FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

日本で唯一の「CLAYD」スパを熱海の絶景とともに
クローズアップ

日本で唯一の「CLAYD」スパを熱海の絶景とともに THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海(静岡県/熱海)

2016年10月、日本を代表するフレンチレストランとして有名な「ひらまつ」によるオーベルジュ型のホテル「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS熱海」がオープン。

全国33カ所のレストランを運営する「ひらまつ」の、和と洋が融合した’’滞在するレストラン’’を、多くのファンが心待ちにしていたことと思います。ご多分にもれず私もそのうちの一人で、昨年の初夏に訪問。極上の空間、素晴らしいサービス、美肌になれる客室温泉、そして美味しいお料理。ひらまつのレストランが、熱海に瞬間移動してきたような美食ホテルに感激したものでした。
そんな「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS熱海」に2018年9月1日、新たにスパがオープンするという嬉しいお知らせが届いたのです。
三度の飯よりスパが好き!な私Cielが、念願のひらまつ熱海のスパへ、早速再訪してまいりました。

熱海駅からは車で10分ほど。あっという間でした。到着時間をお伝えしていましたので、タクシーを降りると同時にスムーズにチェックインです。

チェックインの際にご案内いただくラウンジからの景色が、言葉にならないくらい美しい…

こちらのテラス席で、ウエルカムドリンクをいただくことも可能ですが、私は室内のラウンジでチェックイン手続きをしながらドリンクをいただきました。

数奇屋棟に設けられたラウンジスペース。ホテルなのですが、女将さんがいらっしゃり、ご挨拶いただきました。

ウエルカムドリンクは、「アラン・ミリア」のフレッシュジュースです。「アラン・ミリア」の商品は、フランスの5つ星ホテルの朝食や、客室のミニバーでは見かけることも多いですが、日本のホテルやレストランではまだまだ貴重ですね。客室にもこのジュースが常備され、無料でいただけるのも嬉しいです。

今回は、ライチをいただきました。取れたて果実をそのまま絞ったかのようなフレッシュな美味しさを味わえます。

お部屋にご案内いただきます。エントランス、ラウンジスペース、レストランが3階にありますが、今回私が滞在したお部屋は、1階の角部屋「コーナースイート」です。

廊下には、画家・片岡珠子氏による富士山の絵や、帆船の模型が飾られています。

お部屋の詳細は、また後日ご紹介いたしますが、「コーナースイート」は、客室内にも寛げるソファスペースがあり、テラスをはじめ室内の至る所から相模湾を一望できます。

さて、「スパはどちらに?」ということなのですが、実は、THE HIRAMATSU HOETLS & RESORTS 熱海では、各お部屋で特別なプライベートスパを体験することができます。

予約の時間になると、セラピストがお部屋に来て、ベッドの用意から空調、温度の管理などトリートメントの準備をしてくださいます。

こちらに入っているスパは、”温泉を超えた入浴剤” と呼ばれるあの「CLAYD」の日本初のスパ。大自然の力と、自ら持つ自己治癒力を最大限に引き出してくれる、ミネラル豊富なクレイ「CLAYD」を使用したトリートメントを受けられる日本で唯一の場所です。

トリートメントの前に、お部屋で熱海温泉に浸かります。その後は、ガウンを着て待つので、湯冷めすることはありません。

この直前まで、デスクに向かって仕事をしていましたが、同じ場所でありながらも、5分後にはあっという間にスパの空間に変わってしまうのですから、セラピストの醸し出す癒しの雰囲気やおもてなしは流石だなぁと思いました。

コースは全部で4種類。全てに「CLAYD」のクレイパックが含まれています。今回は、クレイセラピー、フェイシャル、ボディトリーメントなどを組み合わせたカスタマイズ・セラピー「コンプリート」を体験しました。

まずはフェイシャルから。
工程としては、クレンジング→CLAYDパック→オイルマッサージの約30分。リンパを流す程度で非常にソフトなマッサージなのですが、施術後に鏡を見て驚きました。顔色が2トーン白くなっていますし、眼もバッチリに。さらに横から見ると、フェイスラインはしっかり上がっていて浮腫みが取れていることも分かります。こんなに短時間で、マイルドな施術にも関わらず、こうして目に見えて、’’分かりやすい結果’’が出るなんて、想像していませんでした。

続いてボディーは、代謝を高めるために体の調整→CLAYDパック→オイルマッサージ。フェイシャル同様、トリートメントの前にパックを行うのがCLAYDスパの特徴です。これは、CLAYDパックをするだけで、遠赤外線による血行とリンパの流れを促進し、毛穴の奥から老廃物や重金属を吸着するというデトックス効果が期待できるため。

エサレンマッサージに影響を受けているというCLAYDオリジナルの手技で、強めの圧を加えているわけではないのに、手を触れられているだけで安心する。その場限りの「凝り」を取るというよりは、全体のバランスを整え、自身の本来持つ力を蘇らせるヒーリング・セラピーの要素が強いと感じました。

あまりの気持ちよさに、施術中はうたた寝状態に。時々パッと目を覚ました時に横を見ると、目線の先には絶景の海を眺めることができるのもとても魅力的です。現実の世界なのに、素敵な海の景色を夢の中でずっと見続けているような…不思議な感覚でした。

施術後は浮腫みがなくなりスッキリ、と同時に、やや疲労感がありました。これは、体の中にある’’悪い物’’が一気にデトックスされたためなのだと思います。

カラダの芯からリラックスできたおかげで、当日はベッドに入って一度も目覚めることがなく、トリートメントの続きをされているかのように深く心地よい眠りでした。

私はスパに行くことは大好きなのですが、実はいつも他人任せで、自宅で入浴剤を入れたりパックなどのケアをしたり、その後のアフターケアをすることは苦手なタイプ。日常ケアは、手軽に行えて、しかも即効性がないとなかなか続ける気が起きません。ですが、今回「CLAYD SPA」でこれだけの即効性を感じ、おうちでもCLAYDパックを試してみたいと思いました。

スパではセラピストの施術によって、CLAYDの効果が何倍も高まると思うのですが、自身の治癒力をもっと高めるためにも、前後のケアも大事にしようと意識するきっかけをいただきました。

“滞在するレストラン”として知られる「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS熱海」。美食ホテルでもあり、高級温泉宿でもあり、さらには上質なスパで体のコリをほぐし、頭を空っぽにして心身ともにリラックスして過ごせる、真のリゾートホテルだと思います。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

静岡県/熱海

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「オーベルジュ」の人気記事