FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

リニューアル!絶景に包まれる鳴門のラグジュアリーホテル
クローズアップ

リニューアル!絶景に包まれる鳴門のラグジュアリーホテル ホテルリッジ(徳島県/鳴門パークヒルズ)

鳴門の「ホテルリッジ」が開業13年目で初めてのリニューアル! 全ての客室に鳴門海峡を望むアウトドアテラスを設け、より自然と一体になった滞在が楽しめるようになりました。

高台から鳴門海峡を一望する立地環境

ホテルリッジ」があるのは瀬戸内海国立公園内。淡路島とつながる大鳴門橋のたもと、島田島の小高い丘の上に位置しています。一度でもここを訪ねたことがある人ならわかると思いますが、この辺りの空の大きいこと!
7万坪の敷地にホテルとレストラン「カリフォルニアテーブル」「万里荘」、地下1500メートルからくみあげた温泉があるスパなど、いくつかの施設が設けられており、どこからでも鳴門海峡が望めるようになっています。まさに海と空がすぐそこに。これこそホテル最大の魅力と言っていいでしょう。

その魅力をより際立たせたのが「RIDGE EXPERIENCE」をテーマにした今回のリニューアル。客室と万里荘の一部の改装によって、鳴門の自然とさらにひとつになれる環境が整いました。

全室に海を眺めるアウトドアテラスを設置

客室は離れ形式で全10室。墨色の平屋の門をくぐると、中廊下をはさんで部屋とバスルームが分かれるスタイルです。インテリアはいたってシンプル。鮮やかな青色のベッドスローが鳴門の海を思わせます。

さあ、まずは新たに設けられたテラスへ出てみませんか。すぐ感じるのが頬をなでる風や風に混じるかすかな潮の香。目の前には大鳴門橋、その向こうに淡路島。にぎやかに歌う鳥の声も聞こえてきます。
それらを体全部で感じて過ごすうちに、きっとテラスから離れがたくなってしまいますよ。

バスルームも墨色を基調にしたリゾート感あふれる雰囲気。広々とした開放感のある浴室で、ロクシタンのアメニティーもたっぷり用意されています。
お部屋のお風呂は温泉ではありませんが、もし温泉がお望みならスパへ。鉄分を含む単純泉を掛け流しで味わえます。

瀬戸内の海の幸満載の創作和食

施設間の移動は専用車を利用します。もちろん遊歩道が各施設をつないでいるので、散策を兼ねて歩くのも可能です。
夕食は、一部がリニューアルされた数寄屋造りの「万里荘」で鳴門の新鮮な海の幸を楽しみましょう。

た贅沢三昧の創作懐石で、口コミでも大好評。日本酒との相性の良さは言うまでもありませんが、カリフォルニアワインを代表する「リッジ」もお試しを。なかなか面白いマリアージュになるかもしれません。

朝食は、旧三井財閥の別荘を移築したダイニングルームで。こちらはガラスの板戸で囲んだ風情あふれる建物で、登録有形文化財に指定されています。見事な細工の欄間や襖に見とれながらいただく和朝食は、満足感たっぷり。朝からエネルギーを満タンにできますよ。

昨年、紅白の中継で脚光を浴びた大塚国際美術館はホテルから数分。敷地内には300本の桜があって4月初旬には見頃を迎えます。
そして鳴門の渦潮も春が1年で一番大きくなる観光のベストシーズン。リニューアルしたてのホテルリッジに滞在して、鳴門エリアの旅をお楽しみください。

ホテルリッジ

ホテルリッジ

徳島県/鳴門パークヒルズ

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「絶景」の人気記事