FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

京都でお洒落な滞在ができる町家&レジデンス
セレクション

京都でお洒落な滞在ができる町家&レジデンス

歴史ある寺社仏閣や街並みなど、情緒豊かな景観は京都の魅力の一つ。その景観を代表する町家は、宿泊先としても国内外から人気を集めています。今回は、古き良き魅力と、洗練された新しい魅力を併せ持った一棟貸しの町家と、番外編として個性豊かなプライベートレジデンスをご紹介いたします。

個性豊かな6つの町家で暮らすように京都を感じる

葵 KYOTO STAY(京都府/京都市内)

一棟貸しの町家を京都市内に6つ有する「葵 KYOTO STAY」。宿があるのは老舗旅館や料亭が軒を連ねるその隣や、名刹のすぐ近くなど、京都らしさのある街中。うっかり通り過ぎてしまうほど周囲の景観に溶け込んだ宿の扉を開くと、伝統とモダンが共存した個性豊かな空間が広がります。

細い疎水の脇にひっそりと佇む「万寿寺橋」は、約100年前にモダンを意識して建てられた町家をリノベーションしたもの。まるで隠れ家のような白い建物の中に入ると、骨董の調度品と、北欧のヴィンテージ家具が迎えてくれます。

「鴨川邸」は、鴨川のほとりに立つ築100年の町家をリノベーション。町家特有の“うなぎの寝床”のような間口が狭く奥行きが深い部屋の奥には、鴨川を一望するテラス付。自分だけの床で鴨川の景色を独り占めできます。インテリアの中心には北欧製のソファと大きな屏風絵。自然の風景美と、伝統美を感じられる上質な空間で、贅沢な京都時間を過ごしましょう。

葵 KYOTO STAY

葵 KYOTO STAY

京都府/京都市内

メイドイン京都が詰まったこだわりの町家

GUEST HOUSE KYOTO MICaSA(京都府/烏丸御池)

京染呉服製造卸の店だった築100年以上になる町屋をリノベーションした「GUEST HOUSE KYOTO MICaSA|ゲストハウス 京都 みかさ」。京都の中心に程近い御池釜座に位置する、一棟貸し切りの宿です。天然の木材と、職人が手で塗り上げた土壁は、町家の風情を残しながらも、モダンで落ち着きのある雰囲気を醸しています。

オーナーの想いが詰まったこの宿は、空間へのこだわりはもちろん、インテリアや食器まで“メイドイン京都”のものを中心に揃えられているのが特徴。ヒノキをふんだんに使用した寝室には伝統工芸指物師・村山伸一氏作の組子障子から自然光が差し込み、時間とともに部屋の雰囲気を変化させ楽しませてくれます。

寝具は京都の老舗メーカー「IWATA」、パジャマには京都大東寝具工業製の「京和晒綿紗」のガーゼパジャマを使用。室内に用意されているお茶やコーヒーも、もちろん京都ブランドです。京都ならではの趣向を凝らした空間で、暮らすような滞在を楽しみましょう。

GUEST HOUSE KYOTO MICaSA

GUEST HOUSE KYOTO MICaSA

京都府/烏丸御池

茶道教室の趣が残る寛ぎの宿

京町屋コテージ karigane(京都府/北区)

茶の湯と縁の深い大徳寺のほど近くに位置する「京町家コテージkarigane」。昭和初期に建てられ茶道教室として愛されてきた町家を、自然素材と伝統工法にこだわってリノベーションした一棟貸し切りの宿です。木戸を開けて館内に入ると、そこにあるのは昔ながらの日本の暮らし・京都の暮らし。実家に帰ったような、どこか懐かしい寛ぎを感じられることでしょう。

京都の天然の土を用いた土壁に、竹の床柱、琵琶湖の葦を用いた葦津天井、炉が切られた畳など、元茶道教室であった名残をとどめつつも、快適性も重視した室内は、我が家のように寛げると評判です。チェックインの際、オーナー自らお茶を点ててもてなしてくれるのも、この宿ならでは。

オーナーが特にこだわったと言う丸い浴槽が可愛らしいお風呂は、銭湯をモチーフにしたもの。ヒノキの壁には、岐阜県多治見産のタイルで京都の街並みや観光名所が描かれています。湯気とともにヒノキの香りが立ち込め、癒しの効果も抜群です。

京町家コテージ karigane

京町家コテージ karigane

京都府/北区

美と快適さを追求したプライベートレジデンス

Bijuu(京都府/四条河原町)

河原町駅から徒歩1分。「Bijuu」は、180年の京漬物の老舗「村上重本店」が営むプライベートレジデンスです。建物の1階・2階はカフェとレストラン、4階はレセプション、客室は3階と最上階の5階に3室だけ。ホテルでも旅館でもない「我が家」の延長にある空間を提案し、「京都に遊びに行く」感覚でリラックスした滞在が叶います。

特筆すべきは、5階のワンフロアを使用したスイートルーム。室内は、古い建築様式を残しながらも、レンガや石といった現代的な素材も融合した造り。岩盤浴エリアの他、リビングの中央にテーブルと一体になった大きなバスタブがあり、お風呂に泊まるような感覚です。

インテリアひとつとっても、ハイセンスなものばかり。世界各国からセレクトされたアートや季節の生花、ワインセラーのビオワインやイタリア製のリネンなど、美と快適さを追求したアイテムは、それぞれに宿のこだわりを感じます。洗練された品々に囲まれて、贅沢な癒しの時間を過ごしましょう。

Bijuu

Bijuu

京都府/四条河原町

特別なサービスはないけれど、なぜか心地よい。まるで実家や友人の家に訪れたかのような居心地の良さを感じさせてくれるのが、町家ステイの魅力。暮らすような滞在を通じて自分らしく京都を楽しめば、旅そのものがきっともっと豊かになることでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「デザイナーズホテル」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア