FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【取材】古都・奈良の静寂を纏う大人のラグジュアリー空間
クローズアップ

【取材】古都・奈良の静寂を纏う大人のラグジュアリー空間 登大路ホテル奈良(奈良県/奈良市 近鉄奈良駅より徒歩3分)

奈良公園に隣接し、ユネスコ世界遺産“古都奈良の文化財”のすぐそばという、奈良観光をするにはベストな地に建つ「登大路ホテル奈良」。
観光地のメインストリート沿いにあるにもかかわらず、ホテルに一歩足を踏み入れると、そこには静寂と品格が漂う空間が広がっています。

観光地の真ん中にいるとは思えない特別感

近鉄奈良駅から徒歩で3分程度。奈良公園へ向かうメイン通り沿いに「登大路ホテル奈良」は佇みます。“欧州で見かけるような、暗黙の「大人ルール」が醸し出されるホテルでありたい”と願い、このホテルを利用できるのは12歳以上の方のみとなっています。

ホテルの玄関横にあるのは、靴磨きの道具。欧州の一流ホテルではよく見る光景なのではないでしょうか。奈良公園等の周辺散策のあと、サッと自分で靴を綺麗にできるのはうれしいですね。

一歩足を踏み入れると、外の喧騒がどこかへ行き静寂に包まれます。“特別な場所”と感じられる美しい白の空間。
ロビーのカウンターには、貴重な白い鹿の写真が飾られています。神聖な神の使いともいわれる白鹿、ご覧になってはいかがでしょう。かわいらしいですよ。

エントランスに飾られているのは、ホテルのロゴマーク“鳳凰”。その下にあるのが「SLH(SMALL LUXURY HOTELS OF THE WORLD)」の加盟の印。加盟するための審査基準はとても厳格で、加盟後もインスペクター(検査員)が覆面でホテルを訪れて毎年チェックしているそう。日本では数えるほどしか加盟できていないなか、「登大路ホテル奈良」は2010年7月より加盟し、クオリティを維持しています。

一流の品々に囲まれた大人だけの空間

館内は、クラシック家具の最高峰ブランドと言われる「ドレクセルヘリテイジ」で統一されています。
1点1点手作りされた、マホガニーなどの高級な無垢材を使用した家具たち。気品と重厚さが漂います。インスペクター(検査員)の心を打ったもののひとつとして、このオンリーワンスタイルと言われる設えもあるのではないでしょうか。

優れた防音設備の効果で、ラウンジでもまったく外の音は聞こえません。ひとつひとつのこだわりから生まれたリラックスできる空間。ソファにゆったりと腰をかけ、読書などはいかがでしょう。

本棚には、かわいい折り紙の鹿が。重厚さのあるエレガントな雰囲気の中でも、温かく落ち着く感じがするのは、心をほっこりさせるこういった心遣いがあるからでしょうか。

年に2回ホテル自体をお休みにして、館内のメンテナンスを行うそうです。だから、創業10周年を迎えた今もインテリアが美しいまま。
このお休みで、ホテルスタッフの方も全員お休みになり、リフレッシュできるとか。ゲストにもスタッフにもプラスな休館って素敵ですね。

静寂の中、世界遺産を望むスイート

全部で14室しかないお部屋の中で、2室のみの「スイート」がこちら。革張りのソファに、ガス暖炉が備わっています。冬には暖炉の炎を眺めながら、古都の夜を過ごすのも良いですね。

大きな窓からは、日本一美しい八角円堂と称される「興福寺の北円堂(国宝)」が。

ベランダに出ることができ、北円堂を特等席で眺められる贅沢が味わえます。
お伺いしたのが6月上旬でしたので、キョウチクトウの花が満開でした。8月まで愉しむことができるそう。奈良の四季を望めるのも、このお部屋の魅力のひとつ。

ベランダには、スタンド型の灰皿が。全館禁煙ですが、4部屋以外はベランダがあるので喫煙可能だそうです。愛煙家には嬉しいですね。

興福寺や奈良公園が隣接していますが、外からお部屋の中は見えない造りになっています。プライベートの空間がしっかり守られながら、古都の時間を過ごすことができます。

こちらはベッドルーム。落ち着いた色合い、この上品さが落ち着きます。枕は3種類から選ぶことができ、ベッドもツインですが希望すればキングサイズのダブルベッドの対応も可能だそうです。シモンズ製のベッドで、旅の疲れを取りましょう。

注目したいのが、このデスク。興福寺を望み、奈良の四季を感じつつ仕事ができる、贅沢な場所。一輪のバラが、エレガントさをより引き立ててくれています。

浴槽は広め。テレビも付いています。水流調整機能付きのシャワーヘッドのため、気持ち良い湯浴みが叶うでしょう。

世界の高級スパで使用されている「アルゴテルム」等、豊富なヘア&アイテムは女性にとっては特に嬉しいですね。

スイート、デラックス、スタンダードにあるお飲み物はすべてフリー。シャンパンも用意されています。

お部屋以外にも充実した館内施設

コンパクトな広さですが、パワープレートやトレッドミル、デュアル アジャスタブル プーリーなど、最新のマシンが備わっているフィットネスルームが。ウェアやシューズの貸し出しも無料です。また、自転車のレンタルもしているそうなので、サイクリングを楽しみたい方にもオススメ。

エレベーターを降りると目の前に季節のお花が。こういった細かいおもてなしの心が、高い評価をいただいている要因のひとつなのでしょうね。

お食事はこちらの「ル・ボワ」で。季節の食材や「大和の伝統野菜」を使った本格フランス料理がいただけます。グランドピアノも備わり、優雅な雰囲気の中、口福なひとときを愉しめます。

食後は、「ザ・バー」で過ごしてみては?営業時間は17時~25時(ラストオーダーは24時半)。シングルモルトを中心に、貴重なお酒に出逢えるかもしれません。チーフバーテンダーの川上さんの軽やかなトークと共に、最高の一杯はいかがでしょう。

細部にまで贅を尽くしたホテル「登大路ホテル奈良」。“贅”とは、設えだけではなく、ホテルスタッフの気遣いとおもてなしを含めてのこと。大人の休日、大人だけの旅にはピッタリのお宿です。

登大路ホテル奈良

登大路ホテル奈良

奈良県/奈良市 近鉄奈良駅より徒歩3分

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「大人だけの宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア