FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

星が輝く都会の桃源郷で過ごす癒しと寛ぎのひととき
クローズアップ

星が輝く都会の桃源郷で過ごす癒しと寛ぎのひととき シャングリ・ラ ホテル 東京(東京都/丸の内・東京駅隣接)

東京駅に隣接し、銀座や日本橋などへのアクセスが抜群なロケーションの「シャングリ・ラ ホテル 東京」。ホテルへ一歩入れば、都会の中心にいながら喧騒を一瞬で忘れさせてくれる、桃源郷のような空間が広がります。5つ星にも輝く上質なおもてなしと共に、ワンランク上の滞在はいかがでしょう。

東京駅から徒歩2分以内にある都会の桃源郷

東京駅から徒歩約2分の場所にある「シャングリ・ラ ホテル 東京」。37階建ての「丸の内トラストタワー本館」の最上部11フロアに位置しています。皇居へは徒歩圏内、銀座までは車で5分程度と抜群のロケーションも魅力です。

「シャングリ・ラ ホテル」という名は、ジェームズ・ヒルトンの小説「失われた地平線」に描かれた伝説の桃源郷「シャングリ・ラ」のような空間と、おもてなしの体験が叶うことに由来しているそう。
大きなシャンデリアと美しいフラワーアレンジメント、素敵な笑顔のスタッフが迎えてくれる1階のエントランスから、エレベーターでフロントのある28階へ。桃源郷を体感しに行きましょう。

エレベーターの扉が開くと目の前に広がる、絢爛という言葉が相応しい設え。エントランスからすでに纏っている「シャングリ・ラ」オリジナルの香りと、5つ星に輝く上質なおもてなし、そしてラグジュアリーな空間が、桃源郷を五感で感じさせてくれます。

シャングリ・ラ ホテルを象徴する3つのDNA

“シャンデリア”“大階段”“上質な絨毯”、これら3つは「シャングリ・ラ」のDNAとされています。実際、「シャングリ・ラ ホテル 東京」では、27階から29階をつなぐ螺旋階段の天井から吊られた長さ約10メートルのシャンデリアが、フロントの先で輝いています。DNAのうち2つが一緒に堪能できるスポット。必ず見ておきたい景色の一つです。

「シャングリ・ラ ホテル 東京」には50以上ものシャンデリアが設置されており、そのうち20燈は特別にデザインされたフィーチャー・シャンデリア。
その一つが28階、ザ・ロビーラウンジのバーカウンター上に飾られたシャンデリア。グローバルに展開するシャングリ・ラから東京へのオマージュとして、都のシンボルである銀杏の葉のモチーフが890ピースも使用されています。

ピースは一枚一枚吊られており、優雅で壮大な作品となっています。近くで見てもらいたいシャンデリアの一つ。昼は自然光で爽やかに美しく、夜はライトアップされ魅惑的に感じられます。

最上部のホライゾンクラブフロアで過ごす優雅な時

特別階“ホライゾンクラブフロア”があるのは、最上部の36階、37階。5つ星に輝くおもてなしが、存分に味わえます。
客室は全て50平米以上と、都内屈指の広さ。ベッドには、300スレッドカウントのコットンリネンが使用されているので、上質な肌触りが愉しめます。

「シャングリ・ラ ホテル」にあるDNAの一つ「上質な絨毯」を、客室でも味わうことができます。絨毯の上を歩くたびに、足を柔らかく包んでくれるフカフカさ。ぜひ体験してみて。

“ホライゾンクラブフロア”は最上部に位置するため、全タイプのお部屋から都心の絶景が望めます。西側に丸の内、皇居から新宿方面、そして天候が良ければ遠くには富士山が。東側には、東京湾や東京スカイツリー(R)なども見渡せます。夜景はもちろん、朝の陽ざしを浴びた東京の中心地の絶景は見逃せません。

浴室から都心の絶景を望めるお部屋もあり、一味違った湯浴みが愉しめそうです。“ホライゾンクラブフロア”のアメニティは、 “BVLGARI”のボディソープやシャンプー、また女性ゲストには“ロクシタン”のリップクリームとハンドクリーム、ストッキングなどが入ったお持ち帰りもできるポーチもあり、滞在に必要なものは揃っています。

ホライゾンクラブラウンジで自宅以上の寛ぎが叶う

“ホライゾンクラブフロア”に宿泊される方は、“ホライゾンクラブラウンジ”が利用できます。現代的でインターナショナルなスタイルながら、温かみを感じる空間になっており、自宅にいるような寛ぎの時間を叶えてくれます。ラウンジでは、ブッフェスタイルの朝食から、アフタヌーンティー、イブニングカナッペまで終日提供されており、カクテルタイムにはワインなどのドリンクも一緒に愉しめます。

その中で今回は、人気の朝食をご紹介します。旅行鞄をイメージした棚に並ぶ、こだわりの食材と料理の数々。富士山の裾野に広がる「まかいの牧場」のヨーグルト、南信州の「なかひら農場」のオーガニックジャムとスムージー、アメリカ直輸入のハニーベイクドハムと「南州牧場」の鹿児島産黒豚ボンレスハム、ロシア産の上質なスライスサーモン、天然にがりと国産有機大豆のみを使った「まるしん」の豆腐など。ホライゾンクラブのゲストだけしか同時に味わえない贅沢な品々です。

「シャングリ・ラ ホテル 東京」と言えば、忘れてはいけないのがシグネチャージュースである「フレッシュメロンジュース」。砂糖は一切使わず、いつ飲んでも同じ甘さ、美味しさを保つため、各地からメロンを取り寄せ、糖度別にブレンドしているというこだわりの一品です。

ホライゾンクラブラウンジでは、「シャングリ・ラ ホテル 東京」のシグネチャーレストランである「ピャチェーレ」の朝食も愉しめます。人気のロブスターと味わうエッグベネディクト「エッグロイヤル」はもちろん、和食、中華がゆなどもいただけます。
都会の桃源郷で、こだわり抜かれた至高の朝食を味わいながら優雅なひとときを過ごしましょう。

桃源郷という言葉が似合う「シャングリ・ラ ホテル 東京」。癒しの夜に抱かれて、素敵な朝を迎える。そんな非日常のひとときを味わってみてはいかがですか。

シャングリ・ラ ホテル 東京

シャングリ・ラ ホテル 東京

東京都/丸の内・東京駅隣接

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「ラグジュアリーホテル」の人気記事