FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

日本の伝統と気品を感じる5つ星ホテル
クローズアップ

日本の伝統と気品を感じる5つ星ホテル マンダリン オリエンタル 東京(東京都/日本橋/三越前駅直結)

ラグジュアリーと呼ばれるにふさわしいホテルの数々を香港、ニューヨーク、パリなど世界の主要都市とリゾートに展開し、そのきめ細やかなおもてなしで高い評価を得るマンダリン オリエンタル ホテル グループ。日本初の「マンダリン オリエンタル 東京」は国内唯一の5つ星ホテルとして、不動の人気を誇ります。日本橋三井タワーの高層階である38階にフロントがあり、都内を一望する絶景を愉しめるゲストルームは30階から36階に全179室。
今回私は、マンダリン グランド キングに滞在しました。

いつもながら、入口を開けるドキドキの瞬間。室内はブラウンを基調とした温かみのあるお部屋で、60平米の広さがあります。

このマンダリン グランド ルームは、エントランス部分にゆとりあるワードローブスペースが設けられています。クローゼットを開けると全身鏡もあり、お出かけ前にはこちらでゆったりとファッションコーディネートチェックが可能です。

クローゼットの中には、ヨガマットも。お部屋で好きな時間にヨガやストレッチを楽しめます。

アロマハンガーも常備。早速、翌日に着ていくジャケットをこちらにかけました。

形崩れしない高級感あるスリッパ。

ワードローブスペースから入口を眺めたアングル。入口のお隣に、また入り口が…?

こちらは、プライバシーを損なうことなく洗濯物や靴磨きの受け渡しができるパススルークローゼットです。顔を合わせる必要がないので、気兼ねなくお願いできますね。

ベッド&リビングルームへ入る手前にドレッサーが備わっています。洗面台にある鏡以外に、座ってスキンケアやメイクアップができる場があるのはありがたいです。

そのお隣には、観賞用の盆栽が。

一緒におかれたメモ書きを見てビックリ!なんと私の名前入りでした。
これは嬉しいサプライズです。

ベッド&リビングルームです。

このように、高層ビルの眺望を見渡すことができるお部屋です。

ベッド&リビングルームとバスルームは、ガラスとスライド式鏡で仕切られています。

洗面台は、左右に洗面道具をたくさん置くことができて便利です。

バスタブの隣にすぐシャワーブースがあるのが嬉しいです。洗面台からも離れているので、足場が濡れる心配もありません。

バスアメニティは、なんとボッテガ・ヴェネタ!3年前に滞在した時のバスアメニティは、ギリシャのナチュラルコスメブランド「 アピヴィータ」で、そちらもレア感があってよかったのですが、このボッテガ・ヴェネタのバスアメニティは、さらに嬉しい!なんといっても、このバスアメニティを提供しているのは世界でもこのホテルだけ、ですから。

イントレチャートを模したエレガントなパッケージが素敵です。

バスソルトは3種類のうち2種類を用意されているとのこと。本日は ジュニパーとラベンダーが入っていました。ジュニパーは、デトックス作用があり特に足の浮腫みに効果的なので、早速バスタイムに利用しました。

デスクの横にある文房具。マンダリン オリエンタルと言えば、文房具の品揃えが豊富という印象があります。どの客室カテゴリーでも常備されているのはさすがです。

荷物を郵送するための用紙もセットされています。

電話口のモニターにも、名前入りのウエルカムメッセージ!そして自分のお部屋番号も掲載されているのはとても助かります。オペレーターやスパのレセプション、ルームサービスに電話をかける際、ホテルによっては、相手先がこちらの部屋番号を把握されていない時があり、そんな時は、自分の部屋番号を伝えなければならないのですが、肝心の私自身が自分の部屋番号を覚えていないことも多く。。。そんな時でもモニター上に表示されていればすぐにお答えできるので、面倒がありません。

ベッドの下には、オリジナルの浴衣 と、パジャマ。パジャマは布袋に入っていて、清潔感があります。

コットン仕様のパジャマ。柔らかくて着心地抜群!

珈琲、紅茶セット。ポット、珈琲マシーンの中には、すでにお水が入っています。

「ポットに新しい浄水を補充いたしました」これは嬉しい心遣いですね。確かに予めお水が用意されているホテルは多いのですが、「そのお水って、いつ入れたものなのかな?」と不安に思うことがあります。このようにちょっとしたメモ書きがあるだけで、安心度が変わります。

英国ブランド「JING TEA」のティーバッグ。歴史は浅いですが、紅茶好きな方には、話題となっている新しい高級紅茶ブランドで、私も好きなブランドの一つです。

ネスプレッソのカプセルは説明書きと共に置いてあります。カプセルだけを置いてあるホテルも多いので、珈琲を普段あまりいただかない私にとっては、どれがデカフェなのか、どのくらいの強さなのか分からないことも多く、説明書きがあった方がより丁寧に感じます。

今回の滞在では、特別に ウエルカムドリンク&スイーツを届けていただきました。お部屋に入り、すぐにお電話をいただき「お好きなドリンクを」ということで、フレッシュグレープフルーツジュースをお願いしました。(宿泊プランによって、スイーツ・ドリンクのメニューは異なります)

マンダリン オリエンタルを象徴する素敵な「扇子」のロゴ入りウエルカムレター。

同タワー内のマンダリン オリエンタル 東京の直営店 「グルメショップ」にも売っているスイーツです。上段のチョコレート。

少し大きめのマカロンは、表面はサクサク、中はもっちりしています。

三段目は、フィナンシェ、マドレーヌで、ディナーの後の食後のデザートにお紅茶と共にいただきました。

お部屋から眺める夜の景色。

枕のオプションもあり、多数選択可能。ターンダウン後に提供していただきました。

ターンダウン後のミニスイーツ。

ベッドサイドにオリジナルのアロマオイルも。450スレッドカウントのシーツ、オプションの枕や、アロマオイルのおかげもあり、ぐっすり熟睡できました。

日本橋から見渡す絶景はもちろん、客室の清潔感や、素敵な家具、上質なアメニティ、そしてスタッフのおもてなし。東京で心から気持ちよく!快適に滞在できるホテルです。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事