FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

歴史とモダンが調和する宿
クローズアップ

歴史とモダンが調和する宿 沼津倶楽部(静岡県/沼津)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

1832_20

旧ミツワ石鹸の二代目・三輪善兵衛が、沼津市から3,000坪の土地を借り受けて建てた別邸「松岩亭」。この贅を尽くした数寄屋造りの松岩亭が、約100年の時を経て、茶文化と現代の和モダンが見事に調和した宿「千本松・沼津倶楽部」として蘇りました。

1832_45

立地するのは、東海道随一の景勝地と謳われた、沼津の千本松原のすぐ隣。メインエントランスに到着したら、まずは茅葺の『長屋門』をくぐりましょう。実はこの門は国の有形文化財に登録された由緒ある門。この門をくぐれば、いよいよとっておきの滞在が始まります。

明治の匠の技が光る有形文化財

1832_35

「千本松・沼津倶楽部」は、「松岩亭」の情緒をできる限り残して改修された『和館』と、和館の持つ雰囲気と調和させつつ、現代の快適な宿泊機能も確保した『新館』、2つの建物から構成されています。

1832_18

門をくぐり、右手に見えるのが和館。端正なその佇まいを見れば、和館が明治の技術の粋を集めた、この上なく贅沢な建物であることが一目でみてとれます。

1832_46

もともとここは、すべての部屋が茶室としても使えるよう設計され、実際に千人茶会なども開かれていた茶文化の花開いた場所。こちらも国の有形文化財で、凝った意匠があちこちに散りばめられています。

1832_24

改修によって、現在ではメインダイニング「割烹 映」やライブラリーに。この宿の象徴として、抜群の存在感を放っています。

新と旧。2つの絶妙なバランス

1832_36

そして正面。大きな水盤の奥に見えるのが、新たに増築された宿泊棟の新館です。この新旧2つの建物が、時代の隔たりを感じさせることなく並び建つ様は、美しい兄弟でも見るかのよう。もしかすると木々の緑や水盤のゆらめきが、旧さと新しさ、2つをうまくつないでいるのかもしれません。

1832_13

部屋は、和室、洋室、メゾネット、スイートの4タイプ8室。設計は那須の二期倶楽部も手がけた故・渡辺明氏。無垢の木を多用した上質空間は、旅館やホテルというより、別荘のような温かみと落ち着きのある内装でまとめられています。

歴史を感じながら食事を楽しむ

1832_49

お楽しみの食事は、沼津港で水揚げされた新鮮な魚介類や地元の農産物を使った和のコース。

1832_51

朝食は、日によって厳選された新鮮な魚や惣菜が並ぶおばんざいスタイルの和朝食。素材の良さが際立った滋味深いお味、と評判です。戦後、松岩亭に足を運ぶことが一種のステータスとされていたこの場所で、往時の華やかなシーンを思い浮かべながらいただく食事は、格別な時間となるでしょう。

1832_50

この宿は温泉ではありませんが、全室に総檜造りの内風呂があるほか、露天風呂やサウナ、岩盤浴などを備えたスパも人気。

1832_02

特に、ラドン浴で知られるオーストリアのバドガシュタイン鉱石が張り巡らされた岩盤浴が好評とか。遠赤外線放射率が高く、体の細胞を活性化させる効果が高い岩盤浴は、心も体もすっきりとさせてくれますよ。

1832_40

明治の趣が平成に蘇った洗練の宿。先人たちの心に思いを馳せながら静かな時間を過ごすのも面白そうです。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.05.08 15:30

あわせて読みたい

美食の宿の人気記事

編集部おすすめ記事

キーワードから探す

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア

北海道 北海道
東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 群馬県 茨城県 栃木県 東京都 神奈川県 千葉県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 岐阜県 愛知県 三重県 静岡県
近畿 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 兵庫県
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
沖縄 沖縄本島 宮古島 石垣島 沖縄離島