代表するオフィス街、大手町。近年、国内外の高級ホテルがしのぎを削る激戦区に、今年7月「星のや東京」が開業し、大いに話題となりました。

2344_01

全国各地で宿に泊まる喜びを提供してきた「星のや」が、大都会で提案するのは地下縦の空間に日本旅館の要素を組みこんだ「塔の日本旅館」。

2344_07

プライベート感を重視し、宿泊者のみがアプローチできるという館内は、玄関を入ったら靴を脱ぐシステム。すでにそこから、日常から切り離され、おもてなしの異空間へと誘われます。エレベータの床までも畳張りというこだわりの全館を、素足で歩く開放感はまさに日本旅館ならでは。木材や竹、畳のい草など古来、受け継がれてきた自然素材をふんだんに使った、モダンでスタイリッシュな造りにきっと心落ち着くことでしょう。

2344_03

「百合」「桜」「菊」と名付けられた3タイプの客室もまた、宿の心意気が隅々にまで行き渡っています。竹素材のクローゼットや格子、座椅子などはどれも繊細な手仕事を感じさせる簡素美をたたえ、宿泊客の心を和ませてくれます。また、黒を基調としたシックで落ち着いたバスルームは広々として、旅の疲れを癒すのに十分です。

2344_02

南向きに位置した角部屋で83平米と贅沢な広さの「菊」は、障子越しに日差しを感じられるスペシャルな空間。足を伸ばしても余りあるほどのソファに寝転ぶだけでも、そこが東京の一等地だと思うと何か特別なことをしているような気持ちになるから不思議。各部屋には特製の着物が用意してあり、館内はもとより近所の散策にそれを着て出かけるのも粋な楽しみ方ですね。

2344_02

各階専用の「お茶の間ラウンジ」には、コンパクトなライブラリにデスク、ソファを備えています。日本各地から取り寄せたお茶やコーヒー、酒類、菓子などを気候に合わせてサービスしてくれるほか、朝食もいただけます。部屋から靴を履き替えずにアプローチできる気軽さも嬉しく、ついつい何度も足を運びたくなる場所です。

2344_03

大都会の真ん中で日本旅館のくつろぎを味わえるだけでも贅沢ですが、地下から湧き出る正真正銘の温泉に浸かって特別感をさらに謳歌したいものです。強塩酸泉の泉質は保温効果が高く、また切り傷や冷え性などに効能があるとか。東京観光で遊び疲れた体に、ビジネスへの活力にと、とっておきの秘薬になってくれるでしょう。

2344_04

美食が溢れる東京の街にあって、食にうるさい人をも唸らせてしまうというダイニングも利用したい場所の1つ。世界的評価も高い、フレンチ出身の若き料理長が手がける日本旅館の料理は、日本ならではの伝統と最先端が共存する、東京らしいハイブリッド感に溢れています。日本の旬をいただく喜びを、今一度ここで見つけてみてはいかがでしょうか。

2344_05

また、日本ならではのオイルによるトリートメントが堪能できるスパもお薦め。トリートメントに加え、温泉やストレッチなどを組み合わせて体の調子を整える「ボディリメイク」で、日頃頑張る自分にご褒美を贈るのもまた殊更に贅沢なもの。宿に籠るという選択肢もなかなかにいいものです。

アクティヴなゲストは、隣接するフィットネスで汗を流すと心地よいはず。他に、「講堂」という名の清廉な多目的スペースでは、江戸の伝統工芸の体験を始めとするイベントを定期的に開催しているので、知的好奇心も満たされるでしょう。

2344_06

滞在客1人ひとりの希望にさりげなく寄り添い、そこに居る時間全てが心地よいものになる…。「星のや東京」は、日本の誇りである究極のホスピタリティ=おもてなしで、きっとあなたの心と体を満たしてくれる宿です。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事