一休.com

STORY
TOBE オーベルジュリゾート 愛媛県/砥部

「Made in 愛媛」が詰まった絶景オーベルジュ

TOBE オーベルジュリゾート

白磁に薄い藍色の手書きの図案が特徴的な日本の伝統工芸品「砥部焼」。その里として知られる砥部町は、松山市内から車で約15分の距離にありながらも、豊かな自然に囲まれています。



その地に構える「TOBE オーベルジュリゾート」は、美しい自然の恵みを享受し美食を追求するこだわりのオーベルジュ。地域住民の憩いの場として親しまれている通谷池の湖畔に佇みます。この宿には、地元・愛媛出身であるオーナーの想いが詰まっているのです。



広大な敷地を有するこの宿。入江を挟んでフロントやレストランがある本館と、宿泊棟に分かれています。チェックインを行う本館のラウンジは、夜にはバーとしても利用可能。バーカウンターの窓の外には四季折々の風景が絵画のように展開され、訪れた人の心をほっと和ませてくれます。

お花見の特等席にもなる自然と調和した客室


客室は、スイートを含む8室と、よりプライベートな滞在を可能にする離れが2棟の全10室。スタイリッシュで個性的な建物は、愛媛在住の建築家が設計を手掛けたもの。すべての客室が湖に面し、大きく取った窓からは雄大な自然を眺めることができます。



客室のインテリアには木をふんだんに使用。周囲の風景と調和し、温もりが感じられる居心地の良い空間です。



開放感のある、ガラス張りのバスルーム。窓を大きく開け放ち、外の空気を感じながら湯船に浸かれば、日頃の疲れもすぐに忘れてしまうことでしょう。



お風呂でゆっくりとくつろいだ後は、バルコニーのラウンジャーでシャンパンを片手にラグジュアリーなひとときを過ごしてみませんか。昼間は湖と森が織りなす美しい景観を、夜には満天の星空をひとりじめ。



さらに春には、満開の桜を眺める特等席になるのです。

随所で見られる「Made in 愛媛」へのこだわり


「Made in 愛媛」へのこだわりは、建物をはじめ館内の随所に散りばめられています。例えば、客室の鍵には砥部焼のキーホルダー。



室内やベッドサイドに置かれたランプシェード。



湯のみ。



そして、洗面台のボウルも全て砥部焼。排水栓には客室の名前に合わせた花の絵が描かれています。他にも、さりげないこだわりはまだたくさん。館内を散策しながら探してみるのも、滞在中の楽しみの一つです。