FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

2018年「京都の桜」名所に近いおすすめ宿
セレクション

2018年「京都の桜」名所に近いおすすめ宿

春の風物詩、桜。一面に広がる淡いピンク色は、見る人の心を魅了してやみません。今回は京都エリアで、桜の名所に近いお宿をご紹介します。帰りの時間を気にせず混雑知らずで快適に、桜を愛でる旅へ出かけてみませんか?

1.嵐山エリア:空中茶室で、目の前の桜を独り占め

星のや京都(京都府/嵐山)

古より王朝貴族の清遊地だった京都・嵐山に佇む「星のや京都」。大堰川に沿うように位置し、全室から川の流れや自然豊かな嵐山の四季を感じることができます。客室は100年前に建てられた旅館をリノベーションしたもので、日本建築の魅力と現代スタイルの快適さが共存した空間です。

大堰川にせり出すような形で設けられた「空中茶室」は、昼はお茶を楽しむスペースとして解放された空間。春になると、手の届きそうな距離に桜が咲き乱れます。他にも屋形舟で花見をする「さくら舟」や「夜桜ディナー」などが催され、さまざまな形で桜を愛でるのはこの時期ならではの特権と言えるでしょう。

【嵐山・渡月橋】
●宿からのアクセス:送迎の船で約15分
桜の名所として、古くから貴族にも愛されてきた景勝地・嵐山。川沿いには桜並木が連なり、渡月橋越しの嵐山はここでしか見られない風情ある景色です。

2.龍安寺エリア:鷹峯の山々を間近に望む非日常空間

ホテルハーヴェスト京都鷹峯(京都府/鷹峯)

約3万5千坪の庭園が美しい「しょうざんリゾート京都」の敷地内に誕生した「ホテルハーヴェスト京都鷹峯」。お部屋からは刻一刻と表情を変える鷹峯の山々を望み、非日常の時間が流れます。温泉露天風呂付き客室では、澄んだ風を感じながらのプライベートな湯浴みを堪能しましょう。

宿泊者は「しょうざんリゾート京都」の大浴場「明」も利用可能。水琴窟の音が印象的な檜風呂や立湯などを備えた「地‐Kuni‐」と、反響する音で安らぎを演出する瞑想風呂やジャグジーを備えた「宙‐Sora‐」を日替わりで楽しみましょう。大浴場で浸かる温泉もまた格別です。

【龍安寺】
●宿からのアクセス:車で約10分
世界文化遺産にも登録される石庭が有名なお寺。春になると、枯山水の塀越しにしだれ桜を望むことができます。多種の桜が咲く桜苑もお見逃しなく。
http://www.ryoanji.jp/smph/

3.清水寺エリア:2017年12月開業、ホテルと旅館が融合した宿

清水小路 坂のホテル京都(京都府/東山)

2017年12月1日オープンの「清水小路 坂のホテル京都」は、表通りの喧騒から離れて静寂に包まれた宿。ホテルでありながら和の機能性と温かみに満ちた、ほっと安らげる空間です。客室には畳敷きのスペースが設けられ、靴を脱いでゆっくり過ごせる嬉しい心遣いを感じられます。

お部屋の桧風呂では伏見の日本酒を注ぎ、保温保湿効果や美白美肌効果があると言われる日本酒風呂を。東山エリアのシンボル「八坂の塔」を望む貸切風呂「蕩 八坂(to-yasaka)」では、柚子湯や松湯、菖蒲湯など季節を感じられる暦湯を堪能しましょう。

【清水寺】
●宿からのアクセス:徒歩で約5分
約1500本の桜が咲き誇る世界文化遺産の清水寺。清水の舞台から見下ろす桜は圧巻です。春の夜間特別拝観で見られる幻想的な夜桜もおすすめです。2018年は3月9日〜18日・3月30日〜4月8日を予定。
http://www.kiyomizudera.or.jp/

4.円山公園・祇園エリア:美術館さながらの作品が並ぶ一軒家

式音庵(京都府/祇園白川)

「式音庵」は、祇園の繁華街から歩いて数分の場所に位置する静かな一棟貸切の宿。客室は京都を代表する建築家・若林広幸氏が手掛け、日本のミニマムな空間を大胆に構成しつつ日本らしい繊細さを細部まで表現した造りとなっています。

1階の「夢の浮橋」と2階の「山紫水明」は、キングサイズのベッドを備える洋室。3階の「白雲幽石」は、現代流の侘び寂びを感じさせる美しい和室です。各お部屋には伊藤若冲や北大路魯山人など日本を代表する美術品から現代アートまで数多く揃え、まるで美術館のよう。間近で本物の芸術作品を愛でる贅沢が叶います。

【円山公園】
●宿からのアクセス:徒歩で約10分
与謝野晶子も愛でたという「祇園の夜桜」として有名なシダレザクラを含む、約680本の桜が咲き誇ります。ライトアップされた夜桜も人気のお花見スポット。

5.二条城・烏丸御池エリア:出版社プロデュースのスタイリッシュな京町家

姉小路別邸(京都府/京都市内中心)

地元情報誌「Leaf」がプロデュースする、7室のみのスモールラグジュアリーホテル「姉小路別邸」。京都西陣織の老舗「細尾」の美しいファブリックで統一された客室は、シンプルながらも快適さにこだわった“京都の暮らし”を体感できるような心安らぐ場所です。

1階のバーでは、きき酒師が厳選した地酒を常備。京都の酒造で作られた日本酒を中心に、プレミアムなものまで幅広く揃います。少しずつ味わいたい方には、3つの銘柄をお猪口サイズで楽しめる利き酒セットもおすすめ。他にも出版社だからこそできるローカル情報の提案など、観光プランで悩んだ際には気軽に尋ねてみては。

【元離宮二条城】
●宿からのアクセス:徒歩で約5分
国宝や世界文化遺産にも登録される二条城では、サトザクラ、シダレザクラなど約400本の桜が咲き乱れます。夕暮れからは明かりが灯され、幽玄な世界が広がります。2018年のライトアップは3月23日~4月15日の予定。
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

淡いピンク色が美しい桜は、春ならではの特別な楽しみ。美しくも儚いその姿は、見る人を感動させる不思議な魅力があります。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「近畿の厳選宿」の人気記事