FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

無の贅沢に浸る、加賀の名旅館
クローズアップ

無の贅沢に浸る、加賀の名旅館 べにや無何有(石川県/加賀)

その昔、高僧・行基が湧水で傷口を癒すカラスを見つけ、その湧水を調べてみたら温泉であった、という言い伝えが残る山代温泉。開湯1300年を誇る北陸随一のいで湯の街であり、多くの文人文豪に愛されてきました。
そんな歴史ある温泉地に、日本有数の名旅館「べにや無可有」は佇みます。

“何もない”空間で無心のひとときを過ごす

宿名にもある「無可有」とは、“何も無いこと”“無為であること”を意味する言葉。
“何も無いことに価値を見出す”という宿のコンセプトは、日々忙しさに追われる現代人にとって、一番必要なものなのかもしれません。

設計は数々の建築賞を受賞している、竹山聖氏。無駄をそぎ落としたシンプルな空間に、心が浄化されるような感覚になります。
珪藻土を用いたロビーには本物の紅葉が埋め込まれているなど、遊び心も忘れません。

お部屋も同様に、心地よい雰囲気。中でも「【露天風呂付】特別室若紫」の客室は、100平米を誇る広々とした空間が人気のお部屋です。

窓際に配された竹敷の広縁は、まっさらな自然を堪能する特等席。四季折々に変わりゆく自然美を、間近で感じることができます。
テレビは仕切りで隠されているので、自然音のみの世界に身を投じてみて。

団らんに持ってこいの居間には、3メートルもの漆のテーブルが存在感を放ちます。

10帖の和室は、障子で仕切ることも可能。

ツインベッドが配された寝室には、小ぢんまりとしたデスクも備わります。

就寝時には10種類のアロマから、お好みの香りを選べます。心地よい香りは、質の良い睡眠へと誘ってくれることでしょう。

シャワーブースはコンクリート打ちっぱなしのセンスある空間。小窓からは外の空気も感じられます。

お部屋に備わる露天風呂は、山代温泉の源泉掛け流し。柔らかで滑らかな肌触りで「美肌の湯」とも謡われる名湯に、思う存分浸かりましょう。

宿オリジナルの「薬師山アメニティ」は、温泉の入浴効果をそのまま保時できると好評。お土産に買われる方も多いとか。

客室は、新しくリニューアルした特別室「白緑」をはじめとする全5タイプ。自らの滞在に合わせ、お好みを選びましょう。

自然の力を全身で感じる円庭

“水は方円にしたがう”という荀子の言葉をイメージした「方林円庭」は、穏やかな気持ちになれるスペース。

中心には2006年に金沢21世紀美術館に展示された、グラフィックデザイナー原研哉氏の作品が飾られます。
一滴一滴落ちる水の粒を眺めていると、思わず無心になってしまいます。

「方林」は広々とした空間と、開放的な見晴らしが特徴。林という漢字が意味する“集”のように、様々な人が集い新しい出来事と出会える場所です。
毎朝予約制でヨーガのクラスもあるので、ぜひ参加しては。

自分だけのオーダーメイドスパで癒される

僧侶が温泉と薬草で人々を癒してきた「薬師院温泉寺」の本堂跡に立つこのお宿。その由縁から、温泉と薬草を用いた様々なトリートメントを受けられる「スパ円庭施術院」は
このお宿ならでは。

元気を補い、余分なものを捨て、流れをさらさらにし、からだ全体のバランスを整える。それぞれの薬草の効能を示した薬草マトリックス“補捨流調”を元に、ひとりひとりに合わせたオーダーメイドなスパが味わえます。

効能をより実感するには、施術前に温泉に浸かるのがおすすめ。お部屋の露天風呂で入浴するのはもちろん、気分を変えて大浴場と露天風呂を利用するのもいいですね。

スパのご予約はこちら

加賀ならではのごちそうをいただく

良質な食材が揃う加賀は、まさに食の宝庫。夕食で頂く和懐石は、季節に合わせて様々なスペシャリテをいただくことができます。

この時期は何といってもタグ付きの活蟹や香箱蟹。蟹のおつくりからはじまり、香箱蟹の土鍋飯など、蟹のフルコースがおすすめ。

そんな美食を引き立てるのが、九谷焼や山中塗、輪島塗をはじめとする石川文化薫る器の数々。舌と目で加賀の美食を味わい尽くしましょう。

「べにや無可有」は、優れたホテルやレストランだけが加盟を許された「ルレ・エ・シャトー」の会員でもあります。
また、2013年にはその年に最も秀でた施設に贈られる「ルレ・エ・シャトーウェルカムトロフィー」を受賞するなど、おもてなしは折り紙付き。

何も気負うことなく、自然のままで寛ぐことができる「べにや無可有」で、ただ無心になれる贅沢なひとときを味わってみては。

べにや無何有

べにや無何有

石川県/加賀

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事