FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

日本の伝統美を発信! ホテルオークラ東京が「The Okura Tokyo」に
クローズアップ

日本の伝統美を発信! ホテルオークラ東京が「The Okura Tokyo」に The Okura Tokyo(東京都/虎ノ門)

かつてよりホテル“御三家”の一つと評され、多くの人々が憧れる名門ホテル「ホテルオークラ東京」は、1962年の開業当時より国内外の賓客が集う唯一無二の存在です。
その象徴であり続けた本館が、長年培われたおもてなしの心はそのままに、2019年9月に「The Okura Tokyo」として生まれ変わります。

日本の伝統と革新を感じる2つのブランド

緑豊かな庭園に囲まれた「The Okura Tokyo」は、敷地内に「オークラ ヘリテージウイング」「オークラ プレステージタワー」、2つのホテルが佇みます。
その中心にはホテルのシンボル“オークラスクエア”を設置。中央に広大な水盤を備え、時間の移り変わりとともに、様々な表情で訪れる人々を迎えてくれます。

ホテルオークラグループの中でも最上位ブランドでもある「オークラ ヘリテージウイング」は、開業当時に掲げた“世界に通じる日本の美と心”を受け継ぐホテル。
床の間に見立てたシンプルなロビーには、かつて本館の大宴会場“平安の間”で使用されていた、 “三十六人家集の料紙”が飾られます。

客室は全て約60平米にもなる広々とした造り。8mと大きく取られた窓の外には、四季折々の風景が広がります。
オークラ庭園側に位置する6階から9階の客室にはバルコニーが備わり、心地よい風にあたりながら自然を眺めることも。

ルームチェックインや専任スタッフによるコンシェルジュサービス、「オークラ プレステージタワー」の37階にあるクラブラウンジが利用できるなど、至れり尽くせりな滞在が叶います。

一方、「オークラ プレステージタワー」は培われた伝統的な趣を残しつつ、開放的な雰囲気が特徴のホテルです。
ロビーは、オークラの代名詞でもある“オークラ・ランターン”や“麻の葉文様の組子”など、可能な限り本館ロビーを再現。
かつてのロビーを彷彿とさせる意匠の数々に、懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか。

28階から40階に位置する客室からは、高層階ならではのダイナミックなパノラマを楽しむことができます。
街並みを満喫できるビューバスが備わるお部屋や、3ベッドの利用が可能なワイドリビングタイプなどから選ぶことができます。

クラブフロアに宿泊のお客様は、クラブラウンジの利用も可能。ワンランク上の滞在をしたい方におすすめです。

オークラの味を継承する個性豊かなレストラン

新しくなった「The Okura Tokyo」には、和洋中様々な味を楽しむことができる5つのレストランと、2つのバーが揃います。

オークラフレンチを確立させたレストラン「ラ・ベル・エポック」の伝統へオマージュを受けて生まれ変わった「ヌーヴェル エポック」は、和を感じる静謐な内装が特徴。
日本ならではの伝統食や食材をオークラフレンチと融合させ、健康と美食を備えた“ヘルシー&ガストロノミー”がいただけます。

その他にも本格的な広東料理をいただける中国料理店「桃花林」や、オープンキッチンのライブ感を楽しめるオールデイダイニング「オーキッド」など、個性豊かなレストランばかりです。

夜には違った雰囲気を醸す2つのバーに立ち寄ってみては。
「オーキッドバー」は本館時代から利用されていたテーブルを再利用、本館閉館時にファンに惜しまれたロングカウンターも新たに配される重厚感あるメインバーです。約500種を超える洋酒を揃えます。

煌びやかな夜景をトップフロアから臨む「スターライト」は、3つのゾーンに分かれるバーラウンジ。
シチュエーションやシーンに合わせて利用してみて。

日本の伝統美とおもてなしの心で、世界中を魅了し続けてきた“ホテルオークラ東京”。
新しくなった「The Okura Tokyo」はその魅力に輝きを増し、より快適なホテルステイを約束してくれることでしょう。

The Okura Tokyo

The Okura Tokyo

東京都/虎ノ門

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア