コンセプト
京宿家のコンセプトは”心と体で京都を味わって頂く”こと。 そして”京の伝統と文化を守り、伝える”こと。
格子や虫籠窓(むしこまど)などの特徴的な外観を持つ、京都の伝統的家屋「町家」。
「町家」の起源は、古くは平安京創建の頃からあったと言われ、京都の暮らし、時代、文化を色濃く反映しながら多様に変化を遂げてきました。幸いにも京都は比較的戦火から免れたこともあり、伝統的な町並み今に伝えています。
近年、町家の魅力が見直されつつありますが、実は取り壊しや建替えにより毎年数百件の町家が失われ、急速にその数を減らしています。残念ながら、一度取り壊された町家は現在の建築基準法では再建築することが難しく、受け継がれてきた京都のまちなみを永続することは困難です。
町家が取り壊される大きな原因となっているのが、老朽化と空家化。京都の貸切の宿「京宿家」は、老朽化が進み住み手のなくなった町家を構造面から見直し、適切な改修を加え、京都の古くから伝わる歴史や文化を身近に感じて頂けるよう随所に工夫を施し、宿泊施設として運営しています。
京宿家は宿泊者様に町家を身近に体感して頂けるだけでなく、空家化の進む京都の町家を活用することで、次代へと受け継ぐための新しいスタイルの町家活用方法として、全国的に注目を集めています。(京都商工会議所で京都の強みを活かした独創性のある事業として「知恵・ビジネスプラン」に認定、知事より表彰も頂いております。)
京都の持つ独特の文化は、町なかや暮らしの中にこそ見ることができます。
朝夕お地蔵様にお参りする人、道に水を打つ姿、京都弁での会話、町家から明かりが漏れる夜の町並み・・・観光地として整えられた景観とは違った「京都の暮らし」を肌で感じて頂けます。京宿家の特徴は京都の町なか、住宅の立ち並ぶ中の一軒です。 お時間がございましたら、是非近隣をご散策下さい。他では見ることの出来ない体験が、きっと忘れることのできない思い出になります。

一棟貸切、癒しとくつろぎの宿
京宿家は1組様のみに貸切でお貸しする町家の宿泊施設。他のお客様に気兼ねすることなく、まるで自分の家に帰ってきたような贅沢な気分でおくつろぎ頂けます。
いずれも、今では少なくなった石畳の路地や、長屋の並ぶ京都らしい風情豊かな場所にございます。室内には歴史を重ねた古建具や家具、昔から町家に使われてきた自然素材をはじめ、京都の伝統と文化を身近に感じて頂けるよう、随所に工夫を施しております。
また、京宿家では全施設に坪庭を設け、客室や浴室から見渡せる設計になっております。雨に濡れた石、月明かりに照らされた緑など庭が見せる折々の表情が心に潤いを生み出し、穏やかで贅沢なひとときを演出します。お庭を眺めながら京町家でくつろぎのひとときをお過ごし下さい。
アメニティや備品には京都産のもの、京都でなければ手に入りにくい厳選した品々をご用意し、 お客様をおもてなし致します。

京都の文化にちなんだ、京宿家の名称
京宿家の各施設に少し変わった名称がついていること、お気づきになられましたでしょうか。”城巽あかね庵(じょうそんあかねあん)”、”朱雀ききょう庵(すざくききょうあん)”など、少し耳馴染みのない言葉で、読みにくい方もいらっしゃったと思います。
この名前は、「京都の元学区」と「古色」の組合せとなっています。
元学区は日本でも最初に創設された、明治時代の番組小学校の区域の名称です。明治から戦中までは行政機能の一部を担っていました。
現在では統廃合が進み、区域も変わってしまいましたが、地域行政・住民自治の単位として、京都に暮らす人に強くに根付いた地域名称となっています。毎年秋になると、全国どこの地域でも町内の運動会などがあると思いますが、京都では元学区単位で「区民体育祭」が催されます。また、時代祭は今でも各元学区ごとに交代し、維持・運営を行っています。
「古色」とは、長い年月を経た物や絵、建築、工芸品などが出す色味、またはその様子のこと。町家という歴史の深い建物を、年月をかけて生み出される、味わい深い色で表現しました。各施設に残る古建具などのぬくもりある表情と手触りを是非ご体感下さい。
なお、各施設はそれぞれの名称にある古色を使用していますので、そちらもお楽しみ下さい。

時間の制約がない、自由な個人旅行
京宿家の特徴は、まず全てがお客様の自由であるということ。せっかく個人で旅行しても、旅館やホテルに宿泊すると入浴の時間が限られていたりと、 自由なようで色々と時間に制限があるもの。
食事の時間までに帰らないと・・・
お風呂が混みそうだから、早く入らないと・・・
夜間拝観に行きたいのに時間がない・・・
楽しい旅行でそんな不自由を感じたことはありませんか?
京宿家は、1組のお客様に一棟の町家を貸切で宿泊して頂きますのでお風呂や食事の時間で制約を受けることはありません。
時間の制約がないからこそ、全てのお客様のご希望に沿うことが出来ます。 のんびりと京都を楽しみたい方や、時間の限り遊びつくしたい方、せっかく京都に旅行に来たのだから、思い切り楽しみたい方。 京宿家なら、そんな京都旅行が叶います。
美味しい物を目一杯。完全に自由な手作りの旅が叶います。
京都へ旅行と言えば、観光と同じくらい楽しみなのが、美味しい食事。
京懐石、京野菜、京漬物、豆腐、湯葉、鱧、おばんざい、七味とうがらし、お酒、川床料理・・・
しかし、旅館などを手配すると、食べきれないほどの豪華な食事が付いているケースがほとんどではないでしょうか。
食事なしのホテルもいいけど、それでは味気ない・・・
旅館の部屋食もいいけど、雑誌に載っている町家のレストランに行きたいな3時にカフェでお茶をしたいから、晩ご飯は軽くでいいのだけどテレビで見たあの美味しい店でゆっくりと食事を楽しみたい。 観光地で美味しそうなものを見つけても、夕食が気になって食べられない。
食事は旅行の醍醐味ですが、意外と自由がきかないことが多いものです。京宿家ではお食事のサービスはございません。 好きなものを好きな時に好きだなけ、京都でのお食事を心行くまでお楽しみ下さい。
無料駐車場のある宿
駅から歩いて5分以内の宿
無料貸し出し自転車のある宿
インターネットLAN回線のある宿