FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

今しか逢えない緑の中で、自然と調和する休息を
クローズアップ

今しか逢えない緑の中で、自然と調和する休息を 星のや軽井沢(長野県/軽井沢)

洗練された老舗リゾート地軽井沢に、瑞々しい若葉が芽吹く季節が訪れました。「星のや軽井沢」なら、非日常を満喫できる空間で豊かな自然を存分に堪能できます。
新緑に出逢える期間はわずか。特別な緑に包まれ、清々しくも夢見心地の滞在を叶えましょう。

豊富なアクティビティで心ときめく体験を

国内外に多くのファンを持つ「星野リゾート」。その出発点は、軽井沢に在ります。
今も変わらず、鳥のさえずりが聞こえる日本の山里の原風景を、モダンに表現した「星のや軽井沢」は、訪れる人に新鮮な驚きと懐かしさを同時に体感させてくれます。

それもそのはず、「日本野鳥の会」創設者は軽井沢を「日本三大野鳥生息地」と呼んで熱心に訪れた場所なのです。そんな特別な魅力を備える豊かな自然を、様々なアクティビティで体感できるのもおすすめの1つ。

隣接する森を専門ガイド「ピッキオ」と散策する「野鳥の森ネイチャーウォッチング」。
瞑想の湯に浸かりながら、心身を丁寧に整えてゆく「ONSENアクティビティ」。浅間山麓の景色を馬の背から楽しむ「高原乗馬」など、通年楽しめるプログラムがたくさん揃っています。

季節ごとの魅力を満喫できる、期間限定プログラムもおすすめ。春から夏にかけては、軽井沢の自然に触れる「脱デジタル滞在2018」が開催されます。チェックイン時に電子機器を預けることでデジタルから離れ、軽井沢の自然に触れることで本来の自分と向き合うことができる滞在。日常から離れての2泊3日は特別なものとなるでしょう。

「星のや軽井沢」は、食事でもこだわりの時間が待っています。メインダイニング「嘉助」で提供されるのは、「山の懐石」と題した日本料理。
ダイニングを取り囲む御影石の壁を山に、通路と客席は川と川床に見立てたインテリアデザインは、シックで心落ち着く素敵な空間です。

そんな中でいただくのは、「見たときに心が弾み、食べれば顔がほころぶ」食事。料理長・稲家栄二氏の想いが溢れる料理は、最初の一皿が運ばれてきた時から心踊るに違いありません。

滋味豊かな信州の食材や、地域の食文化を取り入れるのはもちろんのこと。庭と“ひとつになる”特別な感覚を味わえるようにと、広い施設の庭にある草花を摘み、調理することもあるとか。
自然とのつながりを視覚や味覚から存分に「体感」できるスペシャルなディナータイムは、ずっと記憶に留めたくなるはず。

他に、世界のコンクールで活躍する料理人が腕をふるうフレンチレストラン「ブレストンコート ユカワタン」。
カジュアルにワイワイと楽しめる「村民食堂」など、ダイニングの選択肢が多いので、何日も滞在して軽井沢の美食めぐりを楽しむのもいいですね。

リゾート好きが憧れる施設の原点がここに

谷あいの集落をイメージして造られた客室は、美しい風景を保つために地形に沿って作られています。

集落の中心を流れる川に面した「水波の部屋」は、「星のや軽井沢」を代表する客室。高い天井やゆったりと配置されたインテリアによって、部屋にいながら深呼吸したくなるほどの開放感が味わえるでしょう。
広々としたテラスから緩やかな川の流れを眺めれば、いつしか心のこりもほぐれるはず。水面を渡る風が、まるでゲストの来訪を歓迎しているかのようです。

静かな滞在がお望みなら、「山路地の部屋」もいいですね。山側に位置し樹々に囲まれた客室は、人の気配を気にすることなくリラックスできます。谷の先には前述の「野鳥の森」も見えるので、四季が織りなす絶景を心ゆくまで満喫したいですね。

「庭路地の部屋」は、別荘感覚が味わえる戸建てやメゾネット、薪ストーブを備えた棟、大切な愛犬と滞在できる棟まで実に多彩です。お風呂やリビングも広々とした作りで、ファミリーやグループで暮らすように過ごす長期滞在にもピッタリ。客室タイプが豊富で、人数や目的に合わせて滞在できることもファンを魅了し続けるポイントなのかもしれません。

どの客室もモダンでスタイリッシュでありながら、環境に配慮した設計にこだわっているのが「星のや」流。自然との深い調和を体感しながら、心を解放できそうですね。

こだわりの設備で自然の恩恵を享受する贅沢

大正時代に開湯した「星野温泉」は、草津温泉の仕上げ湯として昔から親しまれた場所。北原白秋や島崎藤村など当時の文豪たちも逗留していました。
そんな温泉を踏襲する星のや軽井沢では2つの温泉が楽しめます。
1つは39〜40度の少しぬるめに保たれた湯で、長湯ができる「メディテイションバス」。

もう一つは開放的な大きな窓から景色を眺められる「トンボの湯」です。源泉かけ流しの温泉は、肩まで浸かって温まるには最適。自然を感じられる露天風呂で、心地よいそよ風に吹かれるのも素敵な思い出になりますね。

日頃頑張るご自身や大切な人へのプレゼントに、「スパ」もお薦め。1時間程度のハンドトリートメントから、食事などを組み入れ、数日かけて体の内側から整えるプログラムまでバリエーション豊かです。じっくりとご自身と向き合う良い機会になりそうです。

このほかにおすすめなのは、開放的な空間に様々な種類の本が並ぶ「ライブラリーラウンジ」、遊歩道を歩いた先にある「ハルニレテラス」。信州や軽井沢とゆかりの深いレストランやショップに立ち寄るのも良い思い出になります。

「現代を休む日」をテーマに、誕生した「星のや軽井沢」。豊かな自然をいたわり共存しながらも、世界が認めるホスピタリティと多彩な施設、アクティビティなどで、一切窮屈さを感じることなく快適に過ごせるなんて喜ばしいかぎり。
緑が香るこの季節、日常から遠くはなれて、ご自身だけの楽しみ方を見つけてみませんか

星のや軽井沢

星のや軽井沢

長野県/軽井沢

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「憧れの旅館」の人気記事