一休.com

STORY
アマン東京 東京都/大手町・丸の内・大手町駅直結

【滞在記】天空のサンクチュアリ。リゾートのような都市型ホテル体験

アマン東京

ホスピタリティー溢れるサービス、自然の美しさを感じられる環境、伝統とモダンを共生させたデザインを始め、訪れたすべてのゲストを魅了し、「アマンジャンキー」という言葉をも誕生させたラグジュアリーなリゾート・コレクションの代名詞「アマン」。現在、世界20ヶ国に31の小規模なホテルやリゾートを展開しています。そんなアマンが手がける初の都市型ホテルで、日本では初めての開業となるアマン東京は、2014年12月にオープンして以来、日本最高峰のホテルと称されています。



アマン東京は、大手町の地上38階建ての高層複合ビルの最上層6フロアに位置し、客室数84室と部屋数を抑えた贅沢な天空リゾートのような都市型ホテルです。今回、私は、スイートに滞在しました。



お部屋の鍵は、カードキーではなく、このような革製のもので、中に入っている楕円形のセンサーに反応します。



玄関スペースはとても広く、傘立てや靴置きもあり、まるでおうちのよう。玄関を中央にして、右側がリビングルーム、左側がベッドルームになります。



こちらがリビングルーム。景色を見渡せるソファー、デイベッド、パントリー、ダイニングテーブル、書斎があります。



伝統的な日本の家屋にインスパイアされたデザインは、モダンでありながらもホッとさせてくれる温かさ。



こちらは、パントリースペース。



続いて、シンクの横にあるミニバー。



ネスプレッソのカプセルは説明書きと共に置いてあります。カプセルだけを置いてあるホテルも多いなか、珈琲を普段あまりいただかない私にとっては、カプセルの色だけでは、どれがデカフェなのか、どのくらいの強さなのか判断できず、説明書きがあるのはありがたいです。



ネスプレッソのミルクフォーマーもあります。

最近は、コーヒーフレッシュではなく、牛乳を提供しているホテルも多いですが、ミルクフォーマーの用意はないため、冷たいまま珈琲に入れることになってしまいます。でも、このミルクフォーマーがあれば、お部屋で熱々のラテやカプチーノが作れるので嬉しいですね。