Go To トラベル キャンペーンについて
国土交通省より、首都圏への緊急事態宣言発令に伴う一時停止について発表がございました。 ≫詳しくはこちら
最大 55% お得
Go To Travel × 一休.comキャンペーン開催中 地域共通クーポンの使い方はこちら
Go To トラベル キャンペーンについて
国土交通省より、首都圏への緊急事態宣言発令に伴う一時停止について発表がございました。 ≫詳しくはこちら
一休.com

STORY
柊家旅館 京都府/京都

200年続く老舗旅館ならではの趣とおもてなし

柊家旅館

碁盤の目のように道が張り巡る京都の街で、中心部に位置する京都麩屋街。賑わう商店街から1本道を入るだけで、昔ながらの町屋や古民家が並ぶ落ち着いた雰囲気に様変わりします。



そんな場所に門を構える「柊家旅館」は、京都を代表する旅館の1つ。足を踏み入れた瞬間、ほっと一息つきたくなるような穏やかな空気に包まれます。

時代が移り変わっても、愛されるおもてなし


文政元年、運送業や海産物を営なむ傍ら、旅人に寝床を提供していたことが、このお宿の起源。先祖が帰依していた、下賀茂神社の境内にある“比良木神社”が名前の由来です。

200年も続く歴史で訪れた人の中には、幕末の志士たちや文人墨客など、錚々たる名が連なります。



玄関の格子戸をくぐると目に飛び込んでくるのは、石畳の広々とした空間。かつては人力車がそのまま乗り入れをしていたスペースです。



ロビーを上がると幕末に活躍した漢学者、重野成斎氏が書した「来者如帰」の額が掛けられています。“来る者、帰るが如し”とは、お宿が掲げるおもてなしの理念。

自分の家に帰ってきたかのようにくつろいでほしい、という願いが込められています。

伝統と使い勝手の良さが融合した設え



柊家は歴史ある旧館と、2006年に誕生した新館からなります。

旧館は、江戸末期に建てられた数寄屋造りの建物。宿内には様々な歴史をかさねた重みと、京都らしい細やかで気品溢れる意匠がそこかしこに見受けられます。中央が両端より高い、“船底天井”もその一つ。



自然豊かな庭園が目の前に広がる1階のお部屋は、緑を間近に感じることができます。

広縁では同じ風景を眺めながら、ノーベル賞作家の川端康成氏が執筆をしていたそう。



柊家の事を書いた原稿も残されており、

“宿屋で書きものをする慣はしだが、柊家ほど思ひ出の多い宿はない”

という記述からも、頻繁に利用していたことがうかがえます。




2階の角部屋「準特別室」は広々としたお部屋の中に、昔から受け継がれる暮らしの知恵が凝縮されたお部屋。

夏には涼しげな簾戸、冬には室内にいながらにして雪見を楽しめる雪見障子など、日本ならではの趣を垣間見ることができます。