フィットネス施設
チェックアウト翌日より91日間予約確認・変更・取消より「クチコミ」を投稿できます。

※誹謗・中傷など、当社が不適当と判断する記事は掲載しない場合があります。

路地スミレさんの一覧 性別:女性 年齢:60歳以上
投稿日: 2021/07/15

富士屋旅館
宿泊施設:  富士屋旅館
路地スミレさんの総合点数: 4.33
利用人数: 1名(1室) 宿泊日: 2021/07/05
部屋 : 【登録有形文化財 温泉檜風呂付】旧館 特別室 4名定員(和室)(54~56平米)
宿泊プラン: 【サマ割!14日間タイムセール】最大35%OFF!!旬の季節のコース「1泊2食湯河原馳走献立プラン」
食事: 夕朝食付
客室・アメニティ 5.00   接客・サービス 5.00  
温泉・お風呂 5.00   施設・設備 5.00  
お食事 2.00   満足度 4.00  
クチコミ
大正・昭和期に建てられた建物を改修し、2019年にリニューアルオープンした宿です。藤木川に架けられた赤い橋から望む楼閣風建築の旧館は、樹木に囲まれ美しく情緒がありながら、関東大震災ではほぼ被害を受けず、再建時にも一番損壊の少なかったという力強い建物でもあります。宿泊した旧館は登録有形文化財に指定されており、客室は菊の彫り板欄間、組子の欄間障子、座敷飾り、襖の引き手、雪見障子、組子入り硝子戸等々、いずれも当時のものを再利用し、繊細で美しく趣があります。嵌められた模様ガラスも様々で、無事な硝子を上手に組み合わせて再現しているようです。古い良い物は残しながらも、温泉檜風呂や洗面所等の水回りは、部屋の雰囲気を壊す事なく新設されており、快適に利用出来ます(wifiは弱いので、改善希望)。

宿泊者は離れの洛味荘にあるライブラリーコーナーも利用出来るのですが、建物を繋ぐ回廊には、幅の異なるヘギ板を用いた網代や木目の見事な木材が天井の一部や建具に使用されており、こちらの見学も楽しいです。

庭は7月という事で蒼々とした緑に覆われ、名残りの紫陽花の青紫や柘榴の橙色がさりげなく目を惹きます。雑草でさえ、この雰囲気を創る為に夏草としての役割を果たしている様に見えます。夜の庭園灯は部屋の障子越しの明かりと相まって風情があります。

露天風呂はないものの、檜と石の大浴場は源泉掛け流しで気持ち良く、出入口近くに設けられた上がり湯には贅沢感があります。従業員の方々も皆さん感じが良く、適度な距離感が有りながら気遣いも感じられ過ごしやすいです。感染対策も十分されています。

食事はこの宿の雰囲気から想像していたものとは違い、料理の多くが鰻に代表されるこってりした濃い味付けで量が多いという方向性のものでした。懐石料理に期待する華やかで繊細な素材を活かしたもの、素朴であるが素材の良さや力強さを感じさせるものなどが少なく、日本料理の多様な奥深さを味わう楽しみが感じられませんでした。鱧と冬瓜の椀物は美味しかったのですが、吸口の青柚子が少し大きく、見た目は美しいものの、一緒に食した時に繊細さを欠く気がしました。塩分や健康が気になり、でも残すのは抵抗のある年代には厳しい内容でもあり、辛口評価となりました。食事の好みは分かれる所ですが、他は非常に満足だっただけに、参考にしていただければ幸いです。
投稿日: 2021/05/18

ふきや
宿泊施設:  ふきや
路地スミレさんの総合点数: 5.00
利用人数: 1名(1室) 宿泊日: 2021/03/29
部屋 : 桧風呂付10帖1間【和室Dタイプ】(和室)(32平米)
宿泊プラン: 【リラックス重視】クチコミ星5つの温泉を堪能!個室低温岩盤サウナ付温泉満喫プラン
食事: 夕朝食付
客室・アメニティ 5.00   接客・サービス 5.00  
温泉・お風呂 5.00   施設・設備 5.00  
お食事 5.00   満足度 5.00  
クチコミ
湯河原と言えば梅が有名なので、3月末では遅すぎると諦めていましたが、満開の桜で嬉しい誤算でした。屋上の貸し切り露天風呂では、見事な満月と湯河原の山間を吹き抜ける風に舞う桜を楽しみ、翌朝、利用した大浴場ではガラス窓の外に満開の桜が広がり、威勢の良い小鳥の声に元気をもらいと、まさにベタな花鳥風月でした。

様々な所でコロナ対策がされており、従業員の方々も愛想良く(個人差はありますが、個性の範囲かと)、こちらの要望にも適切に対応していただき、快適な時間を過ごす事ができました。

部屋は数寄屋造りで、床の間には翁と嫗の縁起の良い掛け軸が、調度品や花はさりげなく素敵で、窓側にはシンプルで座り心地の良い椅子、シェードカーテンは電動と、和と現代の良さが調和していました。担当の仲居さんが淹れてくれたお茶の美味しかったこと。茶葉の違いかと思い、自分で淹れてみましたが、違いました・・・

浴衣は普通のタイプ(蕗葉の柄で渋い)に加え、女性は江戸染め本浴衣も選べます。織りが立体的?で、肌触りが良く、色柄も様々で、私の様な年配者向けも有り、ありがたいです。気に入ったのでネット検索したところ、安い物でもかなりのお値段で、手を出せずにいます(シトラス味で無アルコールの口内洗浄剤は、ネット購入)。

食事は季節感を大切にし、素材を活かした調理と味付けという感じで、美しく品の良い器と共に、懐石料理の良さを実感しました。碗物のあいなめ葛たたきを始め、どれも美味しく満足度が高いものでした。

食後は腹ごなしも兼ねて館内散策です。あちこちに北欧椅子やアンテークの調度品、絵や陶器、生花が飾られ、まさにふきやギャラリーです。館内をウロウロしていても、ふきやさんお勧めの散策なので、肩身が狭い事はありません。

実はクチコミでネガティブなコメントがあり、少し不安もありました。実際、これかなと思い当たる事はありましたが、個人的にはあまり気にならないか(良さが多すぎたかも)、相性の問題かと思いました。逆に、多くの細々とした事柄に対応していただいているので、やっていけるのかと心配な程です。サービスの量(従業員の負担)を落としても、ふきやさんの素晴らしさは伝わるのではないかと思いました。

満開の桜という嬉しい誤算を差し引いても、日本文化の良さを堪能出来る味わい深い旅館でした。
宿泊施設からの返信
ご来館頂きまして有難うございます。
そしてこのような素晴らしいクチコミを書いてくださいました事に
深く深く感謝しております。
まさに日々の努力が報われるご褒美のような瞬間で、
このような言葉を頂く為に私共は働いていたのだと再確認して感動しています。
グローバル化、IT化してゆく世の中ですが
不器用ながらも日本旅館を続けて参りたいと思っております。
またのご来館を心よりお待ち申し上げております