一休.com

STORY
お宿 なごみ野 長野県/安曇野/穂高温泉郷

優しく包み込む自然のようなおもてなしが嬉しい高原の温泉宿

お宿 なごみ野

日本の屋根、北アルプスの麓に位置し、人気の観光地として知られる安曇野。のどかな田園風景が残る日本の原風景と、洒落た美術館などが点在するモダンさも持ち合わせる屈指の高原リゾートに、「お宿 なごみ野」はあります。


1678_02


吸い込んだ途端に、内側から清められていくような新鮮な空気とどこまでも澄んだ水に育まれる自然は、それだけで日々の疲れを癒してくれるビタミン剤のようなもの。宿に一歩踏み入った途端、その名の通り、そこが「なごみ」の空間であることに気づくはず。


1678_03


木立に佇む「お宿 なごみ野」は、そこに溶け込むかのように建物の至る所に木をふんだんに使用しています。木の温もりが目にも優しく、ホッとくつろげると感じるのは、我々日本人のDNAに深く刻まれているのかもしれませんね。


1678_16


お部屋は全部で15室。ナチュラルな樹の風合いが嬉しい和室は、清潔感漂うすっきりとしたデザインが自慢。一方、洋室は欧州の老舗山岳リゾートホテルを思わせるシックな雰囲気を漂わせています。窓に映る自然を絵画代わりにして余計な装飾を省いた室内は、きっと肩の凝らない滞在を約束してくれます。


1678_10


宿の自慢はまだまだあります。たとえば温泉もその1つ。檜の香りが鼻腔をくすぐる内湯の大浴場や、樹々に取り囲まれたような感覚に浸れる露天風呂では、四季の繊細な移り変わりまでも、文字通り肌で感じられるでしょう。


1678_13


泉質はアルカリ性の単純温泉で、疲労回復や筋肉痛、乾燥肌に効能があるとか。自然と対話するように、ゆったりと湯に身を沈めてみたいものです。


1678_01


料理も、もちろん「お宿 なごみ野」の誇り。安曇野の澄み渡る空気と水に育まれた野菜やイワナやヤマメなどの川の恵みはもちろん、信州牛まで、鮮度抜群のご当地の食材をセンス溢れる若い板長が創作懐石料理に仕立てます。日本の心を大切にしながらも、フレッシュさが魅力の料理は、一皿ごとに目にも美しく、口に運ぶたびに嬉しい驚きを感じるに違いありません。