篠山城下町ホテルNIPPONIA

 ささやまじょうかまちホテルニッポニア  兵庫県/篠山
4.46 - 58  [全12室]
城下町

篠山城下町には数多くの観光スポットや歳時・イベントがございます。四季折々の篠山を体験・体感いただける機会がありますので、季節ごとに違った体験が楽しめます。

篠山城下町の4館共通入館観光券

(歴史美術館・武家屋敷安間家資料館・青山歴史村・篠山城大書院)をご宿泊のお客様に全員プレゼント致します。

画像d_sst1.jpg
篠山城大書院

大書院は慶長14年(1609年)の篠山城築城と同時に建てられました。昭和19年(1944年)1月6日夜焼失してしまいましたが、篠山市民の熱い願いと尊い寄付によって平成12年(2000年)3月再建されました。

画像d_sst2.jpg
篠山市立歴史美術館

篠山市立歴史美術館本館は、明治 24年(1891年)篠山地方裁判所として建築され、昭和56年(1981年)6 月まで本来の目的で使用されてきた、わが国最古の木造の裁判所を、重要建造物として末永く保存するため、外観および旧法廷を従来の姿で残し、その他は、美術館にふさわしく内部を改築したものです。

画像d_sst3b.jpg
青山歴史村

青山歴史村は、「桂園舎」と名付けられた建物を中心にして、3棟の土蔵と長屋門から成っています。
版籍奉還後、青山家の別邸として建てられたもので、藩政文書とともに、青山家ゆかりの品々や篠山藩校「振徳堂」の蔵書などを所蔵しています。

画像d_sst4b.jpg
篠山市立武家屋敷安間家史料館

安間家史料館は天保元年(1830年)以降に建てられた武家屋敷で平成6年(1994年)10月から翌平成7年3月にかけて全面的な改修を行い、史料館として一般に公開しています。

画像d_sst5b.jpg
鳳鳴酒造ほろ酔い城下蔵

清酒「鳳鳴」醸造元の鳳鳴酒造が、築210余年の本社蔵と蔵元の西尾邸を 改装、整備して江戸時代のたたずまいや丹波杜氏の伝統、日本酒の昔ながらの製造方法を知ってもらおうと2001年に酒蔵見学施設「ほろ酔い城下蔵」をオープン。

画像d_sst6b.jpg
大正ロマン館

大正11年11月の上棟式後、翌12年4月から平成4年3月までの約70年間の篠山町役場としての役目を終え、平成5年6月3日、その歴史ある建物を重要建造物として末永く保存再利用するため、装いも新たに「大正ロマン館」として開館いたしました。

画像d_sst7b.jpg
王地山平左衛門稲荷神社(まけきらい稲荷)

王地山公園の西側、赤い鳥居がトンネルのように続く長い石段を丘上に登ると、王地山稲荷神社と向かい合って、土俵の上にお祀りされているのが平左衛門稲荷神社です。
またの名を負けきらい神社といい、次のような話が語り継がれています。

画像d_sst8b.jpg
篠山チルドレンズミュージアム

篠山チルドレンズミュージアムは、ゆたかな自然の中にある遊びのミュージアム。
館内では、昔ながらのなつかしいおもちゃや、工夫をこらした世界のおもちゃに触れて。一歩外に出ればちるみゅーの里山「ごんた山」の雑木林や小川で生き物を探して。
ここでは時間を忘れてあそぶことができます。

画像d_sst9b.jpg
こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷

1999年に出湯した「こんだ薬師温泉」は、湯量、泉質、湯温ともに優れた温泉で、日本六古窯として有名な丹波焼を湯舟、露天風呂、床にも使用した丹波焼風呂と、丹波特産の丹波石をふんだんに使った丹波石風呂の2つの大浴場があります。

この施設に泊まった人が泊まっている施設

Back